船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
YouTubeの活用
2020.6.4(Thu)
社名:(株)本物研究所
名前:三浦 慎也

いつもありがとうございます。
株式会社本物研究所、三浦慎也です。

ユーチューバーという言葉が2011年ごろに生まれ
時間が経過しましたが、
最近やっと、YouTubeそのものの
見方の幅、使い方を知ることができました。

今までは、音楽を聴く、お笑いを見る
ことだけでした。

何を気づいたかと言いますと、「本を聞く」ことです。
しかも要約してくれている。
やはり今までは、本は読むもの。
という固定概念があり、書店もしくは
古本はブックオフが定番でした。

それが、検索すれば数分で内容を
知ることができる。
画期的ツールである気づきました。

また、個人的に絵本を読んでみたい
と思ったりすることもあります。
それもYouTubeで見ることができ
なおかつ、「読み聞かせ」
というのを発見し、こちらも画期的でした。
本を読むのと、聞くのとではまたイメージ力が違ってきます。

おとなが絵本を読む、見ることで
様々な効果があるようです。
簡単にまとめますと
・脳トレ効果の期待
・癒しと安眠の効果
・イライラの解消や精神安定の効果
・新たな教えや気づきに出会えることもある
・考える力、想像力を鍛える力がある
・新しい視点を手に入れたりするのにも効果的
・右脳の視覚的な記憶を育てる働きがある

心に余裕を持たせるためにも
また、一日の疲れをリセットさせる意味でも
寝る前にちょっと時間をつくり絵本を見ることで
新たな気持ちで明日を迎える。
そんな一日のルーティンをつくっていこうと
思います。

ちなみにこの文面を書いたときに
YouTubeで読み聞かせで見た本は
「ことばのかたち」 おーなり由子著
でした。

僕は格闘技好きで
最近、女子プロレスラーの件で
言葉のことがあり
大変ショックを受けました。
そんなこともありこの本は
こころにグッとくる、
引き込まれるものがありました。

ちなみに見どころとして紹介してあったのが、
「おーなりさんが詩と絵で見せてくれるのは、
ことばのむこうにある気持ち。
たいせつな人と交わす心のかたち。
私たちは、こんなにも豊かなやりとりをしているんだと気づかせてくれます。
子どもから大人まで、一度立ち止まって、ゆっくりと体で感じてほしい作品です。」
とありました。

絵本と触れ合う時間
大切に作っていきたいと感じています。


共感等のご意見がございましたら、こちらにメッセージをお願いします。
miura@honmono-ken.com


23周目:「舩井☆SAKIGAKEフォーラムを楽しむ」
24周目:「舩井☆SAKIGAKEフォーラム 新たなこころみ『ワイルドカード枠』」
25周目:「さまざまな角度から」
26周目:「開催まで、もうすぐです。」
27周目:「自分が自分の人生に本気になる。」
28周目:「三浦の法則」
29周目:「「君が代」の奥深さ」
30周目:「電車の中であらためて感じること」
31周目:「幸せの和」
32周目:「占い師、そして出版社、飲食店、占いの館の経営、さらにコンサルタント業」
33周目:「活字ではなく漫画」
34周目:「意識」
35周目:「生命エネルギー医学」
36周目:「反省から始まる1日」
37周目:「一日の疲れを癒す3点セット」
38周目:「ツキが舞い込んでくる人生、過ごしていらっしゃいますか?」
39周目:「水の種類」
40周目:「ダイエットに挑戦された方、必読です。」
41周目:「毎月29日は“肉の日”」
42周目:「いいシャンプーの見分け方」
44周目:「2016年12月の年末に…」
45周目:「健康になる園舎」
46周目:「勝手に師匠」
47周目:「本は「わかろう」としてはいけない。」
48周目:「電子水をご存知ですか。」
49周目:「ミトコンドリアと電子」
50周目:「2018年の手帳をスタートしました。」
51周目:「ひとつの健康法」
52周目:「2018年のスタートとして…」
53周目:「副腎疲労」
54周目:「睡眠の姿勢」
55周目:「ありがとうございました。」
56周目:「サービスにホームランバッターはいらない」
57周目:「魂の継承」
58周目:「目につくもの」
59周目:「最近、耳にすること」
60周目:「手帳、10月はじまり」
61周目:「舩井幸雄が愛した「宮古島」の生命力の強いハーブに注目」
62周目:「2018年を振り返り」
63周目:「看板のないお店」
64周目:「「今なんじゃないか?」宮古ビデンス・ピローサ」
65周目:「桜、お花見、これからは「予祝」です。」
66周目:「令和!おめでとうございます!」
67周目:「最近気になる人」
68周目:「プラス発想の分解」
69周目:「メモをとる」
70周目:「人それぞれの感じ方で」
71周目:「良い世の中づくり」
72周目:「年賀はがき」
73周目:「水の音」
74周目:「気を付けないと」
75周目:「最近のキーワードとオレ流解釈」
76周目:「可能性」

バックナンバー
バックナンバー
2020年
2020.102020.092020.082020.07 ・2020.06 ・2020.052020.042020.032020.022020.01
2019年
2019.122019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

塚澤健二氏新著発売記念 特典音声プレゼント!「暴落はまだ終わっていない」 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com