スピリチュアル・エナジー-ほおじろえいいち氏-

このページは、科学ジャーナリストの
ほおじろ えいいち氏によるコラムページです。
ほおじろ氏は、先端科学とスピリチュアリティの統合を目指した内容の執筆をされています。

2008.04.01(第35回)
幸せなエネルギーの流れに乗って

  シカゴ大学の心理学者だったM・チクセントミハイ博士は、1990年に出版した彼の著書で、「フロー」という考え方を提唱しました。英語のFlowは、流れという意味で、フローとは、文字通り人生や今おこなっている行為が流れに乗っていると感じる感覚や状態のことです。

 彼はフローを「人が全人的に行為に没頭しているときに感じる包括的な感覚」としました。そしてフローを経験するための条件として、自分の能力にちょうどよい行為をしていることをあげています。要するに、自分にぴったりしたことを行っているときに、その行為に自分のすべてを没入でき、言葉には表現できない充実感や喜び、そして今この瞬間こそ生きているのだという感覚を味わえるということなのでしょう。

 このフロー感覚は、たとえばチェスや将棋、また囲碁をやっているときなどにも感じることがあります。次に打つ手がまるで流れに乗ったように次々と決まって、ゲームが進んでいくときなどです。それはトランプゲームでも起こります。自分の都合のいいカードが自分の手元にめぐってきて、うまく行くようなときです。その時ちょうどタイミングよく自分の手元によいカードが回ってきたというのが1回ならば、それは小さなシンクロニシティです。しかし、まるで幸運の女神がついているように、そういうことが次々と起こると、もうそれはフローにほかなりません。

 同じようなことがスポーツについてもいえます。たとえばテニスです。一対一で対戦する場合、自分自身が一種の境(きょう)に入って、自分の身体の動きが自動的に動いていると感じられるような場合、それはフローといえるでしょう。自分の動きが、勝利への流れに乗っているのです。

 面白いのは団体競技です。たとえばバスケットボール、バレーボール、サッカー、野球などです。勝つチームは、試合の途中から勝利の女神が微笑んで、とてもよい流れに乗っているように見えることがあります。そんなときフローが働いています。勝つチームはメンバーみんなが、ここぞというときにファインプレーを次々として、チームを勝利へと導きます。

 そんな時、メンバーはおのおのが自分のいるべきポジションで自分のなすべき最高のプレーをし、すべてがタイミングよく流れています。そしてそのことにメンバーのそれぞれが、今ここに自分が最高の状態で生きていると感じ、そのこと自体に没入しているのです。

 最近、フローについての研究がいろいろな人によってなされるようになりました。そのなかでもアメリカの人間科学者チャーリーン・ベリッツとジャーナリストのメグ・ランドストロムは、フローをシンクロニシティの延長線上にあるものととらえ、共著『パワー・オブ・フロー』(河出書房新社)で、彼らのその考え方をわかりやすく説明しています。

 彼らはこの本の中で、フローが働いているときは、ものごとが落ち着くべきところに落ち着き、障害が消え、タイミングが完璧で、お金や、仕事、人間、チャンスなど必要なものは何でも必要なときに手に入る、と説明しています。もし本当にそうだとすると素晴らしいことです。また、私たちの人生は常にそうありたいものです。そして、そのような状態で生きていくことこそ、本当の幸せといえるでしょう。

 フローが働いているときは、おそらく私たちの心の内側にある思考エネルギーや感情エネルギーが、私たちの外側で起こっている出来事やそのエネルギーと結びついて、それらが一定のパターンでかみ合い、共鳴しながら、一体となって現象しているのでしょう。そのため、私たちは適切な場所で適切なときに適切なことをしているという感覚をもつのです。それはきわめてスピリチュアルなものであり、幸せなエネルギーの流れに乗って自分が行くべきところに向かって進んでいると確信するような感覚です。

 それでは、このフローを得るにはどうしたらよいのでしょう。どうやらシンクロニシティにカギがありそうです。拙著『スピリチュアルの世界がよくわかる本』(中経出版)にも書きましたが、次回ご説明いたします。 


★ ほおじろ えいいち著の新刊書『スピリチュアルの世界がよくわかる本』(中経の文庫)はこちら。

※ 無料電子小冊子『Qウエーブヒーリング 幸せの秘密』(pdf形式)のダウンロードはこちらからご自由にどうぞ。 

★本コラムの著者・ほおじろえいいち先生は、月刊『ザ・フナイ』3月号にもご寄稿くださいます。『ザ・フナイ』もぜひお読みください! 

バックナンバー
第100回

運命を変えたいときに読む本(最終回)

第99回

人は次の生を計画して生まれてくるのか?

第98回

おもしろい電磁波調整グッズ

第97回

花がそうであるように、あなたも。

第96回

地球もカルマを持っている

第95回

地球は心を持っている

第94回

鏡の第2法則にもある「理性と魂の一致」

第93回

トランサーフィン 鏡の「超」法則 リンゴが空へと落下する

第92回

人が輪廻する科学的な証拠は?

第91回

不思議な金龍のシンクロニシティ

第90回

ノストラダムスの予言は当たっていたのか?

第89回

エネルギー・ヒーリングにも通じる鉄則

第88回

最先端の風水グッズ「オルゴナイト」

第87回

掃除をするときの心

第86回

都内のパワースポットとオーブ

第85回

「過剰ポテンシャル」対「ほほ笑む心」

第84回

カルマが消えていくときに起こること

第83回

瞬時に移される、病気の「気」

第82回

お彼岸とお線香のエネルギー

第81回

健康な家や快適なオフィス環境のために

第80回

私は「マインドフル」な人が好き!

第79回

こんな女性には、3.5カラットのエメラルドを!

第78回

ほんとうの幸せを得るためには

第77回

ほほ笑みのエネルギー

第76回

クリスタルが割れるとき

第75回

本のなかの不思議な写真

第74回

パワースポットと水晶クリスタル

第73回

素晴らしい幸せパワーが夢のなかに?

第72回

アセンションは始まっている?

第71回

デートに出かけるときの4つの心理作戦

第70回

未来世療法で幸せな人生を選択した女性

第69回

死後も続く(?)愛犬との強いきずな

第68回

人生が、あなたに期待している

第67回

前世療法の謎

第66回

地球の発するヒーリング・ エネルギー

第65回

テントウムシは幸運のシンクロニシティ

第64回

古代エジプトのファラオの杖とは?

第63回

内なる七つの悪魔と、気づきの生活

第62回

ソウルメイトに学ぶエネルギーの法則?

第61回

無理してポジティブになろうとしなくても

第60回

素晴らしい人間関係のつくり方

第59回

なかなか結婚しようと言ってくれない彼氏

第58回

休眠状態だった地球が目覚める日

第57回

チャクラの機能を整えることは大切

第56回

私たちは自分で運命を引き寄せている

第55回

心のきれいな人は魅力的

第54回

やっぱり努力は基本です!

第53回

冬至にやぎ座で太陽と冥王星が…

第52回

エネルギーに敏感な生きものたち

第51回

感謝度テスト

第50回

ポジティブなカルマのパワー

第49回

意外と知られていないクリスタルの活かし方

第48回

シンクロから運命までカギを握る法則

第47回

クウォーツ・クリスタル(水晶)のエネルギー

第46回

夫婦円満の秘訣?

第45回

願望を達成させる微笑み?

第44回

ゼロ磁場地帯って、いったい何?

第43回

「崖の上のポニョ」のエネルギー

第42回

ネガティブな感情と進化

第41回

「陰」と「陽」が変わる時間

第40回

進化はウィン・ウィンに向かう(?)

第39回

つながっている心

第38回

「スピリチュアル」とは何か?

第37回

エネルギー現象としてのシンクロニシティ

第36回

シンクロニシティからフローへ

第35回

幸せなエネルギーの流れに乗って

第34回

良い思いのエネルギー

第33回

シンクロニシティの深い意味

第32回

「ヒーリング」って、何だろう

第31回

「スピリチュアル・フード」は美味しい

第30回

人間関係のカギはエネルギーにある

第29回

やっぱり努力、努力のエネルギー

第28回

運命の赤い糸は、エネルギーの糸?

第27回

ポジティブシンキングに思うこと(2)

第26回

ポジティブシンキングに思うこと

第25回

地球は心を持っている

第24回

エネルギー的にも(−)になった男性たち

第23回

ペットたちと暮らすハッピー・ライフ

第22回

光をまとい、光に影響を受ける身体

第21回

黒い服と淡いピンクのクンザイト

第20回

意図のエネルギーって、いったい何?

第19回

夢でも現実でも、同じ原理が働く?

第18回

魂のビッグバンと百匹目の猿現象

第17回

シンクロニシティーには意味がある

第16回

誰でも願い事はあるけれど…

第15回

こんなヒーリング・エネルギーもあるのです

第14回

魂のチカラと百匹目の猿

第13回

きわめつきのシンクロニシティー

第12回

ガーディアン・エンジェルって何でしょう

第11回

あたたかなドームにつつまれた気持ち

第10回

エナジー・バンパイアーについて

第9回

一瞬のうちにお酒が飲めるようになる?

第8回

深夜の不思議でハッピーな贈りもの

第7回

イジメはエネルギー体「振り子」のしわざ?

第6回

あなたの思考エネルギーはブーメランのように

第5回

リラクセーションのエネルギーをあなたに!

第4回

ポジティブなエネルギーと、ネガティブなエネルギー

第3回

人を心から愛せる人は、人に心から愛される

第2回

どうなっているの、恋人どうしのエネルギー関係

第1回

エネルギー情報体としての私たち

Profile:ほおじろ えいいち(本名:喰代栄一)

『ポジティブ思考では、なぜ成功できないのか?』1974年埼玉大学理工学部生化学科卒業。東京医科歯科大学医用器材研究所にて約3年間、「ホルモンの生体制御学」なる先端科学に挑戦。1980年に詩集『心的惑星圏』を自費出版。その後短編小説や詩を書いていたが、1993年、光文社より『脳に眠る「月のリズム」』を出版し、科学ジャーナリストとしてデビュー。以来、先端科学とスピリチュアリティ統合を目指して執筆活動を続けている。シェルドレイクの仮説を紹介する『なぜそれは起こるのか』(1996年)はベストセラーになった。
魂の記憶』(2003年)を出版後は生きる意味に取り組み、ヒーリング・エナジーの研究を始めて、『幸せの進化形』 『ヒーリング・エナジー』(いずれも2005年)を出版。また、2006年12月にロシアのベストセラー本の邦訳版『「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択』、続いて2007年7月に『「願望実現の法則」リアリティ・トランサーフィン2―魂の快/不快の選択』ともに (ヴァジム・ゼランド著 ほ おじろ えいいち監修 徳間書店刊)を出版。2008年2月に『スピリチュアルの世界がよくわかる本』(中経の文庫)、2009年10月に『ポジティブ思考では、なぜ成功できないのか?』(学習研究社)を出版。2006年に無限波動技術株式会社(Q-Wave Technologies Inc.)を創設し、Q‐WaveヒーリングDVDなどを提供し始める。2009年12月に『人生を変えたいときに観るDVD』(発売・発行:無限波動技術)を出版。     
公式サイト:
http://www.eiichihojiro.jp

ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note
\