船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
おすすめワイン
2017.12.4(Mon)
社名:(株)船井本社 『舩井幸雄.com』&『舩井メールクラブ』事務局
名前:藤原 かおり

 皆さまこんにちは。(株)船井本社『舩井幸雄.com』事務局&『舩井メールクラブ』事務局の藤原かおりです。
 早いもので今年も12月に突入しました。12月と言えば、クリスマスのイベントや忘年会など、お酒を飲む機会も増えることと思います。
 そこで今回は、この時期にぴったりのワインについて紹介させていただきます。

 といっても、自信を持って紹介できるほど私はワインについて詳しいわけでもとくに味がわかるわけでもないのですが、昔、パリに一年間留学していた頃、スーパーにはワインがずらっと並び、中にはミネラルウォーターより値段の安いものもあったと思います。そんな安価なワインでも意外とおいしいものもあることから、滞在中はわりと気軽にワインを買って飲んでいました。
 そんなこともあって、私はワインに関してはフランス産びいきで、日本の有名な産地のワインを飲む機会があっても、これまでさほど「おいしい!」と思えるものに出会った記憶がなく、日本産のワインには正直、あまり期待を持っていませんでした。

 ですが先日、とてもおいしい日本産のワインを見つけたのです。
 それは(地元自慢のようでちょっと恐縮なのですが、)私の故郷の香川県にある「さぬきワイナリー」というところのワインです。
 帰省の折、この「さぬきワイナリー」に立ち寄ったのですが、道中はイノシシが親子づれで道路を横切るなどのどかな風景で(初めて見ましたが)、瀬戸内海が見渡せる見晴らしのいい場所に「さぬきワイナリー」はあります。
 このすぐ近くには大串温泉という温泉が以前あり、舩井幸雄が著書『まちはよみがえる―田舎の再生から日本は復活する!』(ビジネス社)の中で以下のように紹介していました。

「所用で「さぬき市」に行きました。そしてびっくりしました。ここの海岸風景は最高であり、観光立地としても阪神地区から2時間内です。すばらしい泉質の温泉もありました。
しかし、それらが全く生かされていませんでした。」


 この「すばらしい泉質の温泉」というのが大串温泉のことだったのですが、うまく生かせなかったのか、現在は閉店してしまっています。
 このすぐ近くのさぬきワイナリーに先日初めて訪れてみると、店内は閑散としていました。よくあるまちおこし系のワインだろうな、と思ったもののワインの種類は多く、手に取ってみるとなかなか良い感じがします。試しに「2014甲州」という白ワインほか数本を買ってみました。
 家に帰り、さほど期待せずに開けてみたのですが、この「2014甲州」、かなりおいしかったのです!さらっと爽やかで風味に品もありバランスがよく、どんなお料理にも合う味わいです。そのほか買ったワインもなかなかおいしかったです。いまの季節は、赤ワインをあたためて飲むヴァンショー(ホットワイン)もおススメですね。
 やっぱり舩井幸雄が注目した地域で生まれただけに、場の良さがワインの味にも反映されているのでしょうか。フランス産の白ワインよりおいしかったかも。。。

 日本のワインもどんどんレベルが上がってきていることがわかったので、他にもいろいろと試してみたいと思いました。ご参考になれば幸いです。


2周目:「鳥インフルエンザからニワトリを想う」
3周目:「日本の独立と個人の自立」
4周目:「資本主義について思うこと」
5周目:「“野性”を目覚めさせるには・・・」
6周目:「にんげんクラブ全国大会で気づいた“つながり”」
7周目:「歪みを正す方法」
8周目:「“グレー”からの脱却」
9周目:「“コンサバ”に思う」
10周目:「“野菜”は本当に健康にいいのか?」
11周目:「ロンドン・シティで感じた意外な“気”」
12周目:「フリーエネルギーとUFOの関係」
13周目:「最近読んでショックを受けた本」
14周目:「“寄り添う”ということ」
15周目:「“五井野イズム”に触れて……」
16周目:「秘伝のお茶と新コラム」
17周目:「偶然とは思えない3つのこと」
18周目:「「本物」は野性的!?」
19周目:「日本人の「水戸黄門」幻想」
20周目:「嫉妬の時代」
21周目:「久しぶりに会った舩井幸雄」
22周目:「舩井幸雄との出会いを思い出してみました。」
23周目:「後から思い出してみるといろいろシンクロがあったこと。」
24周目:「竹中平蔵とは何者か。」
25周目:「足指から目覚める?」
26周目:「舩井SAKIGAKEフォーラムが無事終わりました。」
27周目:「私にとっての12月25日」
28周目:「“本物の健康”を追求するセミナー」
29周目:「最近ビックリした、アンチエイジングのエネルギー」
30周目:「舩井幸雄の「氣」の力を想う」
31周目:「「願い」のちから」
32周目:「本物時代の到来」
33周目:「Dr.コパさん」
34周目:「一神教vs多神教」
35周目:「空海から義経へ」
36周目:「“ミンパク”を知っていますか?」
37周目:「人生に難がやってくる意味」
38周目:「旅先でのシンクロ」
39周目:「オザケンの「うさぎ!」」
40周目:「宇宙での生活」
41周目:「最近のおススメ!2つ」
42周目:「竹田和平さんがメンターと出会われた神社」
43周目:「『君の名は。』とムー」
44周目:「卵がけごはんがごちそうになる・・・」
45周目:「「雑草魂」はもう古い?」
46周目:「銀座のはちみつ」
47周目:「ひょっこり見つかった舩井幸雄の健康情報」
48周目:「加計学園問題で揺れる今治市の可能性」
49周目:「“品格”について考えてみる。」
50周目:「“差別”から歴史を読み解く岸田秀さん」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
・2017.12 ・2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター