船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
人類の太陽 (テーマ:船井会長から学んだこと)
2008.7.30(Wed)
社名:(株)本物研究所 企画研究グループ
名前:吉住 麗奈

 みなさま、こんにちは。
 いつも『船井幸雄.com』をご覧くださり、ありがとうございます。

 最近とくに考えたり感じたりすること、それは「病」、「老い」、「死」などについてです。尊敬する師の言葉に、「幸せな人生、悔いなき人生を送りたいのであれば生死の問題をまず解決しなければならない。さもなくば何が正しく、どのような生き方がまことの意味で幸せであるのかわからないからである」というのがあります。こう教わったとき、その通りだと納得した私は、これまで自分なりに生や死を意識しながら生きてきたつもりでした。

 しかし船井会長が昨今語っている、自らの体調についてありのままの心境に触れるたび、自らの生死に対する認識の未熟さ、軽薄さに気づかれます。

 身体のあまりの辛さと苦しさに、眠れぬ夜を幾度も過ごしたこと。
 途方もない孤独の中でただ、自分ひとりと向き合わなければならなかったこと。

 その中で、「自分とは何か」、「生きていることの意味を十分に考えさせられた」と船井会長は言っています。しかしそれは船井会長ひとりだけのことではなく、周囲の私たちにこそ、その人生最大の問いに向き合う重要な機会と目覚めのチャンスを与えてくれているのではないかと、強く感じずにはいられないのは私だけではないでしょう。

 どれだけ痛かったことだろう、苦しかったことだろう。

 もしも当事者が私であれば、少しも耐えられないのではないだろうか。

 しかしもし自分の身に同じことが起きたとしたら、自分は何を思い、何を考え、その先の人生をどう生きようと思うだろうか・・・・。

 先日、ある美しい女性にお会いしました。彼女は幼少期より腎臓を患い、母親の腎臓を分けてもらって腎臓移植に挑戦しますが、ある日の高熱をきっかけに、せっかく母からもらった腎臓が機能しなくなってしまいます。その後、骨も血管もボロボロになるといわれる人工透析に16年間も耐えながら働きつづけ、再度移植にトライ。自らの使命を何としても果たしぬこう、生きぬこうとされている彼女の姿に、私は自らへの悔し涙を流さずにはいられませんでした。同時に、ものすごく大きな生きる力が、自分の中から湧きあがってくるのを感じました。

 彼女は船井会長と同じく、誰人も逃れることができない人生の四苦である「生老病死」や「自らの使命」について真っ向から向き合うチャンスを与えてくれます。

 そういう方々にお会いして最近実感することは、病、障害などあらゆる艱難辛苦と闘いながら、それでも自らの使命に生きぬこうとされている方々の魂は、それに触れる人の小さな悩みや迷いなど一瞬にして焼いて消滅させてしまうくらいの、太陽のような大きくて眩しいエネルギーに満ち溢れているということです。

 存在そのものが、他者の小さな煩悩を消滅させ、そして「生きる力」を引き出す、人類の太陽なのかもしれません。


★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆
☆ベストセラー「鏡の法則」の野口氏と船井幸雄の対談CD
プレゼント中!

http://www.honmono-ken.com/cd/
★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆


1周目:「この世でもっともパワフルな存在とは (テーマ:船井会長から学んだこと)」
2周目:「どんな物語を生きていますか? (テーマ:船井会長から学んだこと)」
3周目:「ココロとカラダをほっと癒してくれるアイスクリーム (テーマ:私のストレス解消法)」
4周目:「「火傷」と「癒し」 (テーマ:私が最近ビックリしたこと)」
5周目:「夏の夜の癒しアイテム (テーマ:船井会長から学んだこと)」
6周目:「船井会長とマクロビオティック (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
7周目:「船井会長と佳川奈未さん (テーマ:船井会長から学んだこと)」
8周目:「「願望の描き出し」と「祈り」 (テーマ:ひそかに続けている私の習慣)」
9周目:「家事を豊かに彩るお花たち (テーマ:ひそかに続けている私の習慣)」
10周目:「青葉の季節に思うこと (テーマ:仕事をしていて感動したこと)」
11周目:「「脳の活性化」と「地球の進化」 (テーマ:船井会長から学んだこと)」

バックナンバー
2008.07.30: 人類の太陽 (テーマ:船井会長から学んだこと)
2008.07.29: 真夏日に、音による納涼はいかがでしょう? (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.07.28: 会うと元気をもらえる人 (テーマ:仕事をしていて感動したこと)
2008.07.25: 本物の朝礼 (テーマ:仕事をしていて感動したこと)
2008.07.24: 時空を超えた絆 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.07.23: ベストなタイミングで物事はやってくる (テーマ:仕事をしていて感動したこと)
2008.07.22: 気の力 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.07.18: 期待のハードルをさげてみると・・・ (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.07.17: 忙しいときこそ (テーマ:船井会長や娘の本から教えられたこと)
2008.07.16: 株式会社 船井本社 熱海本社 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.07.15: 初対面の方に会うときは・・・。(テーマ:私からみた船井幸雄)
2008.07.14: アポロ商品とO−リングテストの反響 (テーマ:仕事をしていて感動したこと)
2008.07.11: 13歳からのシンプルな生き方哲学 (テーマ:仕事をしていて感動したこと)
2008.07.10: イヤシロチのもつ力に触れる (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.07.09: 本気の朝礼! (テーマ:仕事をしていて感動したこと)
2008.07.08: 経営の王道 (テーマ:船井会長から学んだこと)
2008.07.07: 今日は洞爺湖サミット (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.07.04: 笑顔の効用 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと )
2008.07.02: 夢しか実現しない! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.07.01: 私の今おすすめ!の書籍をご紹介させていただきます。 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
数霊REIWA公式サイト 佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 10/8-10超日本論ザ・リアル合宿セミナーin隠岐の島 飛鳥昭雄氏 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note