船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
今日を真剣に生きる (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.2.13(Fri)
社名:(株)船井メディア 「Just」制作部&「ザ・フナイ」編集部
名前:平田 友子

『JUST』2月号パンフレット

 みなさま、こんにちは。いつも『船井幸雄.com』をご覧くださいまして、ありがとうございます。
 立春が過ぎ、暦の上では春になりました。先日、熱海を訪れた際に立ち寄った梅園では、5〜6分咲きで、ちょうど見ごろでした。まだまだ寒い日が続いていますが、自然は着実に日々の歩みを止めず、春に向っていると感じました。

 今回は、(株)船井メディア発行のリスニングマガジン『Just』ビッグトーク(2009年2月号)にご登場くださいました坂本政道さんのインタビューを聴いて感じたことをお伝えしたいと思います。

 坂本政道さんは、モンロー研究所のレジデンシャル・トレーナーとして、また、体外離脱の体験者として、魂の世界を探訪する第一人者であり、『死後体験』シリーズ(ハート出版)や『2012人類大転換』(ハート出版)など、多数の著書があります。船井会長も坂本さんの著書『楽園実現か天変地異か』(アメーバブックス新社)や『2012年 目覚めよ地球人』(ハート出版)をできるだけ読んでほしい本と紹介なさっています。また、船井幸雄オープンワールド2008でもご登場いただき、ご存知の方も多いと思います。

 『Just』2月号では、坂本さんがアメリカでバシャール(ダリル・アンカ氏をチャネラーに、見えない世界を語る宇宙存在)と対談したそのリアルな内容をお話しくださっています。
 バシャールによれば、地球の未来にはパラレルワールドともいうべき「複数の現実」が並存しており、どの現実が未来化するかは、自分自身の意識によって変わるそうです。したがって、今、体験している世界は自分の信念が現実化しているものであり、未来においても同様に、私たち一人ひとりが、シナリオの異なる世界をつくることになるそうです。

 そうであるならば、どのような信念を持って生きていけばいいのでしょうか?

 自分の意識が自分の体験する世界を創っているということは、自分の意識を高めて、不安や恐れ(ネガティブ)に焦点を当てるのではなく、喜び・安らぎを得る方向(ポジティブ)に持っていけばよいのではないでしょうか。船井会長も「ポジティブ人間になりましょう」とよくおっしゃいます。

 「すべては振動である。だから、振動数をそれぞれの特有な振動数に合わせるだけ」
 「自分が変わろうとしなかったり、自分が普段の生活で、今まで通りの発想をしていたら、変わらないわけですね……、日々の生活が一番重要になってくるんです」
 「自分にとってすごく苦しい問題だって出てくる、それを“ありがとう”と出てきてくれましたと、それを自分なりに受けとめ、問題のもとに何があるのかと。自分の信念のどういう誤った信念をしているから、こういう問題が出てきたのか、ということをみる機会なんですよね」

 という坂本さんの言葉が心に残りました。

 自分が合わせた振動(意識)のところに自分が行く(合わせる)と気持ちを向けながら、日々を「一日一生の精神」で生きて、問題が起こったら、その原因を探して自分を変えていく、ということを改めて学びました。

 今、世界中で金融危機が叫ばれ、何となく不安な気持ちになることがあるでしょう。 しかし、こんなときこそ、自分の意識をどこに置くかにかかってきます。ネガティブに合わせるのではなく、ポジティブに気持ちを保つこと。もちろん、精神世界ばかりを追い求め、フワフワするのではなく、“しっかりと地に足をつけた生活”が基本です。

 ぜひ、坂本政道さんのインタビュー『Just』2月号ビッグトークをお聴きになってみてください。ピラミッドのお話も少し出てきます。そして、今日一日を真剣に生きてみましょう!

 お知らせ:『ザ・フナイ』2009年3月号のTOP対談にて、船井会長と坂本さんの対談を掲載いたします! どうぞ、お楽しみに♪


1周目:「私が“本物”になるためのバイブル (テーマ:船井会長から学んだこと)」
2周目:「船井会長との出会いの本 (テーマ:船井会長から学んだこと)」
3周目:「確信。 (テーマ:船井会長から学んだこと)」
4周目:「「いま二人が一番伝えたい大切なこと」を読んで (テーマ:最近読んでオススメしたい本)」
5周目:「成功へと導く“バイブル” (テーマ:最近読んでオススメしたい本)」
6周目:「健康になる方法がわかる波動機器 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
7周目:「「新潟・豪農の館」を訪れて (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
8周目:「2007年を振り返って (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
9周目:「船井会長へ、エィッ!“おもい”は伝わる (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
10周目:「ホ・オポノポノを実践しよう! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
11周目:「食生活を見直そう! (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
12周目:「気の力 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
13周目:「道教・老荘思想とは何かを考えてみました (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
14周目:「「食」とは、人が良くなること (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」
15周目:「「言霊の力」と名前の秘密 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)」

バックナンバー
2009.02.27: 本多静六 健康長寿の秘訣 (テーマ:最近読んでオススメしたい本)
2009.02.26: 奇跡のリンゴ (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.02.25: わたしの御朱印帖 〜思いがけない母とのコミュニケーション〜 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.02.24: 問いと共に生きる (テーマ:仕事をしていて感動したこと)
2009.02.23: 朝倉慶先生の衝撃レクチャー! (テーマ:最近読んで感動した本)
2009.02.20: 参加者の方の優しさにふれた「お伊勢参りの旅」 (テーマ:仕事をしていて感動したこと)
2009.02.19: 食の常識・非常識 「お米」編(テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.02.18: 神との対話 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.02.17: 人のつながりの時代。 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.02.16: 良い想いを袋に詰めて (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.02.13: 今日を真剣に生きる (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.02.12: 病気に「なる」、「かかる」の違い (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.02.10: 結婚20年を振り返って (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.02.09: 上司の背中 (テーマ:仕事をしていて感動したこと)
2009.02.06: 一陽来復 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.02.05: KJ法とMN法?! (テーマ:船井会長から学んだこと)
2009.02.04: ポジティブ人間になりましょう (テーマ:船井会長から学んだこと)
2009.02.03: ほびっと村学校を紹介します (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2009.02.02: 人生で大切なもの (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
ほんものワイン原産地ジョージア 塚澤健二氏新著発売記念 特典音声プレゼント!「暴落はまだ終わっていない」 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com