私から見た舩井勝仁 〜最近の舩井勝仁の動向より〜

このページは、普段、舩井勝仁と行動を共にすることも多い、きれい・ねっと代表の山内尚子さんによるコラムページです。
身近で舩井勝仁に接する中で、山内さんが感じることや、舩井勝仁の日々の動向などを山内さん目線で語っていただきます。

2017.07.20(第10回)
「大きな和」「やまとこころ」

 驚くほど激しい天候が続いていますね。ニュース等で目にするたびに被害が少ないことをお祈りするのですが、気がつけばそれが毎日の習慣のようになっています。18日には東京で大きいものはゴルフボールほどもある雹が降ったとのニュースがあって驚いていたら、埼玉のダムでは水不足が深刻で10%の取水制限が始まったと伝えていました。
 前回のコラムでご紹介させていただいた村中愛さんの『メシアメジャーメッセージ全集』(8月上旬お届け予定でご予約受付中)にも、異常気象に関する記述がたくさん出てきます。そういった部分、特に大きな天変地異ばかりを取りあげて恐怖を煽るのではなく、回避方法や対策、捉え方などもしっかりと読んでいただけるようにという意図で、すべてのメッセージを5冊セットとして発売することになりました。
 勝仁さんも様々な媒体でご紹介くださっていて、限定300セットの予定が予約を開始した途端に売り切れてしまい、500セットに増やしたのですがそれもあとわずかとなっているようです。色々特別の趣向を凝らしているために次の製作は少し先になってしまいますので、ピンときた方はぜひお早めにお申込みをいただけましたら幸いです。

 それから、9月10日(日)の午後、四ツ谷の船井セミナールームにて開催の村中愛さんの講演会に、出版記念ということで私も登壇させていただくことになりました。よろしければぜひ、ご一緒くださいましたら幸いです。
 さて、今回も長い前置きになってしまいましたが、今月も舩井幸雄.comの主宰、舩井勝仁さんの最近の動向を、ちょっと違った目線から楽しくお届けしたいと思いますので、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

 まずは、先月のコラムがアップされたすぐ後に、読んでくださった赤塚高仁さんから「岩手県でもツーショット撮ったよ」とわざわざお写真を送っていただきましたので、掲載したいと思います。皆さま、ぜひご一緒に温かくお二人の行く末を見守ってまいりましょうね(笑)。


(写真1)
写真1:岩手でもツーショット


 6月22日、夏至の翌日から、前回もすこしご紹介したインドのリシケシから初来日されていたDr.マウルヤによる二泊三日のリトリートがありました。三重県津市の赤塚さんのログハウスに勝仁さん、勝仁さんの恋人……じゃなくて赤塚建設の赤塚高仁さん、イヤーコーニングの近藤真澄さん、そして私の多忙な4人が集まって、アーユルヴェーダ(「生命の科学」という意味なのだそうです)に基づいた信じられないほど静謐(せいひつ)な時間を過ごさせていただきました。
 まずそれぞれがDr.マウルヤの「脈診」によるコンサルテーションを受け、全身オイルトリートメント、調和のとれた手づくりの小食、さまざまな瞑想法やヨガの実践、今後の暮らし方のレクチャーなどを受けていきました。最終日ははからずも新月の日だったのですが、早朝にうちそろって伊勢神宮にお参りすることもでき、本当に幸せな時間となりました。
 ちなみに、勝仁さんにとっては今年に入ってきっと4回目?くらいの伊勢神宮参拝だったはずで、多忙を極めていらっしゃるにもかかわらず、これだけお参りされるということにも何か意味があるように感じられてなりませんでした。


(写真2)
(写真3)

写真2:調和のとれた食事「キチャリ」をみんなで
写真3:伊勢神宮参拝

 3日間の間には不思議なことがたくさんありました。
 たとえば、リトリートの間、Dr.マウルヤがお持ちくださったアーユルヴェーダの神さまであるダンヴァンダリさまの像にお見守りいただいていました。ところが、そのダンヴァンダリさまが置かれたのが、ログハウスに来られる皆さまをいつも温かく見守ってくださるイエスさまの肖像画の隣だったのです。
 でも、私たちは不思議と何の違和感も感じることなく過ごしていて、リトリートをオーガナイズしてくださった加瀬恵の実さんはそのいずれもに臨在を感じ、同じように果物をお供えしてくださっていました。すると、お供えしてほどなく、イエスさまにお供えした果物から祝福としか思えないほどのとても良い香りが漂ってきて、皆でとても驚いたのです。
 Dr.マウルヤは敬虔なヒンドゥー教徒であるにもかかわらず、イエスさまにも、そして神宮でのお参りにおいては天照さまにも敬意を持ち、それぞれのやり方に従って祈りを捧げてくださいました。また、アーユルヴェーダの専門医であるにもかかわらず、お味噌やお醤油、梅干を「調和的な食べ物ですね」と喜んでくださいました。
 Dr.マウルヤのそんなお姿に接し、お若いながらも(なんと39歳なのだそうです!)『聖なる約束』シリーズで勝仁さんや赤塚さんが伝えてくださっている「大きな和」「やまとこころ」の実践者であるように感じて、このご縁に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 それから、アーユルヴェーダを生活に取り入れるのに欠かせない、オイルやタングスクレーパー、ハーブやギー(バターオイルの一種)などの入手先が分かるといいねと皆で話していた時に、ふと舩井フォーラム等にいつもブース出展されているアムリットの小沢社長を思い出して口に出すと、勝仁さんが「アムリットさんって四日市(津市の隣)ですよ」と教えてくださってビックリ!!
 小沢社長の娘さんの真有美さんは以前舩井幸雄先生の秘書をされていて、私も大好きなのですが、ご退職ご結婚されてからはやりとりが少なかったので、共通のお友達であるこだまゆうこさんにお電話してみることにしました。そうすると、あれよあれよという間にお話がまとまって、翌日小沢社長がログハウスまで来てくださり、とても楽しいひと時をご一緒することができたのです(皆さま英語がご堪能だったので、私は目をシロクロさせていたのですが……笑)。


(写真4)
写真4:勝仁さん、Dr.マウルヤ、小沢社長

 この後、勝仁さんはアムリットさんから早速マッサージオイルを購入されて、Dr.マウルヤ直伝のヘッドマッサージを続けていらっしゃるそうです。思考でパンパンになっている頭がすーっと落ち着くそうで、お仕事をたくさん抱えて、パソコンによるデスクワークの多い現代人にはぴったりなのだそうです(ナント!育毛にも効果が感じられたそうなので、気になる方はぜひトライしてみてくださいね)。


(写真5)
写真5:Dr.マウルヤにヘッドマッサージを教えてもらっている勝仁さん。ほんとに気持ち良かったそうです。

 それから、日々の癒しはヘッドマッサージが有効ですが、時にはプロの手助けも必要で、それにはアーユルヴェーダのオイルマッサージを受けるのも良いですし、リトリートをご一緒した近藤真澄さんによるイヤーコーニングもすばらしい効果をもたらしてくれます。リトリートをご一緒したことがきっかけになって、久しぶりに真澄さんのイヤーコーニングを受けられた勝仁さん、あらためてその効果にビックリされたとのことでした。
 日々もたらされる情報が膨大で、その中から本物を選択し伝えていく立場にある勝仁さんはもちろん、現代社会を生きているどなたにとっても、こういった手段を持っておかれることはとても大切なように思います。ぜひ、上手に利用していっていただければと思います。

 それから、近くなのに私は参加できずとても残念だったのですが、にんげんクラブ関西の皆さまが中心になって、7月8日から一泊で大阪府の箕面温泉で講演と温泉と宴会を楽しむイベントがありました。テラスピトの鳥居厚孝さんと、ヘナ道の永谷めぐみさん、そして勝仁さんのご講演、すばらしい学びがたくさんあったそうです。


(写真6)
写真6:箕面温泉で記念撮影。よく見たら全国のにんげんクラブのお仲間さんが!!

 にんげんクラブの世話人さんたちは、良い世の中創りにつながるような活動をたくさんされていて、規模の大小を問わず日本中を走り回ってその応援をされるのが、勝仁さんのにんげんクラブとの付き合い方のようです。
 「みんな違ってみんないい」と口で言うのは簡単だけれど、自分と違う人や考え方をとことん受け容れるというのは容易なことではなく、みんなの心を受け容れられる大きな心、どんな想いや考えも理解できる聡明な心、そして何かや誰かに傾倒しすぎたり依存したりはしない、しなやかでいて軸のぶれない心、その三つが必要不可欠なんだろうと思います。まさに「大きな和」「やまとこころ」ですね。
 勝仁さんは「まあまあ、いいじゃないですか」とよくおっしゃるのですが、実はとっても奥が深い言葉なんだなあと、皆さんが「勝仁さんが来てくださった!」ととっても喜んで、それぞれのブログ等で紹介されているのを見て、あらためて感じました。
 まあ、でもお泊りだからやっぱり飲みすぎたご様子で、翌日いただいたお仕事のメールには「二日酔いです」と書いてあったので、そこは相変わらずのご様子ですが……(笑)。

 それでは、今回のレポートはここまでとさせていただきたいと思います。最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
 夏も本番、昨日息子と話している時に、もうすぐ夏休みを迎える時期になっていることに気づいて真面目に驚いてしまいました。関東では7月の連休あたりがお盆だということなので、すこし過ぎてしまいましたが、関西では8月がお盆になります。8月は様々な意味で日本に生きていることの意味を考えさせられる月でもあります。
 いま、この三次元世界に生きるいのちだけではなくて、ご先祖さま、英霊の皆さまをはじめとする見えない存在にも感謝の気持ちを忘れずに、「大きな和」「やまとこころ」をもって暑い夏を乗り切っていければと思います。
 どうぞ皆さまも素敵な日々をお楽しみくださいますように。
 そして、来月もどうぞお楽しみに♪


バックナンバー
山内 尚子(やまうち なおこ)
Profile:山内尚子(やまうち なおこ)
株式会社きれい・ねっと代表
1974年兵庫県生まれ。新日本文芸協会加盟。様々なジャンルの本づくりのかたわら、多くのイベント・講演会などを企画して、「なおちゃん流ホ・オポノポノ」を伝えるとともに、「誰もが主人公となって、表現できる場所づくり」を提案。自らの体験をもとに語る言葉は、セラピーのように温かく心に響く。著書『やさしい魔法ホ・オポノポノ』『こころの宝物』(きれい・ねっと)ほか。
http://kilei.net/
本物研 本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター