中村陽子の都会にいても自給自足生活

このページは、認定NPO法人「メダカのがっこう」 理事長の中村陽子さんによるコラムページです。
舩井幸雄は生前、中村陽子さんの活動を大変応援していました。

メダカのがっこうには、以下のような3つの宣言があります。

1.私たちは、田んぼから瑞穂(みずほ)の国日本の自然再生をします。
2.私たちは、お米中心の一汁一菜の食事で日本人の心身を健康にし、食料自給力をつけます。
3.私たちは、命を大切にする農家と手をつなぎ、生きる環境と安全な食料に困らない日本を次世代に残せるような先祖になります。


このコラムでは、「メダカのがっこう」での活動内容や、様々な経緯で「メダカのがっこう」に参加された方々のご紹介や、健康のための大切な情報などをお届けしていきます。

2022.09.20(第95回)
子どもたちのために立ち上がったカッコイイ首長さん紹介

 今私は10月26日に開催される全国オーガニック給食フォーラムの資料集造りをしています。その中の1ページに、「子どもたちのために立ち上がったカッコイイトップたち」があり、全国から21自治体の首長さんからオーガニック給食実現へのメッセージを頂いています。経済効率優先の流れを押しとどめ、子どもたちのために安全に生きていける食と農業と環境を残そうと思い切った政策を実行している個性的な首長さんがたくさん出てきています。地方自治体から日本が良くなっていくのが分かります。
 その中で、今回の実行委員長であるいすみ市の太田洋市長のメッセージに感動したので、今日はそれを紹介します。


 

*   *   *   *   *


 次代を担う子どもたちには、なるべく体に良いものを食べさせたい。全ての大人たちに共通する願いです。
 有機農産物を生産する農家はどうでしょうか。安心・安全な農産物が子どもたちの健康に役立つのなら、こんなに嬉しいことはないはずです。
 いすみ市の有機米100%の学校給食は、このような純粋な想いからはじまりました。これには市民も議会も全く反対せず、今では、市民の大きな誇りになっています。

 ながらく私たちは、効率やコストを追い求める社会を築いてきました。これは子どもたちを取り巻く社会にとっても例外ではなく、学校給食や農業分野もまた同じです。現代において、先に述べた理想を現実のものとするのなら、これまで私たちが築いてきた慣例の厚い壁につきあたります。そのため、次世代に向けた責務を果たそうと想いをもった方々が中心となり、国も自治体も市民社会も一体となって、創意工夫のもと、優れた知見に学び、見えた課題を共有しながら、さらには諸外国にも大いに学び、決してあきらめることなくこれを進めていかなければなりません。この度、有志が一堂に会する「全国オーガニック給食フォーラム」は、まさに画期的、歴史的な機会です。

 現在、私たちが直面している課題は、喫緊の課題であると同時に、次代を見据えた課題であり、私たちが導き出す答えは持続可能性に資するものでなければなりません。その重要性を受け止め、決して先延ばしにせぬよう覚悟が必要です。どの道、楽な道は残されていません。国が定めた「みどりの食料システム戦略」は、農村、都市共生のもとにある我が国再興のチャンスと受け止めるべきです。そして、みどり戦略に謳われた「有機公共調達」とその太宗をなす「オーガニック給食」こそが、未来に希望をもたらす大きな鍵であります。諸外国の躍進がそのことを示唆しています。

 オーガニック給食が進むことで、いくつもの希望が見えてきます。第一に、これまで売り先がなかなか見つからず、有機農業に一歩踏み出せなかった人の背中を強く押すことになるでしょう。現代において、頑張る人のチャレンジを応援することが何よりも重要です。
 子どもたちは、どうでしょうか。これまでになく食材と食材の裏側にある農家や田畑、田畑に暮らす生きものに関心を寄せることになるでしょう。これは農業や農家が本来の評価を取り戻す大きなチャンスです。
 親たちはどう思うでしょうか。我が子を大事に扱う姿勢に総じて感心するに違いありません。そして、その関心もまた、子どもたちと同じく、食材や食材を生み出す人、大地に向かっていきます。家庭での食に対する改善も期待され、今までずっとスローガンで終わってきた地産地消にも本格的に取り組めるようになるでしょう。

 私たちが考える「より良き食」があるのなら、それこそ次代を担う子どもたち、みな平等に、しかも毎日のように提供できる、学校給食において実現させるべきです。私たちの社会のどこにも、学校給食以上に最適な機会はありません。労を惜しまず、手間暇かけて取り組む価値がここにあります。
 食べ物は人の体も、そして心も作ります。私たちは今、持続可能性という世界共通の極めて手強い課題に直面しています。これを乗り越えていく次世代を、持続可能性に富んだオーガニック食材で育てることが、私たち現代の大人たちに課せられた使命です。

 東京都中野区において、千人を超える大人たちが歴史的な第一歩を刻みます。この日を大成功させ、次々へとオーガニック給食の輪を全国に広げていきましょう。


全国オーガニック給食フォーラム実行委員会   
実行委員長 太田 洋(千葉県いすみ市長)


*   *   *   *   *


 この首長さんたちが、今日本に2回目の有機の風を吹かしています。1970年代の1回目の有機の風のきっかけは何だったと思いますか? それは、母乳からBHC(※ベンゼンヘキサクロライドC6H6Cl6の略称。有機塩素系殺虫剤の一種)が検出されたことです。農協のトップだった一楽照雄さんが近代農法の間違いを猛反省して日本有機農業研究会を作ったのです。
 今だって、すべての日本人の尿からネオニコチノイドが検出されているし、母乳からも出ているのです。では、昔と今の違いは何でしょう。母乳の事件は日本中のマスコミが書きたてましたが、今すべての日本人の尿からネオニコチノイドが検出されていてもマスコミは書きません。
 それと昔の日本人は今より健全な精神を持っていたので、一大事と受け取れたのですが、今は恐ろしい事実に麻痺して日常に埋没してしまいます。今母と子のために立ち上がった首長さんたちは、政治家として最も重要な仕事をされているので、どんなに大変でも喜びに満ちたお顔をされています。太田市長と一緒にこの風を日本中に吹かせましょう。みんなで参加してください。
 https://organicschoollunchforum-1026.peatix.com


バックナンバー
22/11

オーガニック給食を支える有機農業技術大集合

22/10

正義は勝つこともある

22/09

子どもたちのために立ち上がったカッコイイ首長さん紹介

22/08

有機給食にトップダウンの時代がやってきた!

22/07

田んぼカフェでもシードライブラリー始めました。

22/05

食料危機が来ることは悪くない

22/04

食品表示をさせない問題について考える

22/03

最近気が付いた黒焼きの正体

22/02

子どもを元気にする「生命尊重食」=有機給食をいまこそ文科省にお願いしましょう!

22/01

有機給食へのはじめの一歩

21/12

国が推進するゲノム編集の進捗状況とOKシードプロジェクトの中間報告

21/11

私の炭生活

21/10

導かれて炭に目覚めた私の炭遍歴

21/09

秋にこそ楽しむマコモの浄化力

21/08

今は亡き稲葉光國先生の功績に感謝して

21/07

映画「食の安全を守る人々」

21/06

OKシードマークをご紹介します。

21/05

有機給食を支える技術と政策、育てる心

21/04

野菜の栄養価をみえる化したら…有機給食が実現する

21/03

ゲノム編集トマトの苗分け始まってしまいます!

21/02

こんな町に住みたい 元気な子が育つ自治体調べてみました。

21/01

有機給食と有機農業の素晴らしい関係が始まりました

20/12

日本人の遺伝子配列が教えてくれる伝統和食

20/11

種苗法改正案の慎重審議をお願いする活動に協力してください。

20/10

種苗法改正は11月強行採決の予定。反対の声を#で届けましょう!

20/09

有機給食全国集会のご報告

20/08

食べ物を変えたいママプロジェクト 一人から始めるママたち

20/07

そうだったのか種苗法改正

20/06

私のナウシカプロジェクト 自然再生葬編

20/05

種苗法改正って何? 賛否両論の理由と、どうしてもわからない大きな矛盾

20/04

WorldShift 不安から慈愛へ 〜コロナが教えてくれたShift〜

20/03

私の安上がりシンプルライフ

20/02

こんなに元気な子が育つ有機の和食給食

20/01

みんな母親たちの味方です。敵はいません。頼りにしましょう!

19/12

自家増殖原則禁止とは(種苗法改正が次の国会で通ってしまうと大変です)

19/11

私の一番の味方でいてくれた母を偲んで

19/10

2019年12月2日〜12月12日 アメリカを変えたママがやって来る!日本のお母さんたちも、アメリカのママたちに続こう!

19/09

ゲノム編集について知っていてほしいこと

19/08

今一番の緊急課題。それは子どもの食を有機にすること!

19/07

人も自然も健康を取り戻すのはとても簡単です。

19/06

韓国の有機栽培面積が日本の18倍になっているのはなぜ?

19/05

不調の原因が一つ明らかになりました。小麦とパンを変えましょう!

19/04

やっぱり、人間の腸能力はすごい!

19/03

今年も醤油を搾って、来年のもろみを仕込みました。

19/02

種子法廃止後、最新状況をご報告します。

19/01

田の草フォーラムに来てもう一つの国を生み出す仲間になって!

18/12

第8回田の草フォーラムin東京 草と向き合う田んぼの達人が集合します!

18/11

千葉県いすみ市で全市で有機米給食が始まりました。

18/10

原発と自然エネルギーと火力発電や水力発電の関係

18/09

40年前、子どもの命を支える食に立ちあがった人たち
―高取保育園、麦っこ畑保育園のお話―

18/08

ガン細胞のエサを解明したコリン・キャンベル博士の研究

18/07

私のナウシカプロジェクト

18/06

食と農に大異変

18/05

家族の健康を守るためにできること

18/04

種子法廃止とTPPとISD条項の関係を知っていますか?

18/03

本当に恐ろしいのは大自然の逆襲です

18/02

改めて農薬の害を知ろう!

18/01

最近感動したことと考えたこと。

17/12

ダーチャを知っていますか? 種播く土地を持つ人間は最強です。

17/11

知ることは力になる 知っている国民になろう!

17/10

衆議院選挙の当選者に5つのお願いを出しました。

17/09

もう一つの国づくりと裏の世界

17/08

8月2日種子法学習会の報告とまとめと見えてきた方向

17/07

怒涛のように崩壊する日本の食の安全

17/06

拝啓 安倍晋三内閣総理大臣殿

17/05

種子法廃止につづいて品種の多様性と種子情報が奪われる!

17/04

日本の種と自家採種の権利が大変なことになっています!

17/03

野草の季節が始まりました。なぜ野草なのか。

17/02

自家採種を守っている農家たち

17/01

お米の優位性10項目

16/12

恐るべき田んぼの生産力

16/11

「食は命」を知っている料理人

16/10

田の草フォーラムのことで頭がいっぱい

16/09

米飴を作ってみてわかったこと

16/08

知恵と技を極めているじいちゃんばあちゃん(ご先祖様)のあとに続け!

16/07

炭の研究開始に当たり、3人の炭焼き名人に会ってきました。

16/06

炭の力を体験しました。

16/05

生きものいっぱいの田んぼへ行こう!(メダカのがっこう紹介)

16/04

野草を愛する人は自然を理解してほしい。

16/03

もし逆表示でなかったら農産物はどういう表示になるのか
―遺伝子組み換えの表示が消されていく―

16/02

遺伝子組み換え作物に対するメダカのがっこうの考え

16/01

塩で本当に心配しなければならないこと

15/12

日本人の乳酸菌の宝庫、たくあん・ぬか漬けは自分で作ろう。

15/11

梅干しは日本人の食養生の基本

15/10

砂糖や甘味料が自給自足生活と相容れない理由(わけ)

15/09

これぞ現代の最強サプリメントだ!
〜米・味噌・梅干し・黒焼きという高機能食品の恩恵に浴そう〜

15/08

日本人は昔から味噌という高機能サプリを持っている

15/07

自家採種できる種を子孫に残すオイルプロジェクト

15/06

赤峰勝人は現代の食医だ!――アトピーが治らないわけ

15/05

今こそ、本物の米、味噌、梅干し、黒焼きが必要なわけ 

15/04

新潟県阿賀町に元氣な糀ばあちゃんあり(山崎京子さんの場合)

15/03

醤油造りのご先祖様

15/02

次世代のために「なんでもやるじゃん」メダカのがっこうの理事Mさん紹介

15/01

子育て介護を終えて、地球とみんなの元気のために生きる

14/12

東京から移住、田舎で子育てをするホームページビルダー

14/11

「自給自足くらぶ」でどんどん幸せに

14/10

都会にいても自給自足生活のおすすめ

Profile:中村 陽子(なかむら ようこ)
中村 陽子(なかむら ようこ)
首のタオルにシュレーゲル青ガエルが
いるので、とてもうれしそうな顔を
してい ます。

1953年東京生まれ。武蔵野市在住。母、夫の3人家族。3人の子どもはすべて独立、孫は3人。 長男の不登校を機に1994年「登校拒否の子供たちの進路を考える研究会」の事務局長。母の病気を機に1996年から海のミネラル研究会主宰、随時、講演会主催。2001年、瑞穂(みずほ)の国の自然再生を可能にする、“薬を使わず生きものに配慮した田んぼ=草も虫も人もみんなが元氣に生きられる田んぼ”に魅せられて「NPO法人 メダカのがっこう」設立。理事長に就任。2007年神田神保町に、食から日本人の心身を立て直すため、原料から無農薬・無添加で、肉、卵、乳製品、砂糖を使わないお米中心のお食事が食べられる「お米ダイニング」というメダカのがっこうのショールームを開く。自給自足くらぶ実践編で、米、味噌、醤油、梅干し、たくあん、オイル」を手造りし、「都会に居ても自給自足生活」の二重生活を提案。神田神保町のお米ダイニングでは毎週水曜と土曜に自給自足くらぶの教室を開催。生きる力アップを提供。2014年、NPO法人メダカのがっこうが東京都の認定NPO法人に承認される。「いのちを大切にする農家と手を結んで、生きる環境と食糧に困らない日本を子や孫に残せるような先祖になる」というのが目標である。尊敬する人は、風の谷のナウシカ。怒りで真っ赤になったオームの目が、一つの命を群れに返すことで怒りが消え、大地との絆を取り戻すシーンを胸に秘め、焦らず迷わずに1つ1つの命が生きていける環境を取り戻していく覚悟である。
★認定NPO法人メダカのがっこうHP: http://npomedaka.net/

数霊REIWA公式サイト 佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note