photo

トップが語る、「いま、伝えたいこと」

このページでは、舩井幸雄が(2014年1月19日の舩井幸雄の他界後は舩井勝仁が)いま一番皆様に知ってほしい情報をタイムリーにお伝えしていきます。
毎週月曜日定期更新
2008年9月5日
孫との会話

 先週のことです。隣りに住んでいる娘の長男(中学2年生)と、久しぶりに1時間ほど話しました。もちろん家内と3人で話したのです。

私:「これから時々、まじめに生き方について話そうや。ところでメモ帳は持ってないのか?」
孫:「持ってないよ」
私:「よいことを聞いたり思いついたら、すぐメモをとるクセをつけた方がよいよ」
家内:「はい、このノートをあげるから、これをメモ帳にしなさい」
私:「そうそう、クセづけが大事だよ。これからおじいちゃんのいうことで、よいことと思ったら、必ずメモをとることだよ。まず一番はじめに『メモをとるクセをつける』と書きなさい。
 つぎにね、『よいクセをつける』…と書いてごらん。私も小学3年くらいからは、メモを必ずとってきたんだ。一週間たつと、それらを読みなおし、大事なことはメモノートに書く。
 一ヵ月のメモノートをまた読みなおし、ポイントだけを毎月まとめてきたんだが、これはいいぞ」
孫:「できるかな」
私:「だからクセづけなんだ」
家内:「この子にとって、もっとも大事なことは何か。どんなクセか、ちょっと言ってやってください」
私:「そうだな、
@まず、生命がけでどんなこともやるクセをつけること かな。
Aだから好きなこと、得意なことを一生懸命やればよい。
Bまた、世のため、人のためになることをやればよい。
C迷うことはしないことだね。迷わずやりたいことをやるんだね。
Dそして自分で責任のとれることをするんだ。

 これが五つの原則で、できればこの五つのうち一つでも×があったら、そのことはやらないというクセをつけることだね。
 ところで君は何が得意で、何が不得手なんだね」
孫:「スポーツが得意かな。理科が苦手だよ」

 …こんな調子の一回目でしたが、私はあらためてこの日、孫のすなおさにびっくりしたのです。
 
 7人の孫がいるのですが、まじめに「生き方」などを話してあげたことが一度もなく、今回が「はじめて」であることに気づいたのも、びっくりでした。
 それと、メモをとるノートをもらって、うれしそうにメモをとる孫の姿にはうれしくて、これにもびっくりしました。
 もともと教えるのが下手で、また面はゆくて、人にたのまれた時以外はアドバイスをしてこなかったのが私です。
 それから人から教わることが大きらいだったのも私です。
 そういう自分を心から反省した1時間でした。
 今度話す時は、充分に準備もし、孫からも多くの質問もしてもらって、もっと楽しく一方的でない会話にしようと思っています。
 75才になっての初経験、多くの反省…これらにもびっくりしています。
 しかし、孫ってかわいいですね。
                                             =以上=

バックナンバー
2008.09.29:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】すでに世の中大激変中
2008.09.26:【先週のびっくりより】すでに経済恐慌は避けられない
2008.09.22:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】新著『有意の人』について
2008.09.19:【先週のびっくりより】上田光敏、裕子さんの結婚披露宴
2008.09.15:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】「波動アストレア」や「波動機器」について
2008.09.12:【先週のびっくりより】「自由」と「柔軟性」
2008.09.08:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】パソコンとピアスは要注意
2008.09.05:【先週のびっくりより】孫との会話
2008.09.01:【いま 一番知らせたいこと 、言いたいこと】月刊『ザ・フナイ』と月刊『にんげんクラブ』だけはできるだけお読みください。いま一番大事なことがよく分ります。
数霊REIWA公式サイト 佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 10/8-10超日本論ザ・リアル合宿セミナーin隠岐の島 飛鳥昭雄氏 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note