“本物主義”時代の幸せな生き方

このページは、(株)本物研究所と(株)船井メディア 社長の佐野浩一によるコラムページです。
佐野浩一の義理の父でもある舩井幸雄は、1980年代のバブルの真っただ中の頃からすでに、「競争主体で矛盾のありすぎる資本主義はもうもたない」、そして「資本主義にとってかわるのは『本物主義』ではないか」と考えており、2003年に(株)本物研究所をつくりました。
その(株)本物研究所の設立当初から社長として、佐野は常に、“本物”や、人々の“本当の幸せ”について真剣に考えてきました。
そんな佐野が、いよいよ間近に迫ってきたと思われる「本物主義」時代に向け、私たちはどう生きていけばいいのか、また「幸せに生きる」とはどういうことだろう? ということを先駆けて模索し、皆さまと一緒に考えていきたいと思います。

2014.04.01(第2回)
成功するよりも、幸せに生きること

 晩年の舩井は、「成功するよりも、幸せに生きることのほうがはるかに大事だ」と考えていたようです。
 さらに、舩井は言います。
 「人生はたえず“海図なき新たな航海”をしているようなものです。しかし、誰にとっても常に、行く先には“希望と活力に満ちた輝かしい未来”があることは間違いないと言えそうです。」
 この“輝かしい未来”こそ、「本物時代」であると舩井は考えていたのです。
 きっと、どこまでがいまの時代の終わりで、どこからが「本物時代」の始まりなのかは、明確には定まらないのだろうと思います。しかし、来るべき「本物時代」の到来に向けて、正しい生き方について考えておく必要があるということで、舩井は、機会を通じて、「生き方」「あり方」について説いてきたのだと理解しています。

 「すんだことはくよくよしない。未来は神にまかせる。」

 ゲーテの言葉です。
 アサヒビールの中興の祖と言われる元名誉顧問、樋口廣太郎氏は、このゲーテの言葉を引用して、こういう生き方が正しいようだと書いておられるのを読み、舩井がとても感激していたことを思い出しました。樋口氏は、さらに「声が大きくて、明るく元気で、ちょっぴり知性があれば、たいがいのことはうまくいく」ともおっしゃっています。
 夢を持って、明るく、いま現在に全力投球し続けること。
 どうやら、こうした生き方が、この先の未来につながる正しい生き方のようです。そして、あとは自助努力、自己責任……。
 舩井の言葉を少々因数分解しますと、できるだけ心が通い合った友人を多く持ち、親身の情報を取り入れ、どんなことも自分で考え、自分で決める覚悟で、自分の長所を活かし、それらによって夢と希望を持ち、現在に全力投球を続ける……。さらには、くよくよしたり、他人を批判したり、あの人のせいだ……などと考えるとうまくいかない……。ざっと、こんな感じでしょうか。
 おもしろいことに、舩井は「成功」という言葉をあまり好みませんでした。成功よりも、幸せに生きることのほうが“本質”に近いと考えていたのでしょう。幸せに生きることに全力投球すれば、おのずと「成功」も手にすることができるようにも思います。



バックナンバー
Profile:佐野 浩一(さの こういち)
佐野 浩一(さの こういち)

1964年大阪府生まれ。関西学院大学法学部政治学科卒業後、英語教師として13年間、兵庫県の私立中高一貫校に奉職。2001年、(株)船井本社の前身である(株)船井事務所に入社し、(株)船井総合研究所に出向。舩井幸雄の直轄プロジェクトチームである会長特命室に配属。舩井幸雄がルール化した「人づくり法」の直伝を受け、人づくり研修「人財塾」として体系化し、その主幹を務め、各業界で活躍する人財を輩出した。 2003年4月、(株)本物研究所を設立、代表取締役社長に就任。商品、技術、生き方、人財育成における「本物」を研究開発し、広く啓蒙・普及活動を行う。また、2008年にはライフカラーカウンセラー認定協会を立ち上げ、2012年、(株)51 Dreams' Companyを設立し、学生向けに「人財塾」を再構成し、「幸学館カレッジ」を開校。館長をつとめる。2013年9月に(株)船井メディアの取締役社長CEOに就任した。 講演者としては、経営、人材育成、マーケティング、幸せ論、子育て、メンタルなど、多岐にわたる分野をカバーする。
著書に、『あなたにとって一番の幸せに気づく幸感力』(ごま書房新社)、『ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)、『私だけに教えてくれた船井幸雄のすべて』(成甲書房)、船井幸雄との共著『本物の法則』(ビジネス社)、『あなたの悩みを解決する魔法の杖』(総合法令出版)、『幸感力で「スイッチオン!」』(新日本文芸協会)がある。

本物研 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター