“超プロ”K氏の金融講座

このページは、船井幸雄が当サイトの『船井幸雄のいま知らせたいこと』ページや自著で、立て続けに紹介している経済アナリスト・K氏こと
朝倉 慶氏によるコラムページです。朝倉氏の著書はベストセラーにもなっています。

2011.09
欧州危機と錬金術

 「連鎖的なデフォルトと銀行の取り付け、世界は壊滅的なリスクに直面する可能性がある!」
 ガイトナー米財務長官は危機感を露わにしました。米国当局は焦っています。「欧州の金融危機を何とかしろ」と欧州各国に迫っているのです。このままギリシア危機を放置すれば、突如のデフォルトを引き起こし、それが欧州発の金融恐慌を誘発、世界に伝播、ひいては米国まで甚大な被害が被ってくると懸念しているわけです。

 実際、各方面からリーマン危機の再来、ないしはそれを上回る危機が訪れるとの警告が絶えません。世界銀行のゼーリック総裁は、「世界経済は危険な水域に入った」と述べました。またIMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事は、「世界経済に下振れのリスクは高い」と、そして欧州危機を念頭において「現在のIMFの財源では、世界経済悪化なら全ての融資要請に応じることはできない恐れがある」と指摘したのです。
 世界銀行とIMFという世界の金融の元締めからこのような発言が出てくることは尋常ではありません。まさに水面下で進む爆発的な危機に対して強く警告していると言えるでしょう。
 民間サイドではもっとストレートに危機に対して発言しています。世界最大の債券運用会社PIMCOのエラリアン最高経営責任者は、「世界はソブリン危機(=国家破綻の危機)を震源とする金融危機が間近に迫っている」と述べました。投資家のジョージ・ソロスに至っては、ギリシアの破綻は避けられないという観点から、もう欧州当局は何らかの早急の対策が必要と訴えているのです。

すでに問題の焦点は、ギリシア“破綻後”
 このコラムでも何回か書きましたが、もうギリシアの破綻は時間の問題で、避けることなどできないのです。後は、いかに上手く後始末をするか、いかにその影響を最小限に留めてギリシアを計画的な破綻に導くかということが焦点なのです。ギリシア再建と言って、財政の緊縮政策を打てば打つほど、経済は疲弊し、欧州各国が求めている借金返済からは遠のいていくのです。破産している国家をまだ破産していないと言っても、もう嘘もここまで、限界が来つつあるのです
 問題はすでにギリシアの秩序だった破綻ができるのか? ポルトガル、アイルランド、スペイン、イタリアへと波及を抑えることが可能か? またギリシアが破綻となれば、その国債を大量に保有している域内の金融機関が破綻状態に陥りますから、ギリシア破綻発表と同時に、域内の銀行に公的資金がスムーズに投入できるか? というところに焦点が移ってきていると思っていいでしょう。これはまだ正面だって言うことができませんから、水面下で準備をして、いかに上手く収めるか、当事者のユーロ圏各国、並びに中央銀行であるECB(欧州中央銀行)は断続的な協議を進めていると思えばいいでしょう。

 ところがこれが上手くいかないのです。どうしても各国の思惑や利益が絡んできてしまいます。要は、ギリシアは破綻してその損失を支払うことができないわけですから、その損失を誰が負担するのか? という目前に迫った問題があります。しかしそれ以上に、たとえギリシアを破綻させてその債務を欧州各国で引き受けたとしても、その後のポルトガル、アイルランド、スペイン、イタリアへの波及は本当に収めることができるのか? もしそれができなければ、永遠にドイツをはじめとする北部欧州は、南欧諸国を支援し続けなければならないということになってしまいます。自ら稼いだ金をどぶに捨てるかのように、永遠に資金を補給し続けるのか? という根本的な問題もあるわけです。
 実際、ギリシアが破綻したという前例を作れば、後に続く国家が出てきても少しもおかしくありません。ギリシアを破綻させることはない、ギリシアはユーロ圏に留めさせる、と豪語してきてギリシア国債は安全である、と言い続けてきたドイツやフランス、そしてECBの首脳の言葉は嘘だったことが明らかになれば、今度はアイルランドだってポルトガルだって、スペイン、イタリアだって、いつギリシアの二の舞になるか、わかったものではありません。当局の言うことなど信じたら酷い目にあうのです。

もともと無理のあった「ユーロ」という通貨
 要するに、このソブリン危機、ユーロ圏各国の国債下落の連鎖的な危機には終わりがないのです。もともと違った国が17ヵ国も集まって同じ通貨を使うというところに無理があったのです。ユーロというモザイク通貨の矛盾が爆発して、このような問題が勃発したわけです。ドイツやフィンランドやオーストリアなど、経済力が強い国家だけが集まって同一の通貨を作れば良かったのに、ギリシアやスペインなど、経済力の弱い国家を組み入れて17ヵ国も一緒にするから悲劇が起こるわけです。
 もともと、このギリシアなど南欧諸国の人達は、まさにシエスタ、昼寝ばかりしていて一生懸命働くような国民ではないのです。それなのに一緒の通貨にしたものだから金利が安くなって(ユーロ導入でドイツやフランスの後ろ盾を得て)、同じユーロという通貨ということで各国から資本が流入してバブルとなって、そしてあえなく破綻に陥り、今日に至ったわけです。
 しかしこのギリシアや南欧諸国に資本を投下した北部欧州の金融機関はたまりません。とても返してもらえない貸し付けとなってしまったわけです。ですからギリシア危機は欧州全体の金融機関の問題となってしまったので、ここまでこじれているわけです。
 しかしギリシアが立ち直れないのははっきりしてきました。投入した資金は全て泡と消える運命です。今となっては、ギリシアを破綻させて、このユーロ域内の銀行に公的資金を入れるという方向に持っていくしかありません。ところが、悲劇的なことに今度は、その公的資金の原資がないのです。リーマン・ショックの時はまだ、各国余裕がありましたので、借金してその原資を用意したわけです。いわゆる国債の発行です。元を正せば、この時に無理に借金をし過ぎてしまったので、各国国債漬けとなって借金が返せず、信用を失い金利上昇の憂き目にあって身動きが取れなくなってしまったというところが実情です。
 しかしそれでも銀行を救うためには、借金を重ねるしかありません。ところがもともと、国の借金、国債が問題になっているのに、さらに借金である国債の追加発行となっては、ますます信用を失い、金利が上がってしまいます。そしてさらにタチの悪いことに、この危なくなってきている国債を保有しているのが、また各国の銀行であるという悪循環なのです。国と銀行が共々沈んでいく流れです。ですから袋小路みたいなものでこれは救いようがないのです。
 そこで今、いろいろとごまかしの知恵を出そうと試みているわけです。ひとつはIMFによる救済の動きです。
 本当はIMFは融資枠はもうほとんどない(ユーロ圏支援に使い過ぎた)のですが、補助的財源といって、「国際的通貨システムへの脅威を未然に防ぐか、そうした事態に対処する必要があるとき」にかぎり発動される特別融資枠を発動しようというのです。まさにIMFは資金切れで融資枠を持っていないわけですから、加盟国に対しての信用借りみたいなものです。この資金源はIMFの一般借り入れの財源とは別に、加盟各国の多国籍間融資で賄われるというのです。ユーロ圏各国も金がない、それを助けるIMFも金がないので、まさに日米など他から持ってこようということでしょうか。

ごまかしにごまかしを重ねるしか策がないのが現状
 また、欧州金融安定基金(EFSF)という資金がおよそ日本円にして45兆円くらいあるわけです。これは、2010年に「ギリシア危機」が起こった時に欧州全体の危機に耐えられるようにと基金の大枠を作ったわけです。これがまた面白いのですが、基金は作りましたが、実はユーロ圏各国どの国も資金は出さないわけです。お金がないからです。
 ではどうなっているかというと、この45兆円はEFSFとして債券を発行するわけです。国が国債を発行するようなもので、このEFSFが債券を発行するわけです。まさに45兆円分発行しようというわけです。そしてこのEFSFが発行した債券についてドイツが27%、フランスが20%、イタリアが18%、スペインが12%、各々保証すると言っているのです。要するにユーロ圏各国は一銭も出さないのだけど、我々が保証するからこの債券を買ってください、と言ってその債券を売って、その資金で各国を救済するわけです。そしてこのEFSFの発行した債券を、日本政府などは喜んで購入しているわけです。今回の場合はイタリアやスペインを救済するわけですから、その資金はイタリアやスペインの国債を購入するのに使われるわけです。まさに借金をする人間が、(この場合はスペイン、イタリアですが、)自分が保証するから金を貸してくれ、と言っているのと同じことなのです。それが素晴らしいスキームだということになっているわけです。
 ところがまだ先がありまして、この45兆円だけでも、今回の欧州危機は収めることができないということになりまして、このEFSFの資金を今の4−5倍の約200兆円にしようという計画なのです。イタリアが200兆円も国債を発行しているので、200兆円近い資金を用意しないと救えないわけです。ところがこんなめちゃくちゃな政策や保証をドイツなどは嫌がっているわけで交渉は難航しているわけですが、今度はそれでは仕方がない、ということで新たに出てきた知恵は、このEFSFの45兆円をレバレッジを使ってもっと多く使えるようにしようというわけです。レバレッジを使うというのは、持っている資金を数倍に膨らませようということです。例えばあなたが100万円持っていて、それを元手に400万円用意して、それを使うというようなことです。
 こうしてユーロ圏としては、45兆円の資金を元に4倍に膨らませて200兆円用意してしまおうというわけです。今後、イタリア、スペインの救済資金として200兆円くらい必要となるのだが、この資金は全て「ユーロ圏各国の保証」という錦の御旗の下に借金を重ねていこうという腹積もりです。まさに「一銭もいらない錬金術」借金の限りない増殖と言えるでしょう。借金をしすぎたから問題がおきているのに、その解決法は新たな巧みな借金の作り方なのです。こんなことが堂々とまかり通って、素晴らしい解決案として議論されているのですからもう世の末です。
 このようにごまかしにごまかしを重ねてきているのが今の世界の現状なのです。日本の国債漬けも人ごとではありませんが、こんなマネーの錬金術、偽りの資金作りがいつまで通用すると思いますか? じわじわと市場の本当の崩壊が近づいてきているのです。マスコミもテレビも新聞も事の本質は書いてくれません。市場は矛盾を見抜いていよいよリーマンショックを超えるクラッシュを起こそうとしています。そして全てが崩壊した後に子供だましのような茶番の本質が明らかになるのです。



★朝倉氏最新刊『2012年、日本経済は大崩壊する!』(幻冬舎刊)が大好評発売中!★
すでに、アマゾンランキングで、ビジネス・経済部門で第1位、総合で第5位を記録!
日経新聞五段でも大きく広告をされ、多くの読者の方々より大反響をいただいています。
発売2週間で6万部突破!!
           【アマゾンでのご購入はコチラをクリック】

★★「朝倉慶のモーニングカフェ」情報★★
大好評!「朝倉慶のモーニングカフェ」(朝7時頃。月〜金)を配信中。
移動中に聞きながらわずか5分で今日の市況と経済トピックが月額1,000円で分かる!(6月1日から有料化)
★iPhoneまたはiPadの方 →「AppStore」から「朝倉慶」と検索。
★docomo、auのスマートフォン(アンドロイド搭載)の方
→「マーケット」というアイコンから「朝倉慶」と検索。

★スマートフォンをお持ちでない方におススメ!
ご自宅や会社のパソコンからも聞けます。
以下の(株)船井メディアのページからお申込みが可能です(月額1,000円(税込))。

http://www.funaimedia.com/asakura/index.html

(※朝倉慶氏は、(株)船井メディア企画の『朝倉慶の21世紀塾』でも詳しい経済レポートやCD情報、セミナーを開催、お届けしています。よろしければご活用ください。)


バックナンバー
17/06

イスラエルとサイバー技術

17/05

欧州危機は去ったか?

17/04

加速する人手不足と日本の将来

17/03

民主主義の危機

17/02

止まらない米国株の上昇

17/01

迫りくる戦争の危機

16/12

日本人と株式投資

16/11

トランプ勝利をもたらしたもの

16/10

新著『暴走する日銀相場』まえがき

16/09

AI技術者に殺到するヘッジファンド

16/08

止まらないデフレの行く末

16/07

ウーバーライゼーション

16/06

衝撃的な英国の離脱派勝利

16/05

衣食住がただ、お金のいらない世界に!?

16/04

熊本地震とヘリコプターマネー

16/03

トランプ旋風が写すもの

16/02

新著『世界経済のトレンドが変わった!』まえがき

16/01

波乱で始まった2016年

15/12

2016年の展望

15/11

中国の結婚事情

15/10

郵政上場

15/09

現れ始めた高齢化社会のひずみ

15/08

荒れた株式市場の先行きは?

15/07

異常気象の連鎖

15/06

値上げラッシュ

15/05

新刊『株、株、株! もう買うしかない』まえがき

15/04

日米同盟強化の恩恵

15/03

アベノミクス その光と影

15/02

ギリシアの悲哀

15/01

止まらない<株売却ブーム>

14/12

アベノミクス

14/11

バンザイノミクス

14/10

新刊『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(舩井勝仁との共著)まえがきより(※目次、舩井勝仁のあとがきも含む)

14/09

加速する物価高

14/08

新冷戦という脅威

14/07

新刊『株は再び急騰、国債は暴落へ』まえがき より

14/06

深刻化する人手不足

14/05

何故ドルなのか

14/04

株高は終わったのか?

14/03

ウクライナを巡る暗闘

14/02

中国ショック

14/01

ハッピー倒産ラッシュ

13/12

インフレに向かう日本

13/11

株式投資に舵を切る年金基金

13/10

金相場のたそがれ

13/09

新刊『2014年 インフレに向かう世界』まえがき より

13/08

崩壊に向かう新興国経済

13/07

ドルが復権する世界

13/06

激動前夜

13/05

株 売却ブーム

13/04

異次元の世界

13/03

日本の行く末

13/02

株バブル勃発、円は大暴落(新刊まえがき)

13/01

「アベノミクス」がもたらすもの

12/12

浜田教授のリフレ政策

12/11

円を売る時がきた!

12/10

チャイナリスク

12/09

大恐慌か超インフレだ!(新刊「あとがき」より)

12/08

中東情勢の泥沼化

12/07

食糧危機の足音

12/06

ユーロ崩壊へのカウントダウン

12/05

新刊『2013年 株式市場に答えがある』まえがき

12/04

ぶり返すユーロ危機

12/03

円安が始まった

12/02

株式投資の勧め

12/01

上昇転換した株価とその背景

11/12

大波乱の幕開け(最新著『もうこれは世界大恐慌』序章)

11/11

ギリシア救済というトリック

11/10

崩壊に向かう資本主義

11/09

欧州危機と錬金術

11/08

ユーロ崩壊

11/07

逆ニクソンショック(金本位制への回帰)

11/06

2012年、日本経済は大崩壊する!(はじめに)

11/05

スーパーマリオ

11/04

インフレの到来

11/03

今後の経済と生き方

11/02

液状化する世界

11/01

始まった食料高騰

10/12

迫りくる大増税

10/11

物価高騰に備えよ

10/10

まえがき(新著『2011年 本当の危機が始まる!』より)

10/09

中国の謀略

10/08

ニューノーマル

10/07

焼け太ったFRB

10/06

金(ゴールド)相場の映すものは?

10/05

ギリシア問題の末路

10/04

ゴールドマン・ショック

10/03

郵政改革の裏

10/02

金融問題公聴会

10/01

グーグルVS中国

09/12

新興衰退国

09/11

デフレとインフレ

09/10

円高で、為替仕組み債が破裂(破綻続出へ)

09/09

悲惨なアイスランド

09/08

不発弾(米住宅問題)が爆発するとき

09/07

秋に向け、鳴りをひそめている危機

09/06

今後の行く末は?

09/05

ゆっくり進むドル危機

09/04

上昇、やがて、壊死する株式市場

09/03

アメリカン・エキスプレスのキャンペーン

09/02

リーマンと山一證券

09/01

ゲート条項

08/12

ドバイの落日

08/11

ターミネーター


朝倉慶氏最新著『2012年、日本経済は大崩壊する!』(幻冬舎)『大恐慌入門』(2008年12月、徳間書店刊)に引き続き、『恐慌第2幕』(ゴマブックス刊)が2009年5月に発売。その後 家族で読めるファミリーブックシリーズ『日本人を直撃する大恐慌』(飛鳥新社刊)が同年5月30日に発売。さらに2009年11月には、船井幸雄と朝倉氏の共著『すでに世界は恐慌に突入した』(ビジネス社刊)が発売され、2010年2月『裏読み日本経済』(徳間書店刊)、2010年11月に『2011年 本当の危機が始まる!』(ダイヤモンド社)を発売。2011年7月に最新刊『2012年、日本経済は大崩壊する!』(幻冬舎)を発売。

『朝倉 慶の21世紀塾』を2009年2月より開始(主催:(株)船井メディア)
朝倉氏の最新情報を【A】レポート、【B】CDマガジン、【C】セミナーから学べます!
詳しくはコチラ→http://www.funaimedia.com/asakura/index.html

Profile:朝倉 慶(あさくら けい)

K朝倉慶経済アナリスト。 船井幸雄が「経済予測の“超プロ”」と紹介し、その鋭い見解に注目が集まっている。早い時期から、今後の世界経済に危機感を抱き、その見解を船井幸雄にレポートで送り続けてきた。 実際、2007年のサブプライムローン問題を皮切りに、その経済予測は当たり続けている。 著書『大恐慌入門』(2008年12月、徳間書店刊)がアマゾンランキング第4位を記録し、2009年5月には新刊『恐慌第2幕』(ゴマブックス刊)および『日本人を直撃する大恐慌』(飛鳥新社刊)を発売。2009年11月に船井幸雄との初の共著『すでに世界は恐慌に突入した』(ビジネス社刊)、2010年2月『裏読み日本経済』(徳間書店刊)、2010年11月に『2011年 本当の危機が始まる!』(ダイヤモンド社)を発売。そして2011年7月に最新刊『2012年、日本経済は大崩壊する!』(幻冬舎)を発売。

51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター