船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井幸雄グループスタッフによるコラムページです。
日々仕事をする中で感じていることなどを自由に語ったページです(このページでは、便宜上、船井幸雄を“船井会長”と呼び、敬語表現を使わせていただいています。ご了承ください)。

船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
モテる人 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.3.10(Fri)
社名:(株)船井本社 秘書室
名前:藤原 かおり  

 こんにちは。株式会社船井本社の藤原かおりです。「船井幸雄.com」の担当をさせていただいております。さて、この「社員からみた船井幸雄」のコーナーもいよいよ6周目に入りました。おかげさまでこのコーナーは変わらず大変ご好評をいただいております。本当にどうもありがとうございます!これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

 さて私は「船井幸雄.com」のほかに、船井会長が主宰する研究会や、そのスタディツアーなどにも参加させていただいております。これは主に会社の経営者や企業のトップの方が会員さんになっている会です。これらに参加させていただいたり、また、会長と同行する機会があったり、社内でも会長に接するチャンスが増えるにつれ、改めて感じることがあります。
 それは、船井会長は異常に“モテる”ということです。
 会長と接する人の中には、利害関係を優先している人もそれなりにはいると思うのですが、それでも純粋に会長のファンだったり、心から「船井さん大好き〜!!」という人が圧倒的に多いように思います。もう老若男女を問わず、皆内心はまるで子供のように、船井会長のことが好きで、認められたり、ほめられたくて一生懸命なのです。
 船井会長は、「皆、ほめてもらえたらうれしいって言うから、いいとこ見つけてほめるんだよ」と言います。
 考えてみると、世の中には意外と「ほめてもらいたいから」という、ただその理由で頑張ってきた人は多い気がします。子供の頃から、親や学校の先生にほめてもらいたくて、まわりの友達には「すごいやつ!」と思われたくて、ただそういう理由で頑張ってきた人は意外と多いのではないでしょうか?
 そしてそのような人は、実際に才能があったり、人一倍努力することが多いので、大人になっても頭角をあらわし、会社を経営したり、企業のトップになることが多いと思います。しかし、いざ自分がトップになってしまうと、誰も自分をほめてくれないのです。「ほめてもらいたくてここまでやってきたのに〜〜!!」というジレンマを多くの経営者や企業のトップの方は持っているのかもしれません。そこで、そういうジレンマを察知して、船井会長は、「よく頑張ってるね、あなたのこういうところ、すごいね」とほめるのです。そうすると、大の大人であろうと、大きな会社の威厳ある社長であろうと、もう会長にメロメロ、とりこになってしまうのです。
 このように船井会長は、その人がその時、一番してほしいと思っていることをうまく察知して、それを惜しみなく与えてくれています。しかもとても楽しんでそうしているようにも思えます。
 そしてふと、「では自分はいったい、会長に何を求めているのだろうか、どういうときに一番うれしく思うのだろうか」と振り返ってみました。「う〜〜ん」と考えてみると、やはりそれは、私の「いろいろなことを知りたい!」という欲求(好奇心)を存分に満たしてくれ、さらに自分が頑張ったときには「よく頑張ったね」とほめてくれることなのだと思います。認めてもらえた気持ちになり、うれしいのです。
 さらに会長自身が明らかに一番よく働き、言うこととやることが常に一致しているので、非常に尊敬できるということです。といっても、まわりに自分と同じような完璧さを求めるでもなく、それぞれを自由にさせ、大らかに見守ってくれているという感じなのでとてものびのびとでき、癒されるのです。  
 このように、万人にいつも大きな愛を与え、いつもエネルギッシュで優しい船井会長が人にモテるのは当たりまえでしょう。そのそばで、私も船井会長のいろいろなエッセンスを学ばせていただきたいなと思います。


1周目:「いつまでも挑戦者」
2周目:「会長と農業」
3周目:「引き出しの多さにビックリ! (テーマ:私からみた船井幸雄)」
4周目:「上司としての船井会長は・・・ (テーマ:私からみた船井幸雄)」
5周目:「“直感力”から見えてくること (テーマ:私からみた船井幸雄)」

バックナンバー
2006.03.31: 相手が気持ち良くなる応対 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.03.30: 私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”(?)
2006.03.29: 地に足をつける (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.03.28: 声の挨拶 “心届いてますか” (テーマ:船井会長に伝えたいこと)
2006.03.27: 会長室で学んだこと (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.03.24: ちょっとお伝えしたいこと (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.03.23: 素直に感謝 (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
2006.03.22: 心を伝えあう強さ (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.03.20: (株)船井メディア10周年記念新春講演会・神田昌典氏セミナーを聴いて
2006.03.17: 会長のお嬢さんの書籍が出た〜 (テーマ:私から皆さまにお伝えしたいこと)
2006.03.16: 私からみた船井会長 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.03.15: 聖と俗と (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.03.14: 人生は修行!? 仕事と遊びを一体化する!? (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.03.13: 上手に正しく生きるための「基本」とは? (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2006.03.10: モテる人 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.03.09: ビックリ! 会長が…… (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.03.08: 気配り (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.03.07: 船井会長に質問してみました。 (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.03.06: 「謙虚さ」について (テーマ:私からみた船井幸雄)
2006.03.03: 「人は生まれ変わる」を読んで考えました。
2006.03.02: ライブドアショック、そして共生へ (テーマ:私が強く影響を受けた船井会長の言葉)
2006.03.01: かがみの法則 (テーマ:私が仕事や生活の中で取り入れている“船井流”)
佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note