船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
永遠のようで短い時間 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.4.25(Fri)
社名:(株)船井本社 熱海本社 秘書室
名前:上田 裕子(旧姓 兒玉)

 『船井幸雄.com』をご覧の皆様こんにちは。(株)船井本社の上田裕子です。(今回から結婚をしたので、苗字が変わりました^^)主な業務内容は、船井会長の熱海での秘書業務と、『にんげんクラブ』会報誌の編集などを担当しています。

 突然ですが、時間とは何でしょうか。時間は、一定に規則正しく進んでいるかのように思えて、常に不規則のようにも思えます。自分の心が落ち着いているときには、ゆっくりとした時間が流れますが、焦っているときや、熱中しているとき、はたまた寝ている時などは、まるで一瞬のように時間が過ぎ去っていくようです。子どもの頃には、一日はとても長く感じましたが、大人になるにつれて、どんどん時間の経過は早くなり、一日は短いものだと認識するようになりました。
 時間は認識の仕方によっては、敵にもなり、味方にもなる、不思議な概念だと思います。

 以前に、『にんげんクラブ』4月号会報誌のインタビューで、株式会社七沢研究所の七沢賢治さんにインタビューをする機会がありました。その時に、七沢さんは、時間についての概念を、三次元に存在する一種の「エネルギー」という表現を使っていました。なるほど、エネルギーという解釈は、なんとなくわかるような気がしました。また、時間のエネルギーが介在しない四次元以上の次元が存在するであろうことも、なんとなくではありますが、わかるような気がしました。(くわしくはにんげんクラブ会報誌をご覧ください)

 時間について考えを巡らすと、私はいつも同じ光景を思い浮かべます。個人的な話で恐縮ですが、少しご紹介したいと思います。

 私は普段から貧血気味で、風呂上がりや、ちょっと立ったり座ったりする際には、たいてい気が遠くなるため、普段から後ろに倒れないように気をつけています。しかし、今から5年ほど前のある日、友達と一緒にテレビを見ながら暖房の前でゴロゴロとしていて、ちょっと冷蔵庫にジュースをとりに行こうとしたときに、そのまま気を失って後ろに倒れてしまいました。さらに運の悪いことに、ちょうど頭を台所の角にしたたかにぶつけてしまったようで、5分くらいの間意識が戻らなかったことがあります。
 その時に見た光景は、自分が光の玉となって、暗くて長いトンネルの中を、光の指す方向へとすごい勢いで飛んでいく情景でした。トンネルを抜け、白い光のもとへと行くと、なんともいえないくらいの、気持ちの良い幸せな場にいることがわかりました。そこでは、誰なのかははっきりと覚えていませんが、懐かしい存在たちと会い、話をしていました。   
 長い時間至福のひとときを味わっている中で、はるか遠くの方からは、ピーピーと小さなアラームの音がずっと鳴っていました。さっきから気になるこの音は何だろう??? と、その音に意識を集中すると、パッと目が覚めて、目の前には涙を流しながら、私を起こそうと必死で私の身体を揺さぶっている友達の顔が見えました。なぜ友達が私の顔を見て泣いているのか、事態がしばらく飲み込めなかったために、とりあえずニヤリと笑ってみせると、「二度と目が覚めないんじゃないかと思ったんだから!笑ってるんじゃないわよ!」と、泣きながら激怒し、しばらく機嫌を直してもらうまでが大変でした。
 どうやら私はこの時に、今いるところとは別の次元に旅をしていたようでした。その時にびっくりしたことは、あきらかに私は数時間ほど白い光の世界にいたつもりだったのに、気を失っていたのは、たったの5分程度だったことです(ちなみに、ピーピーと鳴っていたアラーム音は、冷蔵庫の扉を開けたままにしていたために鳴っていたアラームでした)。

 この時のことを思い起こすと、人生とは長い長い時の積み重ねのように感じていますが、過ぎ去ってみると、春の夜の夢のようでもあるのではないか・・・・と思えてくるのです。

 なんだか妙なテーマの文章になってしまいましたが、つい最近とても大切な方を亡くしたので、人生の時間について考えてしまいました。人生はつらい時や試練もあるけれど、楽しくすばらしい時もある。かけがえのない人が残してくれた思い出や、今世で出会えた人たちとの喜びとともに、どんなときでも、ひとときの夢のような大切な人生を、一瞬一瞬、味わって生きていたいと思っています。
 長い文章を読んでいただき、ありがとうございました。


1周目:「仕事を趣味にできるコツ!? (テーマ:私からみた船井幸雄)」
2周目:「あたりまえの習慣を、あたりまえにできる秘訣は (テーマ:船井会長から学んだこと)」
3周目:「人間は自分の体験を通してしか、物事を理解できない (テーマ:船井会長から学んだこと)」
4周目:「電磁波過敏症の方のテレビ取材を見て感じたこと (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
5周目:「夢日記をつける (テーマ:ひそかに続けている私の習慣)」
6周目:「オープンワールドでの会長講演を聞いた後の変化 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
7周目:「にんげんクラブメールマガジンへの感想お便りが急増 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
8周目:「会長の人徳と人との出会い (テーマ:私からみた船井幸雄)」
9周目:「命がけの生き方 (テーマ:船井会長から学んだこと)」

 

 

バックナンバー
2008.04.25: 永遠のようで短い時間 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.24: 時流と原理・原則のバランスを知る (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.23: 西行に萌〜!? (テーマ:私が日々思ふこと)
2008.04.22: 潜在意識と上手に付き合う (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.21: 青葉の季節に思うこと (テーマ:仕事をしていて感動したこと)
2008.04.18: ありがとう地球 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.17: 後期高齢者医療制度に思う (テーマ:私が日々思ふこと)
2008.04.16: 即時処理 (テーマ:私が日々思ふこと)
2008.04.15: 働く理由 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2008.04.14: きっとうまくいくよ (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2008.04.11: 船井会長の意思を伝える【励ましの天使】 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.09: 想いは通じる・・・ (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.08: 求めよさらば与えられん、叩けよさらば開かれん(私から皆さんにお伝えしたいこと)
2008.04.07: 新入社員とともに (テーマ:私が最近思うこと)
2008.04.04: 初めての仕事 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.03: 人の人生をガラリと変えさせてしまう船井会長 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2008.04.02: 求めない生き方 (テーマ:最近読んでオススメしたい本(ホームページブログ))
2008.04.01: ノート活用法 (テーマ:ひそかに続けている自分の習慣)
佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note