“超プロ”K氏の金融講座

このページは、舩井幸雄が当サイトの『舩井幸雄のいま知らせたいこと』ページや自著で、立て続けに紹介していた経済アナリスト・K氏こと
朝倉 慶氏によるコラムページです。朝倉氏の著書はベストセラーにもなっています。

2022.06
中国、健康コードを乱用する当局

「我が国の方針をねじ曲げ、疑い、否定するすべての言動を断固戦う」
 5月5日、中国の習近平主席は共産党政治局常務委員会の会議を招集して、ゼロコロナ政策を堅持する方針を内外に明らかにしたのです。
もはや中国のゼロコロナ政策の堅持は党の最も重要な事項であり、この方針に逆らうような言動や行動は、すなわち党に歯向かう勢力と認定されてしまうようです。
 中国における共産党の方針は絶対です。この圧倒的な党の強い意志の下、中国の人々は日夜、コロナの検査を義務付けられ、場所によってはPCR検査が連日行われている模様です。このPCR検査も基本的に48時間しか有効でなく、人々は絶えず検査をやり続ける必要があります。その健康の証明として、人々に健康コードが付与されるわけです。
 健康コードでは、緑は陰性、黄色は注意、赤は陽性というわけで、仮に健康コードが赤になった場合は、施設に閉じ込められるか、自宅に監禁されるかで行動の自由は完全に奪われます。いわば中国においては健康コードが赤になった瞬間からすべての自由は束縛されて、当局の監視下において陽性が陰性に変わるのを待たなければなりません。中国ではこれだけ徹底したコロナ対策を行ってきましたので、感染者および死亡者は世界各国の状況に比べて格段に低く抑えられているわけです。
 しかしながら驚いたことに、この健康コードを当局が乱用して、人々の行動を監視、規制することに使い始めたというのです。この恐るべき監視体制とその効果には驚愕するしかありません。いうなれば当局に逆らおうとする者はいつの間にか、健康コードが赤にされてしまって、何もできなくなってしまうというわけです。

●中国の嘘のような驚くべき実態・・・
 事の発端は預金の取り付け騒ぎから始まりました。中国では放漫な経営を行っている金融機関が山のようにあります。折しも中国において、不動産バブルの崩壊も顕著であって、銀行によってはその財務体質がきわどいところは続出しているわけです。さらに今回のゼロコロナ政策の断行によって、各種の不良債権は拡大しているわけで、銀行の不良債権は膨らむ一方です。こういう中、河南省の銀行において取り付け騒ぎが発生したわけです。その銀行は預金の払い戻しに苦慮する状況であり、当然のことながら噂を聞いた預金者は居ても立ってもいられず、河南省の銀行まで駆けつけて預金をおろす行動に殺到しました。
 ここまでの話ならよくある話であって、銀行が倒産するか、当局が資金を提供してことを収めるかということで、これなら中国だけでなく世界各国でよく起こる話であります。
 ところが驚いたことに今回、この取り付け騒ぎ、預金者の殺到に対して、何と銀行に駆けつけようとした人、河南省の銀行まで電車のチケットを購入した人、銀行に向かうため電車に乗っていた人、これら預金の引き出しを求めて銀行に行こうと行動し始めた人たちほぼ全員の健康コードが突如緑から赤に変わってしまったのです。
 これではたまりません。銀行に向かってバスに乗ろうとしても健康コードが赤ですからバスに乗ることはできず、銀行にたどりつけません。またホテルに泊まろうとしてもホテルを追い出されてしまいます。銀行に向かおうと電車に乗った人は駅から出ることもできなくなってしまいます。同じく銀行に向かうためネットで電車のチケットを購入しただけの人は家から出ることができなくなったというわけです。
 これらすべての人は、預金を引き出しに銀行に向かおうとしていた人たちなのです。その数1300人余りというのですから驚きます。自らの預金をおろしたい一心で何とか対応しようとした人たちは全員、健康コードが緑から赤に変わってしまったのです。

 現在の中国で健康コードが赤になれば、それは何もできなくなることを意味します。一歩も動けなくなるわけです。この人々の健康コードを緑から赤に変える操作を行っているのは当局です。当局は住民一人ひとりの情報を詳細に知り抜いているわけです。今回当局が行おうとしたことは、取り付け騒ぎを収めるために、銀行に殺到すると考えられる預金者たちの行動を瞬時に一人ひとり洗い出し、その行動が預金引き出しの行動に向かいつつあると判定された場合、一気に健康コードを操作してコードを緑から赤に変えることによって彼らの行動を封印させることに成功したというわけです。
 しかしながらいくら中国においてもかような不当な行為が怒りを買わないわけはありません。SNSを使った情報の拡散でこのとんでもない当局の方針が暴露され、大問題となったわけです。
 しかし驚くのは、銀行に向かった人や電車に乗った人や、電車のチケットを購入した人などすべての人たちの行動が瞬時にわかってしまって、それに自動的に対応できる中国当局のすごさです。今回は銀行の取り付け騒ぎを封じ込めるための職権乱用ですが、仮にこれが共産党当局に不満を持つ人など政治的に利用されれば対抗しようがありません。監視社会もここまできたか、と驚きもしますが、健康コードという世間が認めたツールを巧みに使ってこれだけの人民の行動抑制がいとも簡単に可能になるもの驚きです。まるで中国当局は人民一人ひとりの詳細な思想なり行動パターンをすべて知り抜いているかのようです。

 かような激しい監視体制や行動規制は反政府の思想がまん延しているウイグルやチベットなど中国の一部の地域でだけ行われていることかと思っていましたが、現在のテクロノジーの発展は著しく、今や中国ではすべての人のほとんどの行動が自動的に当局に把握されてしまうシステムが出来上がっているようです。
 なにか事がおこるごとに世間は規制の強化を求め、それに乗じて当局が自由を規制して監視体制を強めてきたというのはどこの国においても起こる極めて普通の流れでもありました。例えば米国でも2001年のテロが発生した直後に、人々は身の安全を一番に考えるようになって、何としてもテロリストをあぶり出す必要性があると感じ、当局が電話の盗聴など人々のプライバシーに入り込んでいくことを許容するようになったわけです。
 今回はコロナウイルスのまん延という特殊な事象が発生したので、人々もこの感染を止めるためには各々の行動制限はやむを得ない、ある程度のプライバシーを犠牲にしても社会の安定を取り戻す必要があると痛感したわけです。
 そのような社会的な要請に基づいて中国では徹底したコロナ対策ということで健康コードという手法が取り入れられたわけです。
 しかしながらそれによって当局は人々の詳細な情報を漏れなく知ることができるようになったわけです。
 今回健康コードを使った、半ば当局の犯罪ともいえる行為が発覚して、中国全土で大騒ぎとなっています。しかしこの主犯と思える、健康コードを緑から赤に変えるように指示した真の黒幕は捕まるわけもないでしょう。この不祥事に関連した役人は何人か処分されたということですが、おそらく彼らは命令されたことを実行しただけの役人です。本当の黒幕は共産党の中枢部にいる高級幹部でしょう。
 いずれにしても今回の事件で明らかになったことは、中国当局は中国のほとんどの人たちの動向や行動など、その気になれば瞬時に知ることができ、また法律を駆使することなく巧みに規制すること、ないしは狙った人を失脚、あるいは破滅させることもできるということです。中国のAI技術は日進月歩で発展し続け、その監視社会は益々強固になりつつあるとは感じていましたが、ここまできたかと驚くばかりです。

■□--------------------------------------------------□■
★「ASAKURA経済セミナー」(3月12日開催)の、
音声ダウンロード、CD、DVDを予約受付中!
 ご自宅にいながらセミナーを受講。
 お好きなときに、お好きな場所でお聴きいただけます。
  ●収録時間 約3時間
    ●価 格
   【DVD版】16,000円(税込)
   【CD版】13,000円(税込)
   【音声ダウンロード版】13,000円(税込)
 ※音声ダウンロードはEメールでお届けするので、一番早くお届けできます◆
   →https://www.ask1-jp.com/shopping/study/seminar_media.html

★ASAKURA経済セミナー2022年 !★

【東京】
   1月15日(土)・3月12日(土) ・5月21日(土)
   7月9日(土)・ 9月10日(土)・ 11月19日(土)
       → https://www.ask1-jp.com/shopping/seminar/live-tokyo.html

※参加者全員に復習用の動画をお届けいたしますので、当日参加が難しくても大丈夫です。
復習用動画は次のセミナー前日まで視聴可能です。
■□--------------------------------------------------□■


バックナンバー
22/07

食糧を武器にするロシア

22/06

中国、健康コードを乱用する当局

22/05

ソロスの警告

22/04

仏大統領選挙

22/03

脱ロシアという難題(サハリン権益の行方)

22/02

中露蜜月時代へ

22/01

賃金上昇が始まる?

21/12

インフレがやってくる

21/11

COP26 脱炭素の挫折

21/10

アベノミクスは間違いなのか?

21/09

新刊『株高、資源高に向かう 世界経済入門』まえがき

21/08

習近平独裁 ソロスの警告

21/07

中国 共産主義へ里帰り?

21/06

武漢ウイルス研究所の闇(コロナは人災)

21/05

消滅する<恋愛>

21/04

孤高の天才投資家 西野匡の初めての本をご紹介

21/03

不気味な商品相場上昇(中国に振り回される世界)

21/02

景気回復へ

21/01

コロナ ワクチン接種へ

20/12

止まらない格差拡大

20/11

真のリスクとは(コロナ危機は終了)

20/10

緊迫する台湾情勢

20/09

安倍政権の功績

20/08

テスラ急騰にみる警告

20/07

コロナワクチン開発急ピッチ

20/06

輝き増す金相場

20/05

脱中国の動き

20/04

迫り来る食料高騰

20/03

今こそ株式投資(その2)

20/02

今こそ株式投資

20/01

グリーンスワン

19/12

オリンピックイヤー

19/11

欧州に忍び寄る危機

19/10

ペンス演説

19/09

先進国社会の病理

19/08

新刊『アメリカが韓国経済をぶっ壊す!』(仮題)まえがき

19/07

ここまできた顔認証技術

19/06

動き出した金相場

19/05

ドローンの脅威

19/04

株式投資に目を向けよう

19/03

現代金融理論(MMT)

19/02

米国を襲う<反資本主義>の波

19/01

ユヴァル・ハラリ氏の警告

18/12

欧州混乱から見える世界の潮流

18/11

中国の危険な挑発

18/10

米中間選挙(衰えぬトランプ人気)

18/09

輝き失った金相場

18/08

急進化する米国政治

18/07

衰えぬトランプ人気

18/06

米中対立とトランプ劇場

18/05

監視社会

18/04

イラン攻撃はあるか?

18/03

強権、独裁化の時代

18/02

新著『株の暴騰が始まった!』まえがき

18/01

イアン・ブレマーの警鐘

17/12

ビットコイン相場は終了へ

17/11

年金が大黒字

17/10

株式市場の<びっくり現象>

17/09

中国 止まらぬネット企業の勢い

17/08

好調な日本経済と外部情勢

17/07

仕事はなくなるのか?

17/06

イスラエルとサイバー技術

17/05

欧州危機は去ったか?

17/04

加速する人手不足と日本の将来

17/03

民主主義の危機

17/02

止まらない米国株の上昇

17/01

迫りくる戦争の危機

16/12

日本人と株式投資

16/11

トランプ勝利をもたらしたもの

16/10

新著『暴走する日銀相場』まえがき

16/09

AI技術者に殺到するヘッジファンド

16/08

止まらないデフレの行く末

16/07

ウーバーライゼーション

16/06

衝撃的な英国の離脱派勝利

16/05

衣食住がただ、お金のいらない世界に!?

16/04

熊本地震とヘリコプターマネー

16/03

トランプ旋風が写すもの

16/02

新著『世界経済のトレンドが変わった!』まえがき

16/01

波乱で始まった2016年

15/12

2016年の展望

15/11

中国の結婚事情

15/10

郵政上場

15/09

現れ始めた高齢化社会のひずみ

15/08

荒れた株式市場の先行きは?

15/07

異常気象の連鎖

15/06

値上げラッシュ

15/05

新刊『株、株、株! もう買うしかない』まえがき

15/04

日米同盟強化の恩恵

15/03

アベノミクス その光と影

15/02

ギリシアの悲哀

15/01

止まらない<株売却ブーム>

14/12

アベノミクス

14/11

バンザイノミクス

14/10

新刊『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(舩井勝仁との共著)まえがきより(※目次、舩井勝仁のあとがきも含む)

14/09

加速する物価高

14/08

新冷戦という脅威

14/07

新刊『株は再び急騰、国債は暴落へ』まえがき より

14/06

深刻化する人手不足

14/05

何故ドルなのか

14/04

株高は終わったのか?

14/03

ウクライナを巡る暗闘

14/02

中国ショック

14/01

ハッピー倒産ラッシュ

13/12

インフレに向かう日本

13/11

株式投資に舵を切る年金基金

13/10

金相場のたそがれ

13/09

新刊『2014年 インフレに向かう世界』まえがき より

13/08

崩壊に向かう新興国経済

13/07

ドルが復権する世界

13/06

激動前夜

13/05

株 売却ブーム

13/04

異次元の世界

13/03

日本の行く末

13/02

株バブル勃発、円は大暴落(新刊まえがき)

13/01

「アベノミクス」がもたらすもの

12/12

浜田教授のリフレ政策

12/11

円を売る時がきた!

12/10

チャイナリスク

12/09

大恐慌か超インフレだ!(新刊「あとがき」より)

12/08

中東情勢の泥沼化

12/07

食糧危機の足音

12/06

ユーロ崩壊へのカウントダウン

12/05

新刊『2013年 株式市場に答えがある』まえがき

12/04

ぶり返すユーロ危機

12/03

円安が始まった

12/02

株式投資の勧め

12/01

上昇転換した株価とその背景

11/12

大波乱の幕開け(最新著『もうこれは世界大恐慌』序章)

11/11

ギリシア救済というトリック

11/10

崩壊に向かう資本主義

11/09

欧州危機と錬金術

11/08

ユーロ崩壊

11/07

逆ニクソンショック(金本位制への回帰)

11/06

2012年、日本経済は大崩壊する!(はじめに)

11/05

スーパーマリオ

11/04

インフレの到来

11/03

今後の経済と生き方

11/02

液状化する世界

11/01

始まった食料高騰

10/12

迫りくる大増税

10/11

物価高騰に備えよ

10/10

まえがき(新著『2011年 本当の危機が始まる!』より)

10/09

中国の謀略

10/08

ニューノーマル

10/07

焼け太ったFRB

10/06

金(ゴールド)相場の映すものは?

10/05

ギリシア問題の末路

10/04

ゴールドマン・ショック

10/03

郵政改革の裏

10/02

金融問題公聴会

10/01

グーグルVS中国

09/12

新興衰退国

09/11

デフレとインフレ

09/10

円高で、為替仕組み債が破裂(破綻続出へ)

09/09

悲惨なアイスランド

09/08

不発弾(米住宅問題)が爆発するとき

09/07

秋に向け、鳴りをひそめている危機

09/06

今後の行く末は?

09/05

ゆっくり進むドル危機

09/04

上昇、やがて、壊死する株式市場

09/03

アメリカン・エキスプレスのキャンペーン

09/02

リーマンと山一證券

09/01

ゲート条項

08/12

ドバイの落日

08/11

ターミネーター


暴走する日銀相場『大恐慌入門』(2008年12月、徳間書店刊)に引き続き、『恐慌第2幕』(ゴマブックス刊)が2009年5月に発売。その後 家族で読めるファミリーブックシリーズ『日本人を直撃する大恐慌』(飛鳥新社刊)が同年5月30日に発売。さらに2009年11月には、船井幸雄と朝倉氏の共著『すでに世界は恐慌に突入した』(ビジネス社刊)が発売され、2010年2月『裏読み日本経済』(徳間書店刊)、2010年11月に『2011年 本当の危機が始まる!』(ダイヤモンド社)を、2011年7月に『2012年、日本経済は大崩壊する!』(幻冬舎)を、2011年12月に『もうこれは世界大恐慌』 (徳間書店)を発売、2012年6月に『2013年、株式投資に答えがある』(ビジネス社)を、2012年10月に朝倉慶さん監修、ピーター・シフ著の『アメリカが暴発する! 大恐慌か超インフレだ』(ビジネス社)を発売。2013年2月に『株バブル勃発、円は大暴落』(幻冬舎)を、2013年9月に『2014年 インフレに向かう世界 だから株にマネーが殺到する!』(徳間書店)を 、2014年7月に『株は再び急騰、国債は暴落へ』(幻冬舎)を、2014年11月に舩井勝仁との共著『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(ビジネス社)を発売、2015年5月に『株、株、株!もう買うしかない』を発売、2016年3月に『世界経済のトレンドが変わった!』(幻冬舎刊)を発売、最新刊に『暴走する日銀相場』(2016年10月 徳間書店刊)がある。

★朝倉慶 公式HP: http://asakurakei.com/
★(株)ASK1: http://www.ask1-jp.com/

Profile:朝倉 慶(あさくら けい)

K朝倉慶経済アナリスト。 株式会社アセットマネジメントあさくら 代表取締役。 舩井幸雄が「経済予測の“超プロ”」と紹介し、その鋭い見解に注目が集まっている。早い時期から、今後の世界経済に危機感を抱き、その見解を舩井幸雄にレポートで送り続けてきた。 実際、2007年のサブプライムローン問題を皮切りに、その経済予測は当たり続けている。 著書『大恐慌入門』(2008年12月、徳間書店刊)がアマゾンランキング第4位を記録し、2009年5月には新刊『恐慌第2幕』(ゴマブックス刊)および『日本人を直撃する大恐慌』(飛鳥新社刊)を発売。2009年11月に舩井幸雄との初の共著『すでに世界は恐慌に突入した』(ビジネス社刊)、2010年2月『裏読み日本経済』(徳間書店刊)、2010年11月に『2011年 本当の危機が始まる!』(ダイヤモンド社)を、2011年7月に『2012年、日本経済は大崩壊する!』(幻冬舎)を発売。2011年12月に『もうこれは世界大恐慌』(徳間書店)を、2012年6月に『2013年、株式投資に答えがある』(ビジネス社)を、2012年10月に朝倉慶さん監修、ピーター・シフ著の『アメリカが暴発する! 大恐慌か超インフレだ』(ビジネス社)を発売。2013年2月に『株バブル勃発、円は大暴落』(幻冬舎)を、2013年9月に『2014年 インフレに向かう世界 だから株にマネーが殺到する!』(徳間書店)を 、2014年7月に『株は再び急騰、国債は暴落へ』(幻冬舎)を、2014年11月に舩井勝仁との共著『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(ビジネス社)を発売、2015年5月に『株、株、株!もう買うしかない』、2016年3月に『世界経済のトレンドが変わった!』(幻冬舎刊)を発売、最新刊に『暴走する日銀相場』(2016年10月 徳間書店刊)がある。

★朝倉慶 公式HP: http://asakurakei.com/
★(株)ASK1: http://www.ask1-jp.com/

数霊REIWA公式サイト 佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア ザ・身禊(MISOGI)合宿セミナー 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note