img

リレーでつなぐ"ハート"の話

このページは、リレー形式でそれぞれの人に“愛”をテーマに、恋愛や家族愛、人間愛、パートナーシップ、コミュニケーション、大切な人への想い…などを自由に語っていただくページです。 それぞれの方に半月に1回、計3回ずつご執筆いただき、その方から次にご執筆いただける方を紹介していただく形をとっています。順々に人と人とのつながりの輪が広がっていきます。

2015.10.15(第102回)
♪今回の執筆者♪
荒木 真由美さん(3回目・最終回)
(荒木 真由美さんの詳しいプロフィールはページ下にあります。)
信じて待つ

 いよいよ最後の回になりました。リレーで言えば最後の直線コースです。
 今回は、9年通っている奈良県にある私立大学での話をいたします。
 私は9年前、建学3年目の大学でご縁をいただき1回生に「会話とマナー」の前期授業を教え始めました。最初は選択科目、2コマの授業からのスタートでしたが、2年目は推奨科目となり、一気に理学療法学科、健康栄養学科、人間環境デザイン学科、現代教育学科、5コマの授業に拡大。2006年に看護医療学科が創設となり、そこからは6コマの授業。2009年からは必修科目となりました。
 その間「会話とマナー」、「キャリアデザインセミナー」、「キャリア入門セミナー」と名称が変化しましたが、授業の内容はほぼ変わらず、シラバス(※講義・授業の大まかな学習計画)には、「各学部で求められる特性を捉えつつ、社会人として最も求められるコミュニケーション能力を磨き、良い人間関係を築くための自己理解や他者理解、社会人基礎力(チームワーク力、前に踏み出す力、考え抜く力)、人としての基本マナーを身につけ、4年後の自分像を確立していくこと。講義、実技指導、グループワーク、プレゼンを交えた参加型授業から感性豊かな人間性を養う」と掲げています。
 そして、大学の授業はある時期から理学療法学科と看護医療学科に絞り、3年前からは体力的なものもあり、看護医療学科のみ担当をしています。それはかつての病院勤務、現在の病院研修を通して、感性豊かで心ある医療従事者を育てたいとの思いからです。

 授業では、まず「患者さんやそのご家族が安心できる表情と気持ちの良い挨拶を」と言い、「アイコンタクトのない挨拶は受けません」と、私を患者と思い、その家族だとイメージし、「よろしくお願いいたします」とお辞儀をしてからスタートします。
 えっ、今どきそんなことまで、しかも大学でとお思いかもしれませんが、挨拶がろくに出来ない看護師を数多く見て来ていますので、気持ちの良い挨拶がどれほど大切かを徹底して教えます。授業の回を重ねるごとに姿(形)が整い、心のこもった挨拶ができるようになります。しかもヤル気のスイッチを入れるけじめのある言葉に育っていきます。

 13回目の授業あたりから、全員の挨拶を受けると思わず涙が零(こぼ)れそうになります。それ程心がこもった挨拶をしてくれるのです。98名の学生達と心が通い、信じ合えている実感を持たせてもらえる幸せがそこにはあります。
 お仕着せではなく、何のために挨拶は必要か、それはどのようにすれば好感を持たれる挨拶になるか、キチンとマナーを教えれば、意味を理解して自らの選択で行動し、相手に伝わる「形」で表現できるようになります。
 それを学生には「マナーとは相手を思う気持ち(心)を、好感を持たれる表情と態度で形にする」ことが大切なのよと伝えています。
 そして15回の授業を通して、最も大事にしているのが『信じて待つ』姿勢です。
 この姿勢が一番問われるのが社会人基礎力の授業です。この授業内容は、ティーチングに慣れ親しんだ18歳の学生達には少々難解で講義の座学だけで教えて身につくものではありません。
 そこで他の学部の先生方と相談し、テーマを与え、1グループ12名のチームを作り、学部別チーム対抗の課題発表という形式を取り、<考え抜く力>・<前に踏み出す力>・<チームで働く力>を養えるよう指導していきます。

 「社会の人間関係は選べない」ことを大前提に、グループ作りは、好きな人とだけ集まりがちな偏りを防ぐため、くじ引き。グループになってからは「こんな人とチームなりたい・こんな人とはチームになりたくない」の話合いをさせ、積極的に発言する習慣を身につけさせます。
 「こんな人とはチームになりたくない」と意見発表をしたら自分の行動に責任が伴い、言葉を聞いたら自分を正す機会になることが狙いです。
 各グループが発表するときは、「いくつ(数)意見が出、それはこのような内容(具体的内容)です」と、相手に分かり易い発表の仕方をレクチャーします。
 している事ひとつ一つに意味と意図があることを告げ、これからの人生の財産になる大切な要素があると教えます。意味や意図を教えずに物事を進めると、考えもせず、仕方だけをその場で訊く「指示待ち族」を生みかねませんから。意味を理解し意図を知れば、以後、意識して行動できるようになります。

 その取り組みをした後に課題発表日を伝え、後は一切の指示を出しません。
 毎年この段階で「えっ〜〜」と声が上がります。
 このとき私は「課題発表の目的は、社会人基礎力を知識として学ぶのではなく、身につけること。あなた方には無限の可能性があります。私はあなた方が必ず出来ると信じています。だからこそ敢えて具体的な指示は一切出しません。テキストに書いてある社会人基礎力を意識し、課題に対しグループ全員でしっかり話合い、練習をし、仕上げて下さい。 そして他の学部との合同授業で順位を競います」とだけ伝えます。
 ここからが学生たちの本領発揮です。些(いささ)かの戸惑いを見せながら、一生懸命課題に向き合う姿……。不思議なくらい誰ひとり、反発的な態度や反抗的な行動をとる学生はいません。何故なら意図を理解し納得して行動するからです。納得してもらえる言い方をするのが講師の力量と自負しています(笑)。

 私の中に、「なって欲しい姿」、「あって欲しい姿」が無い訳ではありません。他の学部より優れていて欲しいと思う気持ちもあります。細かく指示をし、その形に誘導するのは簡単なことです。失敗することなくその姿に仕上げることは容易いことです。
 しかし、ここが辛抱のしどころです。学生たちの<考え抜く力>・<前に踏み出す力>・<チームで働く力>を育む機会を奪うことにつながると、強く自分を戒めます。
 手も口も出さず、ひたすら見守る……。失敗をする経験の機会を奪わない。そのことで学生の中で自発性が芽生え、この日を境に、驚くほど成長していきます。未熟であっても自主性を尊重することで、育つものが多くあると毎年感じます。
 それだけに発表当日は、感動の連続です。この日を迎えるまでに限られた時間の中で話合いを持ち、どのように工夫をしながら、どれだけ練習を積んで来たのか、その成果がはっきりと出ますが、どのチームも素晴らしい笑顔で演じ切るのです。他のチームが発表するのを観る態度も励ましや優しさに溢れています。順位は、学生たちのみで評価表に記入し決定します。ここでも私たち講師陣は一切口出ししません。思うような順位がもらえなくて悔しい思いをすることで、反省点を見つけ、今後の指針にしていく気づきを持ち合わせていくのです。ベストを尽くしての失敗は残念だけれど悔いがありませんと書いているグループもありました。

 このような姿から、学びとる力は私たちが与え過ぎないことでしっかり身につけて行くと確信しました。
 最終授業のレポートでは「お互いに支え合いながら、協力しあうことの大切さを学びました」「この授業で失敗を恐れず、自分がどうなりたいか、そのために必要な能力とは何かを考え、自分の意志で行動する大切さを学ぶことができました」「全授業から、チームで協力することの大切さを学び、失敗しても挫けない強い心を得ることができました」等々、「達成感が持てた喜び」「練習を通して芽生えた連帯感」と多くの学生が書いていました。
 信じて待つとは、何もしないでただ待つという意味ではありません。課題は何のためにするのか、目的をきちんと教え、その後は、失敗も含めて徹底して見守ることに尽きると思うのです。
 これには忍耐が求められます。結局は自分自身の在り方が問われるといつも感じます。

 最後に、学生たちが私の姿を見て、書いてくれた文章を紹介して終わります。
 「他の学科の人たちから、看護のキャリアの先生は怖いんやろ? とよく言われたが、私は荒木先生の授業が受けられて本当に良かったと思います」
 「厳しいと思われがちですが、そこにはしっかり愛があると伝わっています」
 「先生の厳しさのある温かい講義を忘れずにこれからも成長していきたいです」
 「厳しいけれど、生徒にとても優しい荒木先生に出会えてよかったです」

 私はこれからも愛を持って厳しくあり続けますね。

Profile:荒木 真由美(あらき まゆみ)

荒木 真由美さん
京都市内のホテル、病院勤務を経て、2000年から研修講師として独立。
ホテル在職中はゲストサロンマネージャーとして皇太子殿下をはじめ、多くのVIPを接遇。
ホスピタリティの本質を学ぶ。
その後、病院勤務にて院長秘書を務める傍ら、事務長代行として居宅支援事業所設立に携わり、秘書時代から介護もサービス業と新設介護施設の接遇マナーを教え始める。
現在、かつての経歴を活かし主に病院、介護、福祉施設等の研修講師として活動中。
私のモットーは「いくつ歳を重ねても今が旬」「やる気に賞味期限はない」この二つを大切にしています。
研修はライブ。受講者と共に作り上げていく時間だと思っています。一方的な講義ではなく参加型のスタイルを大切に、現場をよく理解し、事例紹介を多数織り込む内容を心がけています。
また9年間、奈良県の私立大学にて現代教育学科、人間環境デザイン学科、健康栄養学科、理学療法学科、看護医療学科一回生を対象に前期必修科目の「キャリア入門セミナー」の講師を務めています。

<主な研修先>
社会医療法人愛仁会グループ(大阪・明石)/京都第一赤十字病院/第二赤十字病院
三菱京都病院/高齢者総合施設健光園(京都)/地域密着型総合ケアセンターきたおおじ(京都)
社会福祉法人八起会(滋賀)/高齢者総合施設虹ヶ丘(京都府)/社会福祉法人はしうど福祉会(京都府)/全国手話研修センター(京都市)/福祉サービス事業所カフェレストランほのぼの屋(舞鶴市)/福祉サービス事業所カフェレストランジョイント・ほっと(京都)他多数。
URL:http://office-skipper.jp
バックナンバー
2017.11.15 :お店屋さんごっこから 未来へ (升光 泰雄(ますみつ やすお))
2017.11.01 :未来からの委託を感じて・・・ (升光 泰雄(ますみつ やすお))
2017.10.15 :内なるちびっこワールド (升光 泰雄(ますみつ やすお))
2017.10.01 :家族の絆が愛の原点 (藤田 裕之(ふじた ひろゆき))
2017.09.15 :チャイルド・ファースト (藤田 裕之(ふじた ひろゆき))
2017.09.01 :愛の原点は「レジリエンス」 (藤田 裕之(ふじた ひろゆき))
2017.08.01 :やっぱり「愛」 (柱本(藤田) めぐみ(はしらもと(ふじた) めぐみ))
2017.07.15 :こころのつながり (柱本(藤田) めぐみ(はしらもと(ふじた) めぐみ))
2017.07.01 :愛してる… (柱本(藤田) めぐみ(はしらもと(ふじた) めぐみ))
2017.06.15 :PTAとトイレ掃除 (加藤 陽一(かとう よういち))
2017.06.01 :海外留学と母、そして友情 (加藤 陽一(かとう よういち))
2017.05.15 :私の人生 (加藤 陽一(かとう よういち))
2017.05.01 :夢 (大野 丈(おおの じょう))
2017.04.15 :機会 (大野 丈(おおの じょう))
2017.04.01 :知ることにより、もたらされる愛 (大野 丈(おおの じょう))
2017.03.15 :仲間 (佐藤 弥生子(さとう やえこ))
2017.03.01 :誕生日 (佐藤 弥生子(さとう やえこ))
2017.02.15 :毎日を愛する。 (佐藤 弥生子(さとう やえこ))
2017.02.01 :はたらきの『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2017.01.15 :育ちあう『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2017.01.01 :全てをはぐぐむ『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2016.12.15 :愛 (彩乃(あやの))
2016.12.01 :根付いた愛情 (彩乃(あやの))
2016.11.15 :場所への愛情 (彩乃(あやの))
2016.11.01 :これからと、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.10.15 :結婚感と、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.10.01 :ひとり旅と、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.09.15 :愛と執着と禁煙宣言 (アトベ ナツコ)
2016.09.01 :父を愛さなければいけないですか? (アトベ ナツコ)
2016.08.15 :わたしがだいじ、ということ (アトベ ナツコ)
2016.08.01 :幸せになる方法 (おひさま てるこ)
2016.07.15 :女性らしさって? (おひさま てるこ)
2016.07.01 :大切なもの【名前】 (おひさま てるこ)
2016.06.15:私が私に愛されるまで (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.06.01 :おいしいとありがとう (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.05.01 :溺愛がもたらしたもの (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.04.15 :愛のかたち (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.04.01 :家族からの愛 繋がっている愛 (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.03.15 :手から溢れる愛。手から伝わる愛。 (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.03.01 :人の愛 愛を伝える (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.02.15 :愛のある対応 (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.02.01 :ふれあうということ (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.01.15 :自分愛+自分愛=親子愛 (天神 里佳(てんじん りか))
2016.01.01 :自分大好き愛。 (天神 里佳(てんじん りか))
2015.12.15 :お金の愛 (天神 里佳(てんじん りか))
2015.12.01 :あなたにしかできないことは、何ですか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.11.15 :どのような愛をもって、“小さなこと”を始めてみますか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.11.01 :愛情は、どうやって伝えますか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.10.15 :信じて待つ (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.10.01 :優しさに包まれて (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.09.15 :出逢いに感謝 (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.09.01 :愛されている子は、とても強い (Naomi(なおみ))
2015.08.15 :愛について (Naomi(なおみ))
2015.08.01 :愛、というもの (Naomi(なおみ))
2015.05.15 :私が思う「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.04.01 :個人活動で感じる「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.03.15 :仕事で感じる「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.02.15 :人は心でできている (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2015.02.01 :次世代につなぐ絆(挑戦) (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2015.01.01 :出逢い(ご縁)から始まる愛 (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2014.12.01 :政治家の命は情熱 (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.11.15 :30年以上人の心に生き続けたことば (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.11.01 :母の膝小僧 (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.10.15 :星に願いを 月に祈りを (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.10.01 :それでもやっりぱり人が好き (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.09.15 :無償の愛をありがとう (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.08.15 :自分への愛について (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.08.01 :多様性の愛 (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.07.15 :衣装から伝えられた 愛 (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.07.01 :愛は伝わる〜以心伝心〜 (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.06.15 :今を変えなければ明日を作れない (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.06.01 :支える愛 (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.05.15 :感謝するより大切な事 (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.05.01 :愛を知らない世代に伝えるべき事 (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.04.15 :家族の愛とは (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.04.01 :「おお、友よ!」 出会いと友情と歓喜の歌と (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.03.15 :「世のため人のため」「誠は天の道なり」と祖父は云い…… (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.03.01 :「歳歳年年人同じからず」されど、人の思いは連なっていく (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.02.15 :愛することと別離について (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.02.01 :身近な者を幸せにするということ (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.01.15 :「共に生きるために」人と農を根幹に据えるアジア学院から教えられたこと (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.01.01 :マンデラさんの死と「I am not Chinese」 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.12.15 :八田與一を偲ぶ台南での5月8日 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.12.01 :スコットランドでの賀川豊彦再発見 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.11.15 :大宮公園と本多静六 〜大宮からの報告 そのB〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.11.01 :何かあったら、まずお氷川さまへ 〜大宮からの報告 そのA〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.10.15 :地域で一番の通り目指して 〜大宮からの報告 その@〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.10.01 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その3〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.09.15 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その2〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.09.01 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その1〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.08.15 :封建時代が座っていた! (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.08.01 :避病院への道 (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.07.15 :八月二十四日 三貂(てん)角沖三マイル (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.07.01 :猫の事務所 (室井 三紀(むろい みき))
2013.06.15 :義経が好き (室井 三紀(むろい みき))
2013.06.01 :琵琶と旅して (室井 三紀(むろい みき))
2013.05.15 :戦後の話(随想) (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.05.01 :戦争への足音 (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.04.15 :思い出の記 (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.04.01 :ホワイトバッファローの祈り (美炎(みほ))
2013.03.15 :戻るところ (美炎(みほ))
2013.03.01 :風がふくとき (美炎(みほ))
2013.02.15 :愛を感じる豊かな風景 (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2013.02.01 :いのちのつながり感じる暮らし (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2013.01.15 :子どもの誕生と気付き (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2012.12.01 :NICUのちいさないのち (宮崎 雅子(みやざき まさこ))
2012.11.15 :誕生の場で見つめてきたこと (宮崎 雅子(みやざき まさこ))
2012.11.01 :愛の記憶 (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.10.15 :愛ゆえに人は苦しまねばならないのか。 (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.10.01 :哀しみの果てに輝く美しさ (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.09.15 :そして最高に愛しい人と出会った 米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.09.01 :偉大なる愛の瞬間 至高体験 (米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.08.15 :幾千民族 愛情と戦場 (米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.08.01 :愛するということ (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.07.15 :「呼吸」には力がある (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.07.01 :私にできる「小さな愛」 (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.06.15 :魂は、あなたが気づくのを待っている (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.06.01 :新しいコミュニケーション時代に必要なこと (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.05.15 :「人のご縁」が人生の変容を迫ってくる (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.05.01 :生きざまを残す  (比田井 和孝(ひだい かずたか)
2012.04.15 :どんな仕事でも人を幸せにできる。大切なのはその人の「あり方」 (比田井 和孝(ひだい かずたか))
2012.04.01 :船井幸雄先生の教え「何のために働くのか」 (比田井 和孝(ひだい かずたか))
2012.03.15 :いつも神さまは… (矢島 実(やじま みのる))
2012.03.01 :困難のおかげで気付けた愛 (矢島 実(やじま みのる))
2012.02.15 :116テンポがつないでいくれた愛 (矢島 実(やじま みのる))
2012.02.01 :父からの「愛のバトン」 (片岡 由季(かたおか ゆき))
2012.01.15 :自分を愛するということ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2012.01.01 :いつかめぐり会うあなたへ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2011.11.15 :「慈愛」の心を持つ努力 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.11.01 :愛を失わないためにできる事。 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.10.15 :愛を感じる「時」 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.10.01 :日常の中で小さな幸せを感じる方法 (眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.09.15 :香りをつかって「愛」を呼び込む方法 (眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.09.01 :スキンシップから目覚める自己革命(眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.08.15 :大切なものを大切にするということ(水村 和司(みずむら かずし))
2011.08.01 :あなたのミッションは何ですか?(水村 和司(みずむら かずし))
2011.07.15 :悲しみのクラスター(水村 和司(みずむら かずし))
2011.07.01 :いちばんたいせつなことって、いったい何?(佐藤 伝(さとう でん))
2011.06.15 :恋は “カゼ”(佐藤 伝(さとう でん))
2011.06.01 :パートナーは、人が運んでくる(佐藤 伝(さとう でん))
2011.05.15 :単純なものに真実がある(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.05.01 :本気で叱る、関わり続けるということ(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.04.15 :今の自分がいる理由(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.03.24 :人生を愛で満たす(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.03.01 :愛のバトン(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.02.15 :“愛”はすでに自分の中にある(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.02.01 :“おめでとう”は器のバロメータ(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))
2011.01.15 :“ありがとう”は魔法の言葉(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))
2011.01.01 :愛を持って(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))



本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター