“本物主義”時代の幸せな生き方

このページは、(株)本物研究所と(株)船井メディア 社長の佐野浩一によるコラムページです。
佐野浩一の義理の父でもある舩井幸雄は、1980年代のバブルの真っただ中の頃からすでに、「競争主体で矛盾のありすぎる資本主義はもうもたない」、そして「資本主義にとってかわるのは『本物主義』ではないか」と考えており、2003年に(株)本物研究所をつくりました。
その(株)本物研究所の設立当初から社長として、佐野は常に、“本物”や、人々の“本当の幸せ”について真剣に考えてきました。
そんな佐野が、いよいよ間近に迫ってきたと思われる「本物主義」時代に向け、私たちはどう生きていけばいいのか、また「幸せに生きる」とはどういうことだろう? ということを先駆けて模索し、皆さまと一緒に考えていきたいと思います。

2014.11.01(第9回)
1400年前からの光

 変化は成長の糧。
 このことはだれもが知っていることですし、実際、変化させないと望めないことはたくさんあります。しかし、時代は変われど、変えてはいけないもの。これも案外たくさんあるものだと思えてなりません。
 日本人が世界に向けて誇るべき思想家であり政治家がいます。時空を超えていまから1400年前にその方はこの世に存在しました。この時代から、現代の日本に至るまでを決定づけ、いまだに私たちに強い影響を及ぼし続けている偉人。

 聖徳太子です。
 日本人ならだれもが知る偉大な人物です。もちろん、いまの時代には“目撃者”はいないので、謎もいっぱい残されているようですが……。
 それはさておき、聖徳太子といえば、「十七条の憲法」ですよね。
《第一条》一に曰く、和をもって貴しとし、忤(さから)うことなきを宗とせよ。
《第二条》二に曰く、篤く三宝を敬え。三宝とは、仏と法と僧なり。
《第三条》三に曰く、詔(みことのり)を承(う)けてはかならず謹(つつし)め。君をば天とす。臣をば地とす。
(以下略)

 当然ながら、最初にきている条文は、十七条の憲法で最も大切な内容となっているはずです。聖徳太子は、最も大切なのは「和」である、と言っています。だから、「反抗してはいけない」というのです。後半部分は、天皇に対してはもちろん、みんなで話し合って決めた総意に対しても、反抗してはならないという意味が含まれているようです。
 実は、このあとの条文にも、「上和(かみやわら)ぎ、下睦(しもむつ)びて、事を、論(あげつら)うに諧(かな)うときは、事理おのずから通ず。何事か成らざらん」とあります。これは、仲良く話し合えば必ずわかり合えるし、そうしてみんなで協力し合えば、できないことはない、と読んでいいのではないかと思います。

 結局、聖徳太子が伝えたかったことは、「和が最も大切だから、みんなでよく話し合ってどうするかを決め、決まったことにはさからわないようにしなさい」ということのようです。
 この考え方は、おおよそ1400年の時を越えて、今の時代にも通じるものです。実際に、日本人には「和の精神」がかなりの部分、根づいているといってよいでしょう。

 しかし、これからの本物時代には、さらにこの「和の精神」が根を張り、真の共生時代に変化していくものと思われます。
 それこそが、“ミロクの世”ではないでしょうか?
 日本には、こうして時代が根底から変化していこうとも、長い時間をかけて醸成、熟成されてきた大事なものが、たくさんあるように思えてなりません。
 それが、本物時代を生きる、または創り上げていくキーになるような気がします。



バックナンバー
18/04

幸せな国をつくるために

18/03

LIFE SHIFT(ライフシフト)⇒学び直し

18/02

新しい時代の価値観

18/01

エゴからエヴァへ

17/12

自分のためではなく、だれかのために!

17/11

人生100年時代

17/10

あるがまま、なるがまま……

17/09

こうして思考は現実になる

17/08

正見

17/07

健康な未来

17/06

ありがとうの奇跡

17/05

マインドフルネス

17/04

幸せに働く

17/03

『今ここ』を生きよう!

17/02

日本が世界に誇れるもの

17/01

温故知新

16/12

自分の軸

16/11

仕事がなくなる!?

16/10

BoPビジネス3.0

16/09

食を見直そう!

16/08

ギブアンドギブ

16/07

舩井幸雄がもっとも伝えたかったこと

16/06

天の理の時代

16/05

本物とともに生きる

16/04

経験に与える意味

16/03

ゆっくり、ゆったり生きる

16/02

真反対の融合

16/01

チームワークB

15/12

チームワークA

15/11

チームワーク@

15/10

自分自身とつながる

15/09

『中道』を生きる

15/08

心の貯金

15/07

食べ方を見つめ直す

15/06

一隅を照らす

15/05

禅的生き方に学ぶ

15/04

“捨てない”という選択

15/03

みんなで分け合う

15/02

“大事にする”という豊かさ

15/01

新しい時代の教育

14/12

和を持って貴しとし……

14/11

1400年前からの光

14/10

選択する未来

14/09

自分自身と向き合う!

14/08

正しい上手な生き方

14/07

自他をしばらない生き方

14/06

輪の時代

14/05

幸せの定義

14/04

成功するよりも、幸せに生きること

14/03

“本物主義”の時代

Profile:佐野 浩一(さの こういち)
佐野 浩一(さの こういち)

1964年大阪府生まれ。関西学院大学法学部政治学科卒業後、英語教師として13年間、兵庫県の私立中高一貫校に奉職。2001年、(株)船井本社の前身である(株)船井事務所に入社し、(株)船井総合研究所に出向。舩井幸雄の直轄プロジェクトチームである会長特命室に配属。舩井幸雄がルール化した「人づくり法」の直伝を受け、人づくり研修「人財塾」として体系化し、その主幹を務め、各業界で活躍する人財を輩出した。 2003年4月、(株)本物研究所を設立、代表取締役社長に就任。商品、技術、生き方、人財育成における「本物」を研究開発し、広く啓蒙・普及活動を行う。また、2008年にはライフカラーカウンセラー認定協会を立ち上げ、2012年、(株)51 Dreams' Companyを設立し、学生向けに「人財塾」を再構成し、「幸学館カレッジ」を開校。館長をつとめる。2013年9月に(株)船井メディアの取締役社長CEOに就任した。 講演者としては、経営、人材育成、マーケティング、幸せ論、子育て、メンタルなど、多岐にわたる分野をカバーする。
著書に、『あなたにとって一番の幸せに気づく幸感力』(ごま書房新社)、『ズバリ船井流 人を育てる 自分を育てる』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)、『私だけに教えてくれた船井幸雄のすべて』(成甲書房)、船井幸雄との共著『本物の法則』(ビジネス社)、『あなたの悩みを解決する魔法の杖』(総合法令出版)、『幸感力で「スイッチオン!」』(新日本文芸協会)がある。

船瀬俊介&西原克成「歯と人類の進化」 ザ・シークレット・オブ・カバラ 「1%の人が気づいている内なる叡智を開く鍵」本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター