“本物主義”時代の幸せな生き方

このページは、(株)本物研究所と(株)船井メディア 社長の佐野浩一によるコラムページです。
佐野浩一の義理の父でもある舩井幸雄は、1980年代のバブルの真っただ中の頃からすでに、「競争主体で矛盾のありすぎる資本主義はもうもたない」、そして「資本主義にとってかわるのは『本物主義』ではないか」と考えており、2003年に(株)本物研究所をつくりました。
その(株)本物研究所の設立当初から社長として、佐野は常に、“本物”や、人々の“本当の幸せ”について真剣に考えてきました。
そんな佐野が、いよいよ間近に迫ってきたと思われる「本物主義」時代に向け、私たちはどう生きていけばいいのか、また「幸せに生きる」とはどういうことだろう? ということを先駆けて模索し、皆さまと一緒に考えていきたいと思います。

2014.03.01(第1回)
“本物主義”の時代

 みなさん、こんにちは!本物研究所&船井メディア社長の佐野浩一です。
 今回から、「“本物主義”時代の幸せな生き方」というタイトルで連載をさせていただくこととなりました。舩井幸雄が描いた「新しい時代」がいよいよ幕を開けようとしています。そんな時代の“魁(さきがけ)”として、これまた舩井が生涯のテーマとした「人間としてどのように生きたらよいか?」「新しい時代はどのようになっていくのか?」などについて、みなさんとともに考えていけたらと思います。どうぞ、お楽しみください。
 さて、舩井幸雄は、様々な著書に、「これからは、資本主義から“本物主義”へと向かっていく」と書き記しました。資本主義下においては、とにかく儲けを追求しなければならないので、良いもので、安いものというのは、本来は歓迎されないわけです。良いものは高くして儲けるのが当たり前なので、資本主義と本物は、どうしても対立し、反発し合いがちなのです。しかし、考えてみれば、この状況は自然の摂理に反してしまいます。“本物主義”の時代では、良いものは安くし、それがさらに流通することが望まれます。このようなことを、みんなで目指していくような世の中が、“本物主義”の時代の理想と言ってよいでしょう。
 こういう考え方は、共生の思想そのものです。世の中の中心に人間を据えるキリスト教的な考え方よりも、人間も自然の一部と位置づける道教的な考え方、西洋思想よりも東洋思想、エゴからエヴァへ、分離から融合へ、エコノミーからエコロジーへ、破壊から創造へ、対立から共生へと向かっていく方向性です。

 基本となるのは、「自然の摂理」。そちらに向かっていくのが、“本物主義”の時代、そして私たちがとるべきスタンスと言えます。
 会社経営で言えば、台湾最大級の企業グループ・統一企業公司は、舩井幸雄もとくに親しくさせていただいた企業ですが、ここに大きなヒントがあります。資本主義においては、いかに売り上げて、いかに儲けるかが主題とされてきました。しかし、統一企業公司は、いち早く新しい時代のリーディングカンパニーとなられるべく、「美しい企業」としての未来を描かれてきました。「美しい企業」とは、「素晴らしい本物の企業文化をもつこと」と定義されています。企業としての美しさを目指していく……。本当に素敵なことだと思います。私も、企業経営者の一人として、舩井幸雄の弟子の一人として、“本物主義”の時代のあり方を見つめ、「美しさ」を求めた実践をしていきたいと考えています。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
「船井メディア ビジネスミーティング」のご案内
佐野浩一が企画プロデュースをしている、“経営者の方に、もっと自信を
深めていただける”セミナーが間もなく始まります。
全体を通して佐野浩一の選んだ先生方に登壇頂き
ビジネスの中で、すぐに使える「ノウハウ」と「ドゥハウ」をお伝えしていきます。
●日時 平成26年4月5日 (土)10:30〜17:00
●会場 東京・麹町サイトビル(四ツ谷駅徒歩4分)
●講師 久保ひろし 氏
●受講料 38,000円(税込)
●テーマ 今回は、「目標設定」に役立つこと、「真のあり方」について


詳しくは船井メディアホームページ
http://www.funaimedia.com/seminars/seminars_main.html?data_id=428
もしくはフリーダイアル 0120−271−1374(担当 山本)までどうぞ
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



バックナンバー
Profile:佐野 浩一(さの こういち)
佐野 浩一(さの こういち)

1964年大阪府生まれ。関西学院大学法学部政治学科卒業後、英語教師として13年間、兵庫県の私立中高一貫校に奉職。2001年、(株)船井本社の前身である(株)船井事務所に入社し、(株)船井総合研究所に出向。舩井幸雄の直轄プロジェクトチームである会長特命室に配属。舩井幸雄がルール化した「人づくり法」の直伝を受け、人づくり研修「人財塾」として体系化し、その主幹を務め、各業界で活躍する人財を輩出した。 2003年4月、(株)本物研究所を設立、代表取締役社長に就任。商品、技術、生き方、人財育成における「本物」を研究開発し、広く啓蒙・普及活動を行う。また、2008年にはライフカラーカウンセラー認定協会を立ち上げ、2012年、(株)51 Dreams' Companyを設立し、学生向けに「人財塾」を再構成し、「幸学館カレッジ」を開校。館長をつとめる。2013年9月に(株)船井メディアの取締役社長CEOに就任した。 講演者としては、経営、人材育成、マーケティング、幸せ論、子育て、メンタルなど、多岐にわたる分野をカバーする。
著書に、『あなたにとって一番の幸せに気づく幸感力』(ごま書房新社)、『ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)、『私だけに教えてくれた船井幸雄のすべて』(成甲書房)、船井幸雄との共著『本物の法則』(ビジネス社)、『あなたの悩みを解決する魔法の杖』(総合法令出版)、『幸感力で「スイッチオン!」』(新日本文芸協会)がある。

51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター