“超プロ”K氏の金融講座

このページは、船井幸雄が当サイトの『船井幸雄のいま知らせたいこと』ページや自著で、立て続けに紹介している経済アナリスト・K氏こと
朝倉 慶氏によるコラムページです。朝倉氏の著書はベストセラーにもなっています。

2008.11
ターミネーター

 ハリウッドでも、メガトン級のヒットとなると、長く人々の記憶に引き継がれるし、また、スターも作ります。そんな映画の一つに<ターミネーター>があります。
 ご覧になった方も多いと思いますが、機械に反乱を起こされた人間が、ほぼ全滅させられ、残った人間達と機械との壮絶な戦いが繰り広げられる、というストーリーで、当時、その設定の面白さと、ショッキングな結末が話題を呼んだものです。
 機械が作り出した、人間そっくりのロボットが<ターミネーター>。人間を殺すことだけがプログラムされているのです。いくら破壊しても、たとえ部品―つになったとしても、動くかぎり人間を殺そうとする姿に、恐ろしさとショックを受けた人も多かったと思います。そしてその<ターミネーター>の役を、あまりにリアルに演じた、アーノルド・シュワルツェネッガーは、ここから一躍スターとなり、その後、数々の主殺をこなして、現在はカリフォルニア州知事となっています。


株式市場で一人勝ちしているものの正体

 現在、世界の株式市場はひどい暴落となり、ほとんどの投資家は天文額的な損失を抱えるに至っていますが、この焼け野原の株式市場を、のっそのっそと我が物顔に闊歩している存在があるのです。CTA(コモデティー・トレーディング・アドバイザーズ=商品投資顧問業者)、別名マネージド・フューチャーズと呼ばれるヘッジファンドです。
 株式市場には、一般的な株式の取引と、先物取引(日経平均やトピックスといった指数を売買する)やオプション取引(指数に絡む権利売買)というデリバティブ取引があります。
 普通の株の売買であれば、一般の人にもわかりやすいでしょうが、デリバティブ取引は、かなり複雑で、一般の人達は近寄り難いものです。ですからこのデリバティブ取引は、主にセミプロやプロの市場と言っていいでしょう。CTAは、このデリバティブ市場を専門とする、先物、オプション専門のヘッジファンドです。
 今、数多くというよりほとんどのヘッジファンドは大きな損失を抱え、解約ラッシュで悲鳴を上げていますが、CTAだけは、涼しい顔で、毎日のように株式市場で暴れているのです。
 普通の人は、株式市場は、その株の業績の推移で動くものと思っていると思います。しかし、もう一つ、先物市場に絡む動きが常に存在しているのです。というのも、先物というのは、まさに先の物、すなわち、先行きの値段を売買しているに過ぎません。たとえば、トヨタは1円の円高で、400億円の損失を蒙(こうむ)りますが、それを阻止しようとして、先物の為替を売ったり、買ったりして利益を確定するのです。この先の物が動けば、将来、高いとか安いとかという値段がついているわけですから、当然、それが巡り巡って今の相場の値段に影響を与えるわけです。
  しかも、その額が巨大だったらどうでしょうか? 
  たとえば現在、為替相揚が1ドル100円で売買されているときに、トヨタをはじめとする自動車会社が円を買って、3ヵ月後の円を90円で売り買いしていたらどうでしょう? 3ヵ月後が90円なら、「今の100円は円高に動きそうだ」と100円の現在の相場に、円高の圧力がかかりませんか? 円を買いたくなりませんか? もしくは、もっと積極的に、「8ヵ月後の90円と現在の100円の差額を儲けることはできないか」と考えるかもしれません。


 このように先物の取引は、現在から1ヵ月や2ヵ月、3ヵ月先の値段の取引であって、当然跳ね返って現在の市場に影響を与えるのです。そしてこの先物や現在の現物市場の値段、もっと複雑に言えば、オプション取引などという手法を使うとさらに巧みに賭け口が広がるのです。
 頭が痛くなってくるかもしれませんね。実はこの先物、オプション、現物などといった取引を混ぜ合わせて、確実に儲かるであろう均衡点を見つけ出そうというのが、いわゆる「金融工学」というシロモノなのです。
 この金融工学に基づいて、世界の巨大金融機関は例外なく、様々なものに投資してきたのです。しかし今、人間の行う相場は、機械とは違う、まさに歴史にない動きを始めてしまいました。そのため、金融工学に守られ、完璧だと思っていた投資がすべて、想定外の巨大な損失となって、世界中に襲いかかってきているのです。
 とはいえなんと、まだしっかりと生き延びていて、利益をたたき出しているものがあったのです。それが、ヘッジファンドです。CTA、すなわちコモデティー・トレーディング・アドバイザーズはなんと、ほとんどが“ロボットによるトレーディング”を行っています。人間様が青くなっているのに、一人勝ち、株式市場で、毎日のように暴れています。 


 かくして人間様は機械にすべてのお金を巻き上げられ、一文無しになって、お互いが争って自滅に向かうという、<ターミネーター>の映画とは少し違いますが、同じ結果になろうとしているのです。

バックナンバー
17/08

好調な日本経済と外部情勢

17/07

仕事はなくなるのか?

17/06

イスラエルとサイバー技術

17/05

欧州危機は去ったか?

17/04

加速する人手不足と日本の将来

17/03

民主主義の危機

17/02

止まらない米国株の上昇

17/01

迫りくる戦争の危機

16/12

日本人と株式投資

16/11

トランプ勝利をもたらしたもの

16/10

新著『暴走する日銀相場』まえがき

16/09

AI技術者に殺到するヘッジファンド

16/08

止まらないデフレの行く末

16/07

ウーバーライゼーション

16/06

衝撃的な英国の離脱派勝利

16/05

衣食住がただ、お金のいらない世界に!?

16/04

熊本地震とヘリコプターマネー

16/03

トランプ旋風が写すもの

16/02

新著『世界経済のトレンドが変わった!』まえがき

16/01

波乱で始まった2016年

15/12

2016年の展望

15/11

中国の結婚事情

15/10

郵政上場

15/09

現れ始めた高齢化社会のひずみ

15/08

荒れた株式市場の先行きは?

15/07

異常気象の連鎖

15/06

値上げラッシュ

15/05

新刊『株、株、株! もう買うしかない』まえがき

15/04

日米同盟強化の恩恵

15/03

アベノミクス その光と影

15/02

ギリシアの悲哀

15/01

止まらない<株売却ブーム>

14/12

アベノミクス

14/11

バンザイノミクス

14/10

新刊『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(舩井勝仁との共著)まえがきより(※目次、舩井勝仁のあとがきも含む)

14/09

加速する物価高

14/08

新冷戦という脅威

14/07

新刊『株は再び急騰、国債は暴落へ』まえがき より

14/06

深刻化する人手不足

14/05

何故ドルなのか

14/04

株高は終わったのか?

14/03

ウクライナを巡る暗闘

14/02

中国ショック

14/01

ハッピー倒産ラッシュ

13/12

インフレに向かう日本

13/11

株式投資に舵を切る年金基金

13/10

金相場のたそがれ

13/09

新刊『2014年 インフレに向かう世界』まえがき より

13/08

崩壊に向かう新興国経済

13/07

ドルが復権する世界

13/06

激動前夜

13/05

株 売却ブーム

13/04

異次元の世界

13/03

日本の行く末

13/02

株バブル勃発、円は大暴落(新刊まえがき)

13/01

「アベノミクス」がもたらすもの

12/12

浜田教授のリフレ政策

12/11

円を売る時がきた!

12/10

チャイナリスク

12/09

大恐慌か超インフレだ!(新刊「あとがき」より)

12/08

中東情勢の泥沼化

12/07

食糧危機の足音

12/06

ユーロ崩壊へのカウントダウン

12/05

新刊『2013年 株式市場に答えがある』まえがき

12/04

ぶり返すユーロ危機

12/03

円安が始まった

12/02

株式投資の勧め

12/01

上昇転換した株価とその背景

11/12

大波乱の幕開け(最新著『もうこれは世界大恐慌』序章)

11/11

ギリシア救済というトリック

11/10

崩壊に向かう資本主義

11/09

欧州危機と錬金術

11/08

ユーロ崩壊

11/07

逆ニクソンショック(金本位制への回帰)

11/06

2012年、日本経済は大崩壊する!(はじめに)

11/05

スーパーマリオ

11/04

インフレの到来

11/03

今後の経済と生き方

11/02

液状化する世界

11/01

始まった食料高騰

10/12

迫りくる大増税

10/11

物価高騰に備えよ

10/10

まえがき(新著『2011年 本当の危機が始まる!』より)

10/09

中国の謀略

10/08

ニューノーマル

10/07

焼け太ったFRB

10/06

金(ゴールド)相場の映すものは?

10/05

ギリシア問題の末路

10/04

ゴールドマン・ショック

10/03

郵政改革の裏

10/02

金融問題公聴会

10/01

グーグルVS中国

09/12

新興衰退国

09/11

デフレとインフレ

09/10

円高で、為替仕組み債が破裂(破綻続出へ)

09/09

悲惨なアイスランド

09/08

不発弾(米住宅問題)が爆発するとき

09/07

秋に向け、鳴りをひそめている危機

09/06

今後の行く末は?

09/05

ゆっくり進むドル危機

09/04

上昇、やがて、壊死する株式市場

09/03

アメリカン・エキスプレスのキャンペーン

09/02

リーマンと山一證券

09/01

ゲート条項

08/12

ドバイの落日

08/11

ターミネーター


朝倉 慶氏の新刊『日本人を直撃する大恐慌幕』『大恐慌入門』(2008年12月、徳間書店刊)に引き続き、朝倉慶氏の新刊『恐慌第2幕』(ゴマブックス刊)が2009年5月に発売!さらに最新刊 家族で読めるファミリーブックシリーズ『日本人を直撃する大恐慌』(飛鳥新社刊)が5月30日に発売!

『朝倉 慶の21世紀塾』を2009年2月より開始(主催:(株)船井メディア)
朝倉氏の最新情報を【A】レポート、【B】CDマガジン、【C】セミナーから学べます!
詳しくはコチラ→http://www.funaimedia.com/asakura/index.html

Profile:朝倉 慶(あさくら けい)

K朝倉慶経済アナリスト。 船井幸雄が「経済予測の“超プロ”」と紹介し、その鋭い見解に注目が集まっている。早い時期から、今後の世界経済に危機感を抱き、その見解を船井幸雄にレポートで送り続けてきた。 実際、2007年のサブプライムローン問題を皮切りに、その経済予測は当たり続けている。 著書『大恐慌入門』2008年12月、徳間書店刊)がアマゾンランキング第4位を記録し、2009年5月には新刊『恐慌第2幕』(ゴマブックス刊)および『日本人を直撃する大恐慌』(飛鳥新社刊)を発売。

本物研 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター