船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
川の風景
2014.12.15(Mon)
社名:(株)船井メディア
名前:小島 聖加

 みなさまこんにちは。
 いつも『舩井幸雄.com』をご覧いただき、誠にありがとうございます。

 船井メディア 小島聖加です。

 秋に引っ越しを行いました。
 引っ越しをする前の家には昨年から住んでおりました。
 場所を重視して家を選びましたので、アクセスは良かったのですが、家が大変狭く、物を置いたら、動くのがやっとでした。

 前職ではほぼ家にはいなかったので、狭さには耐えられましたが、家にいる時間が増えるにつれ、我慢の限界となり、引っ越しを決意しました。

 数多くの物件を内見していると、どれもよく見えてしまい、選ぶのに大変苦労しました。
 できれば、会社から近い方がいいし、それだと家賃が高くなるし……

 この家に決めた理由は、多々あるなかで一番は家の周りの景色です。
 家の前には川が流れていて、遠くにはスカイツリーが見えます。
 駅に行くには毎日川にかかった橋を渡ります。

 内見したときに夕暮れの道を渡ったときの景色が忘れられませんでした。

 前の家では自然は近くにほとんどありませんでしたが、実家から徒歩5分の場所に公園がありました。公園といっても遊具が置いてある砂利の公園ではなく、小川が流れている、まるで森の中にいるような公園です。

http://1000enpark.com/park/kanagawa/saga_tyuuou/douhogawa.html

 私はこの場所が好きで、ことあるごとに公園に向かい、川を眺めていました。
 この時のイメージがずっと残っていた気がします。

 夕暮れの道を通った時、それが思い出した気がしました。
 皆さまも自分の胸に残っているイメージ、風景を大切にしてください。

 お読みいただき、ありがとうございました。


25周目:「チャンスがやってくる瞬間」
26周目:「歴史の重み」

バックナンバー
バックナンバー
2019年
2019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
・2014.12 ・2014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター