舩井幸雄の「この人いいよ!」

このページでは、超幅広い舩井幸雄の人脈の中から、舩井幸雄がぜひ皆さまに紹介したいと思う人を、さまざまな角度からご紹介します。

"船井流"を貫き、株式公開!

すなおな実践が大きな結果に結びつく!

今回は、今年の2月に大阪証券取引所ヘラクレス市場への上場を果たした、ノンレザー素材の婦人靴を取り扱っている(株)アマガサの創業者・天笠悦藏社長を紹介します。
20年前に舩井の「ワンマン・セミナー」に参加して以来、「愚直に"船井流"を続けてきただけです」と語る天笠社長。舩井自身、「ともに歩んできた会社」と評する関係です。
そんな天笠社長に、自ら興した会社を上場させるに至ったプロセスを中心にお話を伺いました。

(株)アマガサ代表取締役 天笠悦藏(あまがさ えつぞう)さん

(株)アマガサ代表取締役
天笠悦藏(あまがさ えつぞう)さん

(株)アマガサの会社沿革
昭和51年6月 有限会社天笠設立。ノンレザー素材を使用した婦人靴の卸売販売を開始。
昭和60年〜 自社ブランド商品のデザイン企画・開発を目的に自社内に商品企画部を設立。
自社ブランド商品のデザイン企画・開発、卸売販売の開始。『JELLY BEANS』(ジェリービーンズ)の発表。
平成2年4月 株式会社アマガサを設立。平成13年3月  直営小売店1号店『JELLY BEANS渋谷 パルコ店』開店。
平成14年2月 カジュアル系新ブランド『MINX』(ミンクス)の発表。
平成17年3月 百貨店に直営小売店出店。(『JELLY BEANS新宿三越アルコット店』)
平成18年3月 駅ビルに直営小売店出店。(『JELLY BEANS札幌ステラプレイス店』)
平成19年2月 大阪証券取引所ヘラクレス市場へ上場。
★(株)アマガサホームページ:http://www.amagasa-co.com/
―天笠社長は、今年の2月にご自身で創業された(株)アマガサを、大阪証券取引所へ上場されたのですよね。おめでとうございます。舩井とは長いお付き合いだそうですね。
天笠:おかげさまで、今年の2月に 当社は大阪証券取引所ヘラクレス市場に株式を公開することができました。今年の4月には、舩井が上場のお祝いということで、浅草にある弊社本社に来られました。3時間ほどゆっくりしていかれましたね。
 舩井とは、約20年前に私が、(株)船井総研で舩井がやっていた「経営戦略セミナー(通称・フナイ・ワンマンセミナー)」に参加して以来、セミナーに参加したり、(株)船井総研のコンサルティングを受けたりと、ずっとお付き合いをさせていただいています。
 最初にそのセミナーに参加したのはほんの偶然で、「こんなセミナーがあるんだったら行ってみようかな」という程度の軽い気持ちでしたが、それを聴いて、面白いなと思ってすぐに会員になりました。
 20年前に舩井に出会った頃、私共の会社というのは、社員が10人ほどしかいませんでした。それが、舩井の講演を聴きに行くようになって、そのとおりに実行していったら徐々に会社も成長していきました。
―20年前と現在とでは、舩井の話にはずいぶん違いがあるのではないでしょうか。当時はどのような話をしていたのでしょうか?
天笠:いや、そうでもないのです。20年前から、現在にも通じることをお話していました。たとえば「これからは"美と健康"」だとか「一番化することが大事」とか「人間力だ」・・・とか。当時からそんなことをおっしゃっていましたね。
 昭和62年といえばバブルが始まった頃です。その頃、様々なコンサルタントや経済評論家の方々がバブルを盛り上げるような好きなことを言っていました。そしていざバブルがはじけると、自分たちがバブルをあおるようなことを言っていたことにはまったく触れませんでしたね。

「経営戦略セミナー(通称・フナイ・ワンマンセミナー)」のテキスト。ビッシリとメモされています。

「経営戦略セミナー(通称・フナイ・ワンマンセミナー)」のテキスト。
ビッシリとメモされています。

 そんな中、舩井は昭和62年当時から「単純で分かりやすい方がいい」とか「肯定するのがいい」、「自由がいい」、「包みこむのがいい」、「プラス発想がいい」、「必要必然」、「組織はトップによって決まる」など、現在と変わらないことをセミナーのたびに言っていたのです。
 そしてそれをすなおに実行していたら、会社を上場までさせることができたといういわけなのです。言ってみれば教育されたというよりも、しつけられたと言った方がいいかもしれませんね。勉強だったら一度勉強したらそれで卒業ですから、勉強ではないですね。舩井から同じことを何回も何回も聞いているうちにそれが自分の中にしみ込んできて、それが形になってきたという感じなのです。
講演ではいつも答えをくれる
天笠:そしてセミナーにはたいてい、経営上で自分が「困った」と思うさまざまな問題を携えて参加していました。すると不思議と、セミナーの中に必ずその答えが含まれていたのです。
 たとえば、3つ選択肢があり、どれを選ぶか迷っている時にセミナーに行くと、それに関連する成功事例の紹介などが出てきて、必ずアンテナに引っかかるものがあったのです。疑問点を持って参加すると、必ず答えが出てきました。しかも毎回です。その代わり、疑問点を持って行かないと何も答えが出てきませんでしたね。
―それは、自分が抱えている問題を個別に質問して、答えてもらうということではなく、セミナーの中にその答えが偶然あるということですか?

(株)アマガサ代表取締役 天笠悦藏(あまがさ えつぞう)さん

天笠:ええ、自分から個別に相談して答えをもらうということではありません。必ずセミナーの中に、「ああ、これが答えなんだな」と思える内容が出てくるのです。そして私も難しいことは考えずに、すなおにそれに沿った行動を起こしていました。「すなお、勉強好き、プラス発想」がいいですしね。
 舩井はあらゆる業種をまわっているから、その考え方は業種を問わず普遍的なのですね。だから、セミナーには必ず自分の中で疑問や質問を用意して参加するようにしていました。
―それでは、これまでの会社経営の中で大変な時期というのはなかったのでしょうか?
天笠:それはいろいろありますよ。例えば95年に起こった阪神大震災の時ですね。私共の靴工場は100%神戸にありますから、震災の影響で、半年間全く商品が入ってこないという状況があったのです。じゃあそれをどうやって乗り越えたかという話も"船井流"でした。
―具体的には、どうやって乗り越えられたのでしょうか?
天笠:震災に直面した時、「あ、これは私にとって必要必然で起こったことだろう」と捉えたのです。
 そして次にしたのが"イメージ化"です。「イメージ化すると、それが現実になる」と、舩井はいつも言っているでしょう。だから、「これをこうすると、このくらいのお金が必要で、こういうふうにやると、こうなるだろうな」と、具体的にイメージを描いたのです。
 現実的にどんなにきびしい状況であっても、会社がつぶれるなんて絶対に思わないのです。たとえばそういう非常事態だから、「今月お金が1億円足りない」という現実もあったわけです。
 そこで銀行へ行って、「これこれこういう理由で、今月1億円足りないので融資してください」と言うと、当然銀行からは商売状況について聞かれます。すると「これこれこういう形でなんとかなります」と答えるわけです。イメージを描いて確信を持っているので、心配せず、自信を持って答えているのです。「1億円足りない」と、深刻な顔をしてお金を借りに行くのではなく、ニコニコした顔をしてお金を借りに行ったわけですね。そうすると、銀行の支店長もだまされたんでしょうね。すんなりお金を貸してもらえたのです(笑)。

(株)アマガサ本社近くにあるショールーム。若い女性をターゲットとしたファッショナブルな靴が並びます。

(株)アマガサ本社近くにあるショールーム。若い女性をターゲットとしたファッショナブルな靴が並びます。

 イメージ化し確信を持っていたから、そんなに深刻にとらえる必要性がなかったんですよ。
―すなおに"船井流"を実行することで、会社を上場までさせられたというのは本当にすごいですね。といっても、その他にも特別な良い習慣などもお持ちなのではないでしょうか?
天笠:いや、本当に特に何もないですよ(笑)。普通の人間が、小さな規模から会社を始め、20年ほど前に舩井と出会ってから"船井流"をただ真面目に実行してきただけですよ。1ヵ月に1度セミナーを聴きに行ったら、基本については、毎回同じようなことをおっしゃるわけです。
 それは、教えが変わらない、信念が変わらないと言えるのです。20年前に考えたこと、先読みしたことが、今の世の中にもまだ通じるということは、生徒の立場からすると、「20年前から全く同じことを言っているな」という見方と、「20年前に今日を予測して、20年間ずっとこれを言い続けてきたのか」という両方の見方がありますよね。  
 舩井にはいろんなことを教えてもらって、ひとことでいうと、「おかげさまで株式を公開するような会社になれた」ということですね。

(株)アマガサの靴は、人気の女性誌にも多数掲載されています。

(株)アマガサの靴は、人気の女性誌にも多数掲載されています。

―天笠社長、今日は興味深いお話を聞かせていただき、どうもありがとうございました。
舩井幸雄よりのコメント
天笠社長の「すなおさ」と「成功の確信」が、アマガサの成功のポイントだと思います。
後継者も、船井総研の社員として勉強してもらいました。
船井流を、よく知っているでしょう。
今後、さらによい会社になることを期待しています。
舩井幸雄よりのコメント
★(株)アマガサホームページ:http://www.amagasa-co.com/
バックナンバー
15/11 療術師 柳原 能婦子さん
13/04 麟誠鍼療院 院長、株式会社 鳳凰堂 代表取締役社長 土田 裕三さん
11/09 かをり商事株式会社 代表取締役社長 板倉敬子さん
10/11 作家 加治将一さん
10/04 コズミックアカデミー 代表 天野 聖子さん
09/12 NOVO CLINIC(ノボ クリニック) 院長 龍見 昇さん
09/06 陸上自衛隊 小平学校 人事教育部長/1等陸佐 池田 整治さん
09/02 (有)作芸人磨心(サウンドマシン)事務所 代表取締役、NPO全国元気まちづくり機構 理事長 野尻博さん
08/11 「聖書の暗号」研究家。作家 伊達巌さん
08/07 小学校教師 岩堀美雪さん
08/06 博士(人間科学)・感性カウンセラー 志岐幸子さん
08/04 日本弥栄の会 代表 中矢 伸一さん
08/02 「構想日本」パブリシティ担当ディレクター、「日本家庭生活研究協会」常務理事 西田 陽光さん
08/01 DLコミュニケーションズ 尾辻 かおるさん
07/12 (株)オリエンタル 代表取締役尾崎 友俐さん
07/11 国際医療福祉大学 医療経営管理学科教授・学科長 高橋 泰さん
07/10 薬剤師 荒井 義雄さん (株)テクノエーオーアジア 代表・工学博士 増川 いづみさん
07/09 丹田研究所 所長 佐々木 了雲さん
07/08 (株)アマガサ 創業者・天笠悦藏社長
07/07 (株)コンプラウト 社長 佐藤じゅん子さん
07/06 洋菓子界のカリスマ・今田美奈子さん
07/04 伯天製薬(株)代表取締役社長 豊福 政子さん
07/03 名桜大学教授、琉球大学名誉教授、農学博士比嘉 照夫さん
07/01 日本気導術学会会長 鈴木眞之さん
06/12 外科医・消化器内視鏡学会認定医 ・医学博士 土橋 重隆さん
06/11 (株)アポロ科学研究所 末廣淳郎社長
本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター