img

リレーでつなぐ"ハート"の話

このページは、リレー形式でそれぞれの人に“愛”をテーマに、恋愛や家族愛、人間愛、パートナーシップ、コミュニケーション、大切な人への想い…などを自由に語っていただくページです。 それぞれの方に半月に1回、計3回ずつご執筆いただき、その方から次にご執筆いただける方を紹介していただく形をとっています。順々に人と人とのつながりの輪が広がっていきます。

2012.4.15(第29回)
♪今回の執筆者♪
比田井 和孝さん(2回目)
(比田井さんの詳しいプロフィールはページ下にあります。)
どんな仕事でも人を幸せにできる。大切なのはその人の「あり方」

 昨年の2月、私は仕事で東京に行きました。山の手線内のある駅でふと思い立ち、初めて靴磨きのおじさんに靴を磨いてもらいました。私は職業柄、いろんな職業の方がどんな思いで働いているのかにとっても興味があります。そこで、おじさんに話しかけてみました。

「この場所は長いんですか?」
「親父の代から数えたら、もう六十年になります。」
 私はビックリしました。「靴磨き」という職業がこんな風に代々受け継がれていくものだなんて思ってもみなかったからです。
 おじさんの話はまだ続きます。
「私は学生の頃からですから、三十年くらいですね」
 …このおじさんは「靴磨き職人一家」だったのです。お父さんは靴磨きで家族を養い、子どもを大学までいかせているのです。しかもそのお父さんの姿を見て、息子さんが靴磨きを継いでいるなんて…。私は感動して、さらに聞いてみました。

「やっぱり、靴磨きも奥が深いんでしょうね」
「下手な人は油を塗ろうとするんだよ」
「えっ、違うんですか?」
「塗るんじゃないんだよ、染みこませるんだよ。塗るだけだと、一回雨に当たればもうおしまいなんだ。いかに染みこませるかが、腕のみせどころなんだよ」
「何かコツとかあるんですか?」
「言葉では説明できないんだよね。皮の種類、質、状態、湿度なんかで全部違うから…感覚だね。一人前になるのに十年はかかるね。」
「へぇ〜!そんな名人芸だったら、お客さんはまた来てくれますよね。」
「八割は常連さんだね。ほとんどが社長だよ。」
「やっぱり社長さんは違いますね!」
「違うんだよ、社長になって磨いたんじゃないんだよ。靴を磨くような人が、みんな社長になったんだよ。だからお客さんも社長になれるよ(笑)」
「なるほど! いつも靴をピカピカに磨いているような人が社長になれるんですね。そんな人は、いい仕事ができるってことなんですね!」

 そんな話をしているうちに、右足の靴磨きが終わりました。もうピカピカです。左の靴と全然違います。次は左足です。ふと気付くと、磨き終わった私の靴の上に布がかぶせてあります。おじさんは「せっかく磨いた靴が雨に濡れるといけないから」なんて言うんです。そのときは小雨が降っていたので、私は傘をさして磨いてもらっていたのですが、このあと雨の中を歩いていくのですから、どうしたって雨に濡れますよね。それでも「靴が濡れないように」って布をかぶせてくれたのです。もう参りました。たった十五分ほどのことでしたが、とてもたくさんの事を学ばせて頂きました。次回、東京行った時も、続きのお話を聴きに「靴磨き」をしてもらおうと思いました。
 さて、そんな話をブログに書いたところ、福岡の女子高生からメールが来ました。

 今、東京藝大の入試で東京にいますが、この間比田井先生がおっしゃっていた靴磨き屋さんに行ってきました。この靴は私立の音大に全額免除で合格したご褒美で母に買ってもらったと言うと、「おめでとう。僕も昔はフルートやアルトサックス吹いてクラブで稼いでいたよ。今は絵で稼いでいるけどね」とおっしゃっていました。
 専門のフルートだけでも大変な私は、とても驚きました。とても多才な方でした。実は今日、藝大の一次試験発表日で、そのまま見に行くのが怖くて靴を磨いてもらってから行ったのですが、お陰さまで通過していました。靴磨き屋さんは「入社試験やその発表前に磨いてもらいに来る人はみんな合格した」と言っていたので、少し安心して結果を見に行けました。
 私は将来、人を幸せにするフルート奏者になりたくてここまで頑張ってきました。入試は運や縁があるので何とも言えませんが、自信を持って自分の音楽をしたいです。


 このメール、ホントに嬉しかったです! また「ご褒美で母に買ってもらった靴」というところがいいですよね。その大切な靴を磨いてもらったなんて…感動してしました。
 彼女なら、絶対に「人を幸せにするフルート奏者」になれると思います。「フルート奏者になること」が大事なのではなくて、「どんなフルート奏者になるか」が大事ですものね。この子はわかっています。素晴らしいです! 
 さて、一次試験の後、しばらくしてそのOさんからこんなメールがありました。

 お陰さまで、二次試験で一番良い演奏ができ、何とか通過できました。先日、三次試験も無事に終わり、後は明日の最終合格者発表を待つのみです。本当にここまで来れただけでも嬉しいです。「結果」は、神様が私にとって一番良いものを決めてくださるので、どんな結果でも受け入れる覚悟です。明日一時の合格者発表前、十二時頃に、また靴を磨いて頂こうと思っています。

 Oさん、カッコイイですね。「神様は自分にとって、最良の結果を用意してくれているから覚悟は決まっている」なんて。しかも、明日は私も東京に出張です。これは靴磨きに行くしかありません。もしかしたら、Oさんに会えるかも…と思いながら東京に向かいました。

 ドキドキしながらその場所に行くと、先日、靴を磨いてもらったおじさんがいました! しかも、磨いてもらっているのは女性です。
 「おーっ! もしや!」…でも、私は彼女の顔を知りません。靴磨きが終わって、彼女が立ち上がった瞬間、「もしかして、Oさん?」と聞きました。
 ビンゴです! Oさんです! 思わず話が弾みます。
 「二次試験、合格おめでとう! これから最終の発表、見に行くんだよね。合格しているといいね!」
 「ハイ!でも、最終選考に残った人で、試験官の先生にフルートを教わっていないのは私だけなんです。他の受験生はみんな試験官の先生の教え子なんです。だから、もしかしたら不利なのかもしれません。でも、私は、そういうことに関係なく、正々堂々と合格したいんです。」

 この言葉にまたしびれました。Oさんはどこまで、カッコいいんでしょうか。
 その日の夜、Oさんからメールが届きました。

 大学は不合格でした。悔しいけど、やるだけのことはやったので後悔はしていません。むしろ、すごく幸せな気持ちです。これまで本当にたくさんの人に支えてもらって、感謝してもしきれません。将来、この出来事が、「自分にとってプラスになっていた」と断言できるように頑張りたいと思います。

 残念な結果ではありましたが、私は、また感動してしまいました。「むしろ、すごく幸せな気持ちです」って…もう、脱帽です。やりきった人の言葉はすごいですね。Oさん、立派です。きっとこの結果は、Oさんの将来にとっての最良の結果なのでしょう。 将来、「あの時、あの大学に落ちたから、今の私がいるんだ」って言えるような人生が待っていると思います。彼女は、学費免除で合格した私立の大学に行くそうです。でもこの大学も学費免除枠はたった一人なんです。それだけでもスゴイですよね。
 翌日、Oさんからこんなメールが届きました

 これから今までお世話になった方々に恩返し出来るように東京で頑張ります! 私がコンサートを開いたら招待券を送らせてください♪

 最後にOさん、こんなことを言っていました。
 「大学に入ってからが大事なんです。合格してしまうと、それで安心してダメになってしまう人がたくさんいるんですって。だから、これからが大事なんです」って。
 
 私は彼女と話をさせていただいて、「人を幸せにするフルート奏者になりたい」という、彼女のまっすぐな意志を感じました。それは、たとえ試験に不合格になっても絶対にぶれない、強い意志です。そして、さらに周りの人達に感謝できる心を持つOさん…彼女の「あり方」を見ていて、彼女なら、絶対に立派なフルート奏者になれると確信しました。
 靴磨きのおじさんと福岡の女子高生の2人から、「どんな仕事でも人を幸せにできる。それを決めるのは、その仕事をする人間の『あり方』」…そんなことを教えていただきました。

Profile:比田井 和孝(ひだい かずたか)

比田井 和孝さん
1969年5月18日 長野県望月町(現佐久市)生まれ。望月中学校、野沢北高校、東京理科大学を卒業。現在は上田情報ビジネス専門学校 副校長。日夜学生の幸せを考え、バリバリ実行していく熱血漢で、その行動力と人柄を慕って、様々な職種の方々が全国から彼の元を訪れる。「就職対策授業」では、形ばかりの就職指導ではなく、物事に対する姿勢や「人として大切なこと」を説く。学生達は、そのアツい授業に思わず引き込まれ、感動し、時には涙することも。この授業で見違えるように変わった学生も多い。また、全国各地からの講演依頼が後を絶たず、講演実績は86,000人を超え、「号泣しました…」「人生を変える一日になりました」など、感動の声が毎日続々と寄せられている。

【講演実績】 (株)船井総合研究所(東京都)、博多青松高校(福岡県)、東御市教育委員会(長野県)、東葛飾学校事務連絡協議会(千葉県)、下氷鉋小学校(長野県)、野村證券(株)、柏崎高校(新潟県)、佐久長聖高校(長野県)、愛知県教員組合青年部、浦添市こども文化連盟(沖縄県) 他。
平成23年度実績 講演137回30,157名
【著書】 『私が一番受けたいココロの授業』(ごま書房新社) 
     『私が一番受けたいココロの授業 講演編 与える者は、与えられる』(ごま書房新社)
【ラジオ】 FM長野 「ヒダカズのココロの授業」 (毎週水曜18:55〜) 
【DVD】 「私が一番受けたいココロの授業」、同PART2 レンタル中 (TSUTAYA書店全店)
【ブログ】 「ヒダカズのココロの授業 比田井通信編」
       
【連絡先】 上田情報ビジネス専門学校 〒386-8691 長野県上田市中央3−7−5
       TEL 0268-22-0255
       http://www.uejobi.ac.jp/
バックナンバー
2017.03.01 :誕生日 (佐藤 弥生子(さとう やえこ))
2017.02.15 :毎日を愛する。 (佐藤 弥生子(さとう やえこ))
2017.02.01 :はたらきの『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2017.01.15 :育ちあう『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2017.01.01 :全てをはぐぐむ『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2016.12.15 :愛 (彩乃(あやの))
2016.12.01 :根付いた愛情 (彩乃(あやの))
2016.11.15 :場所への愛情 (彩乃(あやの))
2016.11.01 :これからと、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.10.15 :結婚感と、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.10.01 :ひとり旅と、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.09.15 :愛と執着と禁煙宣言 (アトベ ナツコ)
2016.09.01 :父を愛さなければいけないですか? (アトベ ナツコ)
2016.08.15 :わたしがだいじ、ということ (アトベ ナツコ)
2016.08.01 :幸せになる方法 (おひさま てるこ)
2016.07.15 :女性らしさって? (おひさま てるこ)
2016.07.01 :大切なもの【名前】 (おひさま てるこ)
2016.06.15:私が私に愛されるまで (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.06.01 :おいしいとありがとう (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.05.01 :溺愛がもたらしたもの (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.04.15 :愛のかたち (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.04.01 :家族からの愛 繋がっている愛 (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.03.15 :手から溢れる愛。手から伝わる愛。 (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.03.01 :人の愛 愛を伝える (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.02.15 :愛のある対応 (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.02.01 :ふれあうということ (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.01.15 :自分愛+自分愛=親子愛 (天神 里佳(てんじん りか))
2016.01.01 :自分大好き愛。 (天神 里佳(てんじん りか))
2015.12.15 :お金の愛 (天神 里佳(てんじん りか))
2015.12.01 :あなたにしかできないことは、何ですか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.11.15 :どのような愛をもって、“小さなこと”を始めてみますか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.11.01 :愛情は、どうやって伝えますか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.10.15 :信じて待つ (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.10.01 :優しさに包まれて (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.09.15 :出逢いに感謝 (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.09.01 :愛されている子は、とても強い (Naomi(なおみ))
2015.08.15 :愛について (Naomi(なおみ))
2015.08.01 :愛、というもの (Naomi(なおみ))
2015.05.15 :私が思う「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.04.01 :個人活動で感じる「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.03.15 :仕事で感じる「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.02.15 :人は心でできている (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2015.02.01 :次世代につなぐ絆(挑戦) (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2015.01.01 :出逢い(ご縁)から始まる愛 (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2014.12.01 :政治家の命は情熱 (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.11.15 :30年以上人の心に生き続けたことば (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.11.01 :母の膝小僧 (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.10.15 :星に願いを 月に祈りを (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.10.01 :それでもやっりぱり人が好き (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.09.15 :無償の愛をありがとう (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.08.15 :自分への愛について (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.08.01 :多様性の愛 (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.07.15 :衣装から伝えられた 愛 (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.07.01 :愛は伝わる〜以心伝心〜 (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.06.15 :今を変えなければ明日を作れない (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.06.01 :支える愛 (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.05.15 :感謝するより大切な事 (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.05.01 :愛を知らない世代に伝えるべき事 (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.04.15 :家族の愛とは (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.04.01 :「おお、友よ!」 出会いと友情と歓喜の歌と (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.03.15 :「世のため人のため」「誠は天の道なり」と祖父は云い…… (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.03.01 :「歳歳年年人同じからず」されど、人の思いは連なっていく (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.02.15 :愛することと別離について (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.02.01 :身近な者を幸せにするということ (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.01.15 :「共に生きるために」人と農を根幹に据えるアジア学院から教えられたこと (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.01.01 :マンデラさんの死と「I am not Chinese」 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.12.15 :八田與一を偲ぶ台南での5月8日 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.12.01 :スコットランドでの賀川豊彦再発見 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.11.15 :大宮公園と本多静六 〜大宮からの報告 そのB〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.11.01 :何かあったら、まずお氷川さまへ 〜大宮からの報告 そのA〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.10.15 :地域で一番の通り目指して 〜大宮からの報告 その@〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.10.01 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その3〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.09.15 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その2〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.09.01 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その1〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.08.15 :封建時代が座っていた! (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.08.01 :避病院への道 (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.07.15 :八月二十四日 三貂(てん)角沖三マイル (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.07.01 :猫の事務所 (室井 三紀(むろい みき))
2013.06.15 :義経が好き (室井 三紀(むろい みき))
2013.06.01 :琵琶と旅して (室井 三紀(むろい みき))
2013.05.15 :戦後の話(随想) (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.05.01 :戦争への足音 (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.04.15 :思い出の記 (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.04.01 :ホワイトバッファローの祈り (美炎(みほ))
2013.03.15 :戻るところ (美炎(みほ))
2013.03.01 :風がふくとき (美炎(みほ))
2013.02.15 :愛を感じる豊かな風景 (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2013.02.01 :いのちのつながり感じる暮らし (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2013.01.15 :子どもの誕生と気付き (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2012.12.01 :NICUのちいさないのち (宮崎 雅子(みやざき まさこ))
2012.11.15 :誕生の場で見つめてきたこと (宮崎 雅子(みやざき まさこ))
2012.11.01 :愛の記憶 (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.10.15 :愛ゆえに人は苦しまねばならないのか。 (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.10.01 :哀しみの果てに輝く美しさ (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.09.15 :そして最高に愛しい人と出会った 米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.09.01 :偉大なる愛の瞬間 至高体験 (米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.08.15 :幾千民族 愛情と戦場 (米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.08.01 :愛するということ (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.07.15 :「呼吸」には力がある (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.07.01 :私にできる「小さな愛」 (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.06.15 :魂は、あなたが気づくのを待っている (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.06.01 :新しいコミュニケーション時代に必要なこと (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.05.15 :「人のご縁」が人生の変容を迫ってくる (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.05.01 :生きざまを残す  (比田井 和孝(ひだい かずたか)
2012.04.15 :どんな仕事でも人を幸せにできる。大切なのはその人の「あり方」 (比田井 和孝(ひだい かずたか))
2012.04.01 :船井幸雄先生の教え「何のために働くのか」 (比田井 和孝(ひだい かずたか))
2012.03.15 :いつも神さまは… (矢島 実(やじま みのる))
2012.03.01 :困難のおかげで気付けた愛 (矢島 実(やじま みのる))
2012.02.15 :116テンポがつないでいくれた愛 (矢島 実(やじま みのる))
2012.02.01 :父からの「愛のバトン」 (片岡 由季(かたおか ゆき))
2012.01.15 :自分を愛するということ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2012.01.01 :いつかめぐり会うあなたへ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2011.11.15 :「慈愛」の心を持つ努力 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.11.01 :愛を失わないためにできる事。 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.10.15 :愛を感じる「時」 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.10.01 :日常の中で小さな幸せを感じる方法 (眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.09.15 :香りをつかって「愛」を呼び込む方法 (眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.09.01 :スキンシップから目覚める自己革命(眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.08.15 :大切なものを大切にするということ(水村 和司(みずむら かずし))
2011.08.01 :あなたのミッションは何ですか?(水村 和司(みずむら かずし))
2011.07.15 :悲しみのクラスター(水村 和司(みずむら かずし))
2011.07.01 :いちばんたいせつなことって、いったい何?(佐藤 伝(さとう でん))
2011.06.15 :恋は “カゼ”(佐藤 伝(さとう でん))
2011.06.01 :パートナーは、人が運んでくる(佐藤 伝(さとう でん))
2011.05.15 :単純なものに真実がある(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.05.01 :本気で叱る、関わり続けるということ(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.04.15 :今の自分がいる理由(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.03.24 :人生を愛で満たす(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.03.01 :愛のバトン(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.02.15 :“愛”はすでに自分の中にある(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.02.01 :“おめでとう”は器のバロメータ(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))
2011.01.15 :“ありがとう”は魔法の言葉(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))
2011.01.01 :愛を持って(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))



51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター