photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2020年3月2日
なんくるないさ (※舩井勝仁執筆)

 いよいよコロナウィルスによる新型肺炎の影響がかなり深刻なことが世界的に認識されるようになり、ようやく金融相場が大変なことになっています。先週から変化してきたのは、日本政府の対応がまずかったのではないかということで、日本売りの円安傾向になっていましたが、その後の対応は評価できる(あるいは日本よりも感染が広がっている地域がある)ということなのか有事の円買いが戻ってきて、円高傾向が目立つようになりました。
 日本は欧米から見れば、中国の一部ではないかと見られるほどの位置関係にあります。残念ながらここ30年ぐらいの日本経済の低迷もあって、現役で相場を張る欧米の金融プレーヤーからはエキゾチックな国、つまりほとんど関心がない国と思われています。だから、大型クルーズ船が中国を除くともっとも強烈な感染源になったことの連想で、日本は終わったということが連想されたのだと思います。
 ただ、冷静に考えるとクルーズ船はイギリス国籍でオペレーションはアメリカが担っているもので、本来なら日本に入港を許可する責任はありません。過半の乗客が日本人だということと人道的な観点から日本が対処したのですが、危機対応としてはいろいろ問題があったと思いますので検証はしっかりとしていただきたいとは思いますが、武漢のような状態にならないための対策はできてきているのかなと感じます。
 2月28日の日経新聞の朝刊に、政府の専門家会議の3人の委員の方の鼎談が載っていました。いまやるべきなのは、クラスターという小規模な感染者の集団を見つけ出し、それが新たなクラスターを作らないように抑え込むことだということがよく分かりました。どうも、北海道ではこのクラスターが少し広がってしまっているようですので、やるべき対策をしっかりとしてこれ以上広げないことにポイントがあるようです。
 大型イベントの中止要請や学校の休校を求めていること等もすべてこの文脈から読み取れることができます。また、政府がオリンピック期間中の混乱を避けるために要請していたテレワークの推進も、これがきっかけで進む可能性が出てきました。ピンチをチャンスにする気構えが私たちに求められている気がします。こういう冷静な議論を頭に入れてから過激な意見も参考にする姿勢が大事かなと感じています。

 先々週の沖縄の話の続きを少し。1月に大住力さんが代表をつとめられる公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」の恩納村の宿泊施設「青と碧と白と沖縄」の竣工式にお邪魔した時に、カフーリゾートを運営されている(株)KPG HOTEL&RESORTの田中正男社長とお話をさせていただきました。
 「難病の子どもとその家族へ夢を」が、以前から取り組んできた難病を抱える子どもと、その家族が沖縄の文化や観光を楽しむ「沖縄ウィッシュバケーション」というプロジェクトがあります。その際の宿泊及び、那覇空港に到着してから、沖縄滞在中の家族全ての費用を全て負担する事を、こちらでの会社は長年続けてこらました。
 前々回も書きましたが、難病のお子さんがたが1度は行ってみたい、したいことの1位は「ミッキーに会いたい」、そして2位は「家族とゆっくり沖縄で過ごす事」だそうです。大住さんの団体が沖縄での宿泊の受け入れ先を探していた時に、カフーリゾートが全てを快諾したというお話にとても胸を打たれました。
 沖縄といえば、インバウンド客に人気のスポット。今回の、新型肺炎の件で状況はいかがですか、とお伺いしたら、日本人の観光客が7割なので「なんくるないさ」と笑っておられました。そうは言っても、リゾート施設の経営には、今回の騒動は、大変なご苦労があるはずで、それでも「なんくるないさ」のおおらかな姿勢、しなやかで強くて、父のよく言っていた「包み込みの発想」を久しぶりに思い出しました。
 「なんくるないさ」の本当の意味は、「人として正しい行いをしていれば、自然とあるべきようになるものだ」ということだそうです。弱音は吐かず、言霊を大切にして、周りに不安感を与えないこと、経営者は様々な立ち位置を要求されますが、大事なことがこの『なんくるないさ』というポジティブワードに集約されている気がしました。新型肺炎に対する対処にもこの精神は応用できる気がします。沖縄の人の鷹揚さと芯の強さをいまこそ学ぶべきだと思います。
 沖縄に行ったのは、まだコロナ騒ぎがここまで広がっていなかった頃ですが、地方に講演に行かせていただくと東京だけが異様に怖がっていることがよく分かります。人口密度が高く、満員電車に乗らなければいけない環境なので仕方がない面もありますが、沖縄の「なんくるないさ」の精神にいまこそぜひ学ばなければいけないと反省しています。
                                           =以上=

バックナンバー
2020.03.30:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】幸せな小金持ち (※舩井勝仁執筆)
2020.03.23:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】断食の神様 (※舩井勝仁執筆)
2020.03.16:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】舩井幸雄の魂が今語りかけてきたこと (※舩井勝仁執筆)
2020.03.09:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】ゆるしの法則 (※舩井勝仁執筆)
2020.03.02:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】なんくるないさ (※舩井勝仁執筆)
プレ・マスメディアには載らない情報パート2〜パンドラの箱は開けられた〜 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター