img

リレーでつなぐ"ハート"の話

このページは、リレー形式でそれぞれの人に“愛”をテーマに、恋愛や家族愛、人間愛、パートナーシップ、コミュニケーション、大切な人への想い…などを自由に語っていただくページです。 それぞれの方に半月に1回、計3回ずつご執筆いただき、その方から次にご執筆いただける方を紹介していただく形をとっています。順々に人と人とのつながりの輪が広がっていきます。

2014.02.01(第71回)
♪今回の執筆者♪
賀川 一枝さん(2回目)
(賀川さんの詳しいプロフィールはページ下にあります。)
身近な者を幸せにするということ

 愛について考えるとき、私はどうしても身近な存在に下りていってしまう。世界の平和を祈る前に、すぐそばにいる人を幸せにするところから始めなくてはと思うからだ。
 愛するという行為は一方的に与えるイメージがあるが、本来は相手の価値観に沿って行うべきである。そして、その愛が正しく相手に届いたかどうかは、相手が幸せになったかどうかで測ることができるのでないだろうか。

 努力家の母と行き当たりばったりの父。今から思えば、父の頼りなさは子どもたちの自立心を促したのであるが、渦中にいたころはそんな風に考える余裕などない。
 「努力すれば、自力でなんとでもなる」という気概で人生を突き進んできた私にとって、父は、自分の力ではどうしようもならない存在だった。

 新約聖書に「求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである」(マタイによる福音書7章7〜8節)という句があるが、私にとってはどんなに求めてもかなえられないこととして父の存在があって、信仰のつまずきにもなっていた。
 ところが、改めて今、父のどこがどう問題だったのか思い起こそうとすると、大したことではなかったんだと思えるようになっている。文句はいっぱいあるのだが、いちいちあげつらうことのできない自分がいる。

 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985年のアメリカ映画)で、主人公のマーティがつまらないことで腹を立てて人生を台無しにするのを、タイムマシンで時空を行ったり来たりしながら修正していく姿を見ると、父がもう一度人生をやり直せたら、こんな風に助言をして良い方向に導いてあげられるのに、と思う。担ぎ上げられて大将になるけれど、それに見合った努力をしないでせっかくのチャンスを棒に振るということを繰り返した父は、家族にとっても親族にとっても困った存在だった。
 母は心労で身体を壊してしまい、そして熟年離婚。夫婦は離婚すれば他人だけれど、子どもにとっては親であることに変わりはない。夫に対して多少肩身の狭い思いもしたが、好きに生きるという点では夫も父も似た者どうしだったから、それほど気兼ねせずに父とのつき合いを続けられた。

 それには仲人をしてくださった井上喜雄牧師のアドバイスが生きている。
 結婚前に井上牧師から「互いの親族の悪口を言わないこと。女の人は正しいことを言って夫を追いつめないこと。この二つを守っていれば、夫婦円満でいられます」という教えを受けたのである。
 一つ目はともかく、二つ目は男女差別じゃないかと憤慨したのだが、人生の極意だということをやがて理解した。
 寮のある会社に採用され、高齢になっても警備員として真夏の炎天下や極寒の冬空の下に立ち続ける父に「生活保護をもらったらいいのに」と言うと、「もっと困っている人がいるんだから、自分がもらうわけにはいかない」という答え。そんな殊勝な考えがあるんだったら、なんでもっと早くに軌道修正ができなかったのだろうと、胸が痛くなった。
 年末年始に一緒に過ごし、松が明けると寮へ帰って行く父を見送るたびに、「バカね、おにいちゃん」と寅を見送る「フーテンの寅」の妹さくらの気分になっていた。

 70歳を少し過ぎたころ、父が持病の高血圧で倒れた。祖父も同じように倒れて半身不随になったから、いよいよと覚悟をしたのだが奇跡的に後遺症はなかった。同居しようと決めて、救急車で運ばれた病院から退院した足で我が家に迎え入れた。
 自分の親とはいえ、同居に際してはさまざまな軋轢があった。一番問題になったのは、父が自分を厄介者だと思って抱くコンプレックスである。コンプレックスが妙なプライドを刺激するのだ。井上牧師が言うように「正しいことで追いつめる」と、人はコンプレックスを抱くようになる。動物としてナイーブな男性に、女の人の生真面目さをぶつけるのが得策でないことは、自分の経験からも明らかだった。

 父のコンプレックスはこれまでもさまざまな障害の原因になった。父はその弱さゆえに、虚勢を張らなければ生きていけない人間だったのである。そして不幸にして、その弱さを受け止めて慈しむ人間に巡り合うことができなかったのだ。
 我が家に来てからも、さぞかし居心地が悪かっただろう。小さな事件をきっかけに、父が「お前はおれよりも犬のほうが大事なんだろう」と声を荒げたことがある。そんな馬鹿なことを言わないと気が済まないところまで追いつめられていたのである。

 売り言葉に買い言葉で、行くあてもないのに「出て行く」と言った父に、一瞬、二つの感情が沸き上がった。一つは怒りに任せて無情に決別を言い渡す自分。もう一つは、積年の確執を融かし去りたいと願う自分であった。
 怒りではなく「もう無理しなくていい。ここが自分の居場所だと信じてほしい」と私が労(いたわ)りの言葉をかけることができたのは、なぜだったのだろうか。年老いて痩せた父が肩をふるわす。自分の力ではどうしようもできない存在だと絶望していた父に、やっと気持ちが通じたことを確信した。
 心から求めれば思いは必ず伝わる。伝わらないのは、「求めず、捜さず、門を叩かない」からだ。

 これは愛なのだろうか。そして、許すことができたのは自分の親だったからか。何度も考えてきたことだけれど、愛は血縁などという了見の狭いものにとらわれはしないと信じている。
 家は家族の記憶装置であり、「家族を『する』」ことで家族になっていく、と芥川賞作家の藤原智美さんが言っていた。父を許した私は、幼いころに父からもらった愛やいつくしみの記憶がつくったものなのだ。家族になることは、血のつながりやつき合いの長さに左右されない。かけた手間、思いの数だけ濃密になる。そこに血縁を超えた「新しい家族」を築く可能性が隠れている。

Profile:賀川 一枝(かがわ かずえ)

賀川 一枝さん
編集者 善福寺川を里山にカエル会
1961年東京都渋谷区に生まれる。1984年日本女子大学家政学部児童学科卒業後、コピーライターとしてグラフィックデザイン事務所に入社。結婚後は世田谷区上北沢に暮らす。広告媒体の企画、コピーライティング及びスタイリストの仕事に従事。8年間手がけていた山の家を完成させ、2005年より拠点を山梨県都留市に移す。2011年〜2014年ミツカン水の文化センター 機関誌『水の文化』編集長。現在は杉並区の善福寺川再生プロジェクトと、水による都留市の活性化に取り組む。
バックナンバー
2017.03.01 :誕生日 (佐藤 弥生子(さとう やえこ))
2017.02.15 :毎日を愛する。 (佐藤 弥生子(さとう やえこ))
2017.02.01 :はたらきの『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2017.01.15 :育ちあう『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2017.01.01 :全てをはぐぐむ『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2016.12.15 :愛 (彩乃(あやの))
2016.12.01 :根付いた愛情 (彩乃(あやの))
2016.11.15 :場所への愛情 (彩乃(あやの))
2016.11.01 :これからと、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.10.15 :結婚感と、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.10.01 :ひとり旅と、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.09.15 :愛と執着と禁煙宣言 (アトベ ナツコ)
2016.09.01 :父を愛さなければいけないですか? (アトベ ナツコ)
2016.08.15 :わたしがだいじ、ということ (アトベ ナツコ)
2016.08.01 :幸せになる方法 (おひさま てるこ)
2016.07.15 :女性らしさって? (おひさま てるこ)
2016.07.01 :大切なもの【名前】 (おひさま てるこ)
2016.06.15:私が私に愛されるまで (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.06.01 :おいしいとありがとう (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.05.01 :溺愛がもたらしたもの (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.04.15 :愛のかたち (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.04.01 :家族からの愛 繋がっている愛 (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.03.15 :手から溢れる愛。手から伝わる愛。 (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.03.01 :人の愛 愛を伝える (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.02.15 :愛のある対応 (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.02.01 :ふれあうということ (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.01.15 :自分愛+自分愛=親子愛 (天神 里佳(てんじん りか))
2016.01.01 :自分大好き愛。 (天神 里佳(てんじん りか))
2015.12.15 :お金の愛 (天神 里佳(てんじん りか))
2015.12.01 :あなたにしかできないことは、何ですか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.11.15 :どのような愛をもって、“小さなこと”を始めてみますか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.11.01 :愛情は、どうやって伝えますか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.10.15 :信じて待つ (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.10.01 :優しさに包まれて (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.09.15 :出逢いに感謝 (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.09.01 :愛されている子は、とても強い (Naomi(なおみ))
2015.08.15 :愛について (Naomi(なおみ))
2015.08.01 :愛、というもの (Naomi(なおみ))
2015.05.15 :私が思う「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.04.01 :個人活動で感じる「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.03.15 :仕事で感じる「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.02.15 :人は心でできている (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2015.02.01 :次世代につなぐ絆(挑戦) (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2015.01.01 :出逢い(ご縁)から始まる愛 (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2014.12.01 :政治家の命は情熱 (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.11.15 :30年以上人の心に生き続けたことば (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.11.01 :母の膝小僧 (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.10.15 :星に願いを 月に祈りを (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.10.01 :それでもやっりぱり人が好き (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.09.15 :無償の愛をありがとう (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.08.15 :自分への愛について (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.08.01 :多様性の愛 (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.07.15 :衣装から伝えられた 愛 (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.07.01 :愛は伝わる〜以心伝心〜 (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.06.15 :今を変えなければ明日を作れない (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.06.01 :支える愛 (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.05.15 :感謝するより大切な事 (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.05.01 :愛を知らない世代に伝えるべき事 (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.04.15 :家族の愛とは (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.04.01 :「おお、友よ!」 出会いと友情と歓喜の歌と (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.03.15 :「世のため人のため」「誠は天の道なり」と祖父は云い…… (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.03.01 :「歳歳年年人同じからず」されど、人の思いは連なっていく (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.02.15 :愛することと別離について (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.02.01 :身近な者を幸せにするということ (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.01.15 :「共に生きるために」人と農を根幹に据えるアジア学院から教えられたこと (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.01.01 :マンデラさんの死と「I am not Chinese」 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.12.15 :八田與一を偲ぶ台南での5月8日 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.12.01 :スコットランドでの賀川豊彦再発見 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.11.15 :大宮公園と本多静六 〜大宮からの報告 そのB〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.11.01 :何かあったら、まずお氷川さまへ 〜大宮からの報告 そのA〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.10.15 :地域で一番の通り目指して 〜大宮からの報告 その@〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.10.01 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その3〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.09.15 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その2〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.09.01 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その1〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.08.15 :封建時代が座っていた! (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.08.01 :避病院への道 (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.07.15 :八月二十四日 三貂(てん)角沖三マイル (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.07.01 :猫の事務所 (室井 三紀(むろい みき))
2013.06.15 :義経が好き (室井 三紀(むろい みき))
2013.06.01 :琵琶と旅して (室井 三紀(むろい みき))
2013.05.15 :戦後の話(随想) (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.05.01 :戦争への足音 (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.04.15 :思い出の記 (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.04.01 :ホワイトバッファローの祈り (美炎(みほ))
2013.03.15 :戻るところ (美炎(みほ))
2013.03.01 :風がふくとき (美炎(みほ))
2013.02.15 :愛を感じる豊かな風景 (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2013.02.01 :いのちのつながり感じる暮らし (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2013.01.15 :子どもの誕生と気付き (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2012.12.01 :NICUのちいさないのち (宮崎 雅子(みやざき まさこ))
2012.11.15 :誕生の場で見つめてきたこと (宮崎 雅子(みやざき まさこ))
2012.11.01 :愛の記憶 (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.10.15 :愛ゆえに人は苦しまねばならないのか。 (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.10.01 :哀しみの果てに輝く美しさ (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.09.15 :そして最高に愛しい人と出会った 米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.09.01 :偉大なる愛の瞬間 至高体験 (米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.08.15 :幾千民族 愛情と戦場 (米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.08.01 :愛するということ (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.07.15 :「呼吸」には力がある (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.07.01 :私にできる「小さな愛」 (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.06.15 :魂は、あなたが気づくのを待っている (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.06.01 :新しいコミュニケーション時代に必要なこと (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.05.15 :「人のご縁」が人生の変容を迫ってくる (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.05.01 :生きざまを残す  (比田井 和孝(ひだい かずたか)
2012.04.15 :どんな仕事でも人を幸せにできる。大切なのはその人の「あり方」 (比田井 和孝(ひだい かずたか))
2012.04.01 :船井幸雄先生の教え「何のために働くのか」 (比田井 和孝(ひだい かずたか))
2012.03.15 :いつも神さまは… (矢島 実(やじま みのる))
2012.03.01 :困難のおかげで気付けた愛 (矢島 実(やじま みのる))
2012.02.15 :116テンポがつないでいくれた愛 (矢島 実(やじま みのる))
2012.02.01 :父からの「愛のバトン」 (片岡 由季(かたおか ゆき))
2012.01.15 :自分を愛するということ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2012.01.01 :いつかめぐり会うあなたへ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2011.11.15 :「慈愛」の心を持つ努力 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.11.01 :愛を失わないためにできる事。 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.10.15 :愛を感じる「時」 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.10.01 :日常の中で小さな幸せを感じる方法 (眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.09.15 :香りをつかって「愛」を呼び込む方法 (眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.09.01 :スキンシップから目覚める自己革命(眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.08.15 :大切なものを大切にするということ(水村 和司(みずむら かずし))
2011.08.01 :あなたのミッションは何ですか?(水村 和司(みずむら かずし))
2011.07.15 :悲しみのクラスター(水村 和司(みずむら かずし))
2011.07.01 :いちばんたいせつなことって、いったい何?(佐藤 伝(さとう でん))
2011.06.15 :恋は “カゼ”(佐藤 伝(さとう でん))
2011.06.01 :パートナーは、人が運んでくる(佐藤 伝(さとう でん))
2011.05.15 :単純なものに真実がある(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.05.01 :本気で叱る、関わり続けるということ(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.04.15 :今の自分がいる理由(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.03.24 :人生を愛で満たす(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.03.01 :愛のバトン(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.02.15 :“愛”はすでに自分の中にある(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.02.01 :“おめでとう”は器のバロメータ(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))
2011.01.15 :“ありがとう”は魔法の言葉(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))
2011.01.01 :愛を持って(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))



51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター