船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
想い出
2017.11.9(Thu)
社名:(株)エヴァ・ビジョン 営業
名前:山田 陽子

皆様、こんにちは。
株式会社エヴァ・ビジョンの山田陽子です。

私事ですが、94才になる実母が、9月7日に旅立ちました。
実家の祖母も14年前に103才で永眠したので、実母も94才、長生きの家系だなと
つくづく思います。
母は京都で生まれ育ち、娘時代は女優をめざし、京都で芸能界入り、
黒沢明監督の2回目の作品「一番美しく」に出演。最初で最後の映画出演でした。
意外に母も台詞がたくさんあり、戦争中にフィルムはアメリカに行っていたようですが、戦後、日本に戻り、劇場で上演会が行われ、母に連れられていきました。
その作品は、いまはDVDになっています。

母は、22才で芸能界の世界を引退し結婚しました。そんな華やかな時代を生きて、その後は、結婚生活では、父が亡くなり、4人の子供たちを育てて、経済的には苦労しましたが、母の口癖は「どうにかなるよ、ケッセラセラー」とても、前向きでした。
そんな、母も老後は祖母亡き後、13年も施設にお世話になりました。
認知症が徐々に出てきて、家族の顔と名前はわからなくなりましたが、施設での生活は
行事も多く、家族参加型で、入居者がさびしくならないよう行われました。

母は今年の春ごろから、高熱が続き、病院へお世話になり、施設には戻れませんでした。
でも、いつも笑顔の母で、最期にお見舞いに行った際も、手で顔に触れたり頭を撫でてあげたりしたら、お返しに撫で返してきました。
そんな母の笑顔が、懐かしく、心の想い出として残りました。

あまり、いい娘ではなかったけど、認知が進んでわからなくなっていても、逢いに
行くことが、親子の絆に繋がるのですね。
今は、亡き母に、想い出と共に感謝。

【11月から咲き始める花】
花屋さんで見つけた時に、その花言葉、思い出して眺めてみませんか?
アザレア 花言葉(全般): 「節制」「禁酒」「恋の喜び」
ポインセチア 花言葉(全般): 「祝福」「幸運を祈る」「私の心は燃えている」「清純」
カランコエ 花言葉(全般): 「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」「おおらかな心」
サザンカ 花言葉(全般): 「困難に打ち克つ」「ひたむきさ」
エリカ 花言葉(全般): 「孤独」「寂しさ」「博愛」「良い言葉」
アングレカム 花言葉(全般): 「祈り」「いつまでもあなたと一緒」
アロエ 花言葉(全般): 「苦痛」「悲嘆」
ハボタン 花言葉(全般): 「祝福」「物事に動じない」「利益」
ボケ 花言葉(全般): 「平凡」「早熟」「先駆者」
コウテイダリア 花言葉(全般): 「乙女の真心」「乙女の純潔」
               (インターネット「花言葉 由来」より転記)




いつも、デスクに立てかけて、今日は何かなと舩井幸雄語録をめくります。
「船井流 人生の気づきと学び」は舩井幸雄の言葉であり、大好きな言葉。
今日もこの言葉を胸に刻もうと・・。

皆様にも共有いただけたらと思い、今回もこの言葉をお伝えします。

【人の思いが未来をつくる】
 ―気づきと学び―
心にも道があるように思います。
ポジティブを志向する道とネガティブを志向する道
どちらを選択するか・・・・・、自分の心のあり方次第
自分で決める、決めたことに夢中になり、責任をもつ
自主的な行動に変えると、人生は楽しく豊かになります



今年も残り2ヵ月足らず。世の中が、ますます不安な情勢方向へ進もうとして、とても変化ある流れになっています。
でも、そんな苦難があるからこそ、必要、必然なことと信じ、前へ進んでいこうと思います。 読んでいただき有難うございます。  出会いに感謝!!


36周目:「はじめまして!! 今日のこの瞬間を大切にしよう」
37周目:「桜」
38周目:「レクイエム」
39周目:「音楽と祈り」
40周目:「歌に込められた想い」
41周目:「曼珠沙華に魅せられて」
42周目:「忘れない。」
43周目:「ふるさと」
44周目:「恵方参りと神社」
45周目:「桜」
46周目:「須賀神社 四谷」
47周目:「初夏を彩る花々」
48周目:「故郷へ」
49周目:「感謝とコスモス」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
・2017.11 ・2017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター