photo

舩井幸雄のいま知らせたいこと

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2017年8月7日
神社とイスラエル (※舩井勝仁執筆)

 アメリカの株価の勢いが止まりません。トランプ政権の危うさが繰り返し報道されるのですが、相場はそんなことには関係なく、ついに2万2千ドルの大台もあっさりと更新しました。以前は、トランプ大統領の就任時の株価の値動きはアベノミクスのスタート時に似ているというようなことを書きましたが、いまは1989年の日本のバルブのピークに向かっている時のような感覚があります。誰もがいつまでもこんなことが続くはずはないと思っているのですが、いつの間にかドンドン上がっていく相場に引きずられてこれがいつまでも続くという錯覚に陥っていくのかもしれないなと感じてきました。
 もしかしたら、相変わらずそのバブル崩壊の記憶が抜けきれずに2万円前後をうろちょろしている日本株が4万円を目指すことはないかもしれませんが、アメリカが4万ドルを目指して動いていくような流れが実現することすらあるのかなと思えてしまいます。
 今年秋は相場の変調がある可能性が高いですよということを年初には書きましたが、少なくとも年明けまでは伸びるのではないかという話を聞くようになりました。その間に、アメリカの株式がどこまで上がるのか、その相場に参加するのはとても怖くてできませんが、見守っていたいと思います。

 昨年の赤塚高仁さんのイスラエルツアーで女優の鶴田真由さんとご一緒させていただきました。デザイナーのご主人と二人で普通に料金を支払われて参加されていたのですが、気楽にいろいろお話させていただいて本当にありがたいことだなと感激していました。彼女にとってはプライベートの旅行だからブログなどで紹介するのは遠慮していたのですが、『神社めぐりをしていたらエルサレムに立っていた』(幻冬舎)という本を6月に出版されているので書いてもいいのだろうと思ったので本の紹介をさせていただきたいと思います。

(引用開始)
 伊勢神宮近くの三重県志摩市に「伊雑宮(いざわのみや)」という神社がある。イザワはヘブライ語で「神の救い」を意味する「イザヤ」に結び付き、さらに宮内の石灯籠にはユダヤのマーク「六芒星(ろくぼうせい)」が刻印されていた。また沖縄では旧約聖書の「出エジプト記」で登場する「過越(すぎごし)の祭り」に似た「島クサラシ」の風習があった……。
(引用終了)

 神道への造詣が深く、知的好奇心の翼を大きく広げられている鶴田さんらしいエッセイで、歴史研究家が書くものとは一味違う視点が印象的な1冊でした。芸術という場所に長年身をおいている方だからでしょうか、内包する世界観が美しいことで、私もこの数年、関心のある「イスラエル」「聖書」「古事記」といったキーワードを、新鮮な視点で見つめなおすことができました。
 鶴田さんの、ライフワークとしての国生みの神話研究について、精力的に行動する姿は尊敬しています。是非手にとっていただけたらと思います。
 毎週、このコラムでは何かしら本を紹介しています。本の在庫が増えて保管の悩みをおっしゃる方も多いのですが私は、実際の書籍の購入とともに、電子書籍で買えるものはなるべくアマゾンのキンドルで買うようにしています。最初は専用のタブレットを買って、それを持ち歩いて読んでいましたが、3年ぐらい使っている内に容量オーバーになってしまいました。買い替えるのも面倒だなと思っていたのですが、いまはほとんどノートPCにダウンロードして読むようにしています。
 イスラエルツアーに初めて参加した4年前のことですが、赤塚さんに「イスラエルツアーの参加者に聖書を持ってくるように言ったら、勝ちゃんは電子書籍で持ってきよった」と嫌みを言われました。でも、本当に読みやすくて、おかげで内容は理解できてはいませんが、とりあえずタブレットで聖書を全部読破しました。値段も数百円でしたし、当時の私には一番ぴったりのツールでした。
 最近は金融経済関係の海外の著者のページ数が多い本を読むことが多いのですが、日本の著者に比べてかなりしっかりした内容が書かれているのはさすがだなとは思うのですが、翻訳権などの費用がかかる関係で高額のハードカバーでページ数の多い本になってしまいます。
 重いのと保管の場所を取るのが玉に傷だったのですが、これらの本はほとんど電子書籍化されているのでほとんどそれで購入しています。PCで電子書籍を読めるアプリは無料でダウンロードできるので、本の保管に悩んでいる方は一度試してみてください。

 そういえば、最近、うれしいプレゼントがありました。船井グループのエヴァビジョンから毎月出しているCDマガジン「JUST」を購入している友人が数年分をmp3プレイヤーにダウンロードしてくれたのです。手のひらに乗るくらいの大きさのプレイヤーにぎっしり詰まった「JUST」、これで昔コンテンツの聴き直しも好きな時間に簡単にできると思うと感慨深かったです。自宅のスペースにも限りがあると思いますので、このコラムを読んでくださっている方で「JUST」を愛聴していただいている方にも是非試していただきたい方法だと思いました。
 「JUST」最新号では、朝倉慶先生の今年後半の世界経済予測から、梅沢富美男さんの奥様でフィトセラピー大家の池田明子さんのインタビューまでバラエティに富んだ楽しいコンテンツが満載です。ご興味のある方は是非お問い合わせください。
                                            =以上=

バックナンバー
2017.08.21:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】現金の呪い (※舩井勝仁執筆)
2017.08.14:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】悟りの条件 (※舩井勝仁執筆)
2017.08.07:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】神社とイスラエル (※舩井勝仁執筆)
51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター