photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2020年11月9日
ビッグママ (※舩井勝仁執筆)

 先週、心配していたように米大統領選挙は混迷の度を深めています。一時は、トランプ大統領の勝利で間違いなし、のような見方もありましたが、ここにきて(日本時間の金曜日の午後早く)バイデン候補の当選がほぼ決定しているとの報道が目立つようになりました。トランプ大統領は法廷闘争に持ち込む様子ですが、それはいくらなんでもみっともないというのがマスコミの姿勢です。マーケットが一番恐れていた事態になっていますが、それでも市場はあくまで好材料をこじつけで探して、それに基づいて買い上がっています。
 金曜日の日経平均は一時的に29年ぶりの高値を付けて、バブル直後の1991年水準に達しています。大統領選挙の結果など結局はどちらでもよく、買うための理屈を一生懸命探しているにすぎないような気もしてきました。正直、この先の相場がどちらの方向に向かうのかはさっぱり分かりません。評論家の言っていることを信じるのではなく、自分で調べて、自分で考えて、自己責任で行動するしか方法がないのだと思います。こんな状態で買いに向かうのは恐い気もしますが、逆に持たざるリスクも考えなければいけない事態だとも思えてきました。
 投資に関しては、「ザ・フナイ」に連載中の楽観的な土井広文さんの記事や、近い内に対談記事を掲載予定の八木エミリーさんの「今からはじめれば、よゆうで1億ためられます!」(ビジネス社)の意見が参考になる気もします。一方では、コロナ対策のために実質的にきりがない財政出動になっている各国のMMT(現代金融理論:自国建ての通貨で国債の大半を発行できる国は財政バランスではなく、インフレ率で財政政策を決めるべきだというちょっと前なら間違いなく暴論と言われた考え方)状態は、いつか必ず行き詰るという意見にも一理あると感じます。
 ただ、何かが起こるとしても少しは時間的余裕があるのかなと感じています。もちろん、来年の春までに大暴落がある可能性もありますし、副島隆彦先生がおっしゃるようにやっぱりトランプ大統領が続投して暴落は4年後になるのかもしれません。もしくは、その4年の間に私たちが自分のことだけ考えることから卒業して、よりマクロな善を選べるようになって、大暴落を免れる確率だって少しぐらいはあるような気がします。できれば、どうしたらそちらに進めるかを考えてみたいとは思っていますが、正直に言って見当もつきません。

 「本当の大物は友人が少ない」とは私の人生の先輩が言っていたことです。もちろん例外はいらっしゃるでしょうが、私の周りを見渡すと確かに当てはまっているような気がします。「大物は友人が少ない」というのは、気難しいゆえに人が寄ってこないということではなく、本当に大事な人間関係を大切にしていると、自然と少数精鋭になるということでしょう。私は決して大物ではありませんが、「好きなことには情熱を傾け、それ以外には中庸に」という軸で生きてきましたら、友達関係も同じようになってきたように思います。
そんな、私の数少ない友人の1人マミーズファミリー代表の増田かおりさんを紹介します。愛媛県がご本社でマミーズという保育園を立ち上げられて、現在全国で保育園チェーンを展開されています。
 3人のお子さんの子育て真っ盛りの時に、気がついたら育児ノイローゼになり、身体的にも負担がかなりかかり始めた頃に、「ほんの少しでも育児から解放される時間があるだけでも私と同じように楽になれると考える人がいるに違いない」と思いつき、早速周りのママにアンケートを取ったところ「美容室に行きたい」という回答がトップだったそうです。そこで、地元の美容室の2階を貸してもらい、マミーズの出発点となる託児所を作りました。
 先日東京の石神井公園にあるマミーズの保育園を見学させてもらいましたら、園児達の昼食は所内でその都度手作り、かなり小さい子も陶器の食器で食べていたことが印象的でした。ベークライトの食器の方が保育士さんの負担も少ないように思うのですが、五感でしっかりと味わう大切さを増田さんが重要視していることになんだか胸が熱くなりました。それぞれの園児のお誕生日にはそれぞれの好みに合わせたバースデーケーキを事前にリクエストしてもらい、出来るだけそれに合わせたものを作るそうです。保護者にとっても忘れられない感動の行事になることは間違い無いでしょう。
 ケーキはマミーズのFacebookページに日々更新アップされているので、皆様にご覧いただきたいです。増田さんの著書「がんばりすぎない子育て」(PHP)は、母親目線のあたたかさと、経営者としての視点と、両方の気づきや学びに満ちた内容ですので、こちらもぜひ読んでいただきたいと思います。
 友人たちの間で増田さんは”ビッグママ”と呼ばれています。混迷を深める時代、保育園児たちにはもちろん、私のようなちょっと変わった大人にもビッグママは存在感抜群に癒しを与えてくれる存在になっています。いい友人を持てていることに感謝したいと思っています。
                                             =以上=

バックナンバー
2020.11.23:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】スピリチュアルのようなつまらないこと (※舩井勝仁執筆)
2020.11.16:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】金運上昇 (※舩井勝仁執筆)
2020.11.09:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】ビッグママ (※舩井勝仁執筆)
2020.11.02:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】現金が王様 (※舩井勝仁執筆)
ほんものワイン原産地ジョージア 塚澤健二氏新著発売記念 特典音声プレゼント!「暴落はまだ終わっていない」 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com