img

船井幸雄注目の “本物”に携わる人たち

このページでは、舩井幸雄が注目していた、医療、経営、農業、未来予測、占星術などあらゆる分野で活躍する“本物”と言っていい方々を紹介します。それぞれの方に毎月1回、3回ずつコラムを書いていただき、順番にいろいろな方を紹介させていただきます。

2011.9.16(第9回)
★今回の執筆者★
KAZUデンタルクリニック院長 平良 和枝さん(3回目)
(平良さんの詳しいプロフィールはページ下にあります。)
念ずれば花ひらく 〜「花ひらくまで念ずる」〜

 まずは、小さな島の小さな自慢話を・・
 日本全国大小様々な市町村の中で、この予算縮小のおり、「障がい者のみなさんの歯科口腔の健診、および衛生指導について助成をする」という市の単独事業の実施はおそらく、ここ宮古島市だけではないだろうか? 今まで陽の当たらなかった暗闇に一筋の光が差し込んだような・・大げさに聞こえるかも知れないが行政の采配に感謝である。 詳しい内容は、市のホームページでご覧いただくとしてここに至るまでの関係者各位の思いと情熱、馬力、底力(?)はかなりのもので、かくいう私もその中の一人であった。自分のなにがこうガムシャラにさせるのだろうか、ましてや障がい者歯科専門歯科医でもない私が?

 とある時、その答えに出合った。
 「断捨離」と称して部屋の大掃除を始めた私の目に一冊の青いノートが飛び込んできた。そこには「昭和60年5月20日 福岡の小児歯科学会に参加。沖縄で身障者の歯科医療が将来できるようにしたい」と、勢いのある文字で当時の思いが綴られていた。
 「ああー私の行動の原点はここにあったのか!」それにしても神様(?)はなんて粋な計らいをして下さるのだろうか!30年近くになってもちゃんと見せてくれるなんて!
 このとき蒔かれた種(課題)が今ようやく芽(答え)が出始めたと言うわけであろうか。なぜ懸命に取り組んでいるのか、自分でもわからなかった行動の数々が、思いを実現するための、「課題と向き合うため」の道筋であったのか。27年、ずいぶん遠回りしたようにも思えるが・・
 どんなに遠回りをしても、忘れたかのように見えたとしてもそこに行き着くまでは(DNAがつづく限り)、与えられ続けられるような氣がしてむしろ「安心感」に変わっていった。
 ちょっとくらい怠けても休んでも大丈夫、
それはきっと、何らかの形で提供され続けられるるんだろうな〜それぞれの人生の中で、
  「花ひらくまでは・・」
 例え小さな私事でも大きな私事であっても、そこに向き合い続けながら私たちは年を重ねていく・・ 
 そして 年を重ねるという事は・・・?
 「目も悪くなり、足も悪くなり、しまいには歯までも・・・」とわが歯科医院とともに年を重ねてきた患者さんの大半がつぶやく。
 熟女の眼鏡(?)が必要になってきた私も次は足か・・と思いつつ
「何かいいことないですか?」と尋ねる。
「何もない。」
「後から行く私たちに何か良いこと、わかること教えて下さい」と食い下がる私・・
「ん〜あきらめるということかな?」

 あきらめる? なにを? やけに穏やかな顔をして答える患者さん。
 与えられた課題をすべてクリアできなかった今生を、肉体の限界をあきらめる・・? 
 私の納得いく答えはまだ見つかっていない。きっとそれこそもっと年をとってみないとわからないことであろうか? 生きるって「わからないこと」だらけである。ただ 与えられた課題は、私たちそれぞれの「DNAの記憶」の中にそれが解決できるまで永遠にそこに在り続けるような氣はする。だからこそ、今生でできなければそれはそれで次世代のDNAがしっかりと受け継いでくれるような来世にも同じ課題に再チャレンジできるようなそんな妙な「安心感」もある。懸命に生きて、ここまでかとあきらめなければならないとしたら、その時は潔くあきらめたいな、ただし、これでもかこれでもかと「気づきのサイン」はそれこそ今生の続く限り、手を変え品を変え送られるのだろうな・・

 「お口は第一の関所」、あなたにも私にも「気づきのサイン」を送ってくれている。
 お口のトラブルは小さいけれど内と外との「バランスのチェック」の結果を教えてくれる。なぜなら身体の内と外が自由に行き来している器官は他に見あたらない。(無論、細胞レベルの話ではなく)しかも髪や爪と違うのは、口の中の歯の一本一本、神経や血管がとおってる。私たち歯科医師の仕事の大半はその「命」(神経)を取ったり、時には歯そのものを抜いたりと、「命のやりとり」をしているように思える。もちろん、命をまもることも含めてである。・・
 歯の表面ではミクロ(細胞レベル)の世界で、菌による脱灰−再生、脱灰−再生を繰り返しそのもの自体を保とうと必死の戦いをしている。防衛機能が十分に働かなければ表面が溶けていき(穴があき いわゆるむし歯)、死もしくはその場からの破棄となってしまうかもしれない・・こう考えると 毎食後必死に戦う一本の歯が健気に思えてくるから不思議。小さいながらも「命の営みの在り方」を教えてくれている、そんな氣さえする。
 どうぞ一本一本の寿命が尽きるまで、その役目を十分に果たすまで 大切に大切に・・
 歯は28〜32本ある。少しの間違いや勘違いはカバーできるように神様は用意してくださった。でもだからといって粗末にあつかってはいけない。「耐力」には限界がある。くれぐれも大切に・・・ちなみにインプラントや将来的には歯の再生が可能になるであろうが、そこに至るまでの環境が少しも変わらないとしたら、どうであろうか、命の循環の担い手としてその機能を十分に発揮できるであろうか?
 「関所」である口の中は私たちに、生活そのもののバランスの乱れをまっ先に教えているような気がする。
 「ん〜?」と何かに気付いたら、「ハッ」と心にひっかかったらそれは気づきのサイン。
 DNAの記憶がムズムズ、サインを送っているのかもしれない、・・「なにか忘れてませんか? するべき事があるよ〜」
 一つ山越えたら また次の山・・
 課題も次から次へと、課題をすべてクリアできたら何があるのだろうか? ・・人間として生きている限りにおいては誰も明確に答えられないかも知れない。だって人間として今生いるということ自体なにかしらに取り組んでいるはずなのだから・・(みんな発展途上人?)ああー何一つとしてわからない・・メビウスの輪のごとくまた振り出しにもどる。
 船井門下生の末席にいる私は、唯唯目の前の小さな口の中を覗きながら、生き様や世の中に起こる様々な現象を見ようとしているだけなのかも知れない。でも、それでもいいじゃん!今生は・・・いつの日か必ず元(はじめ)の点に戻れるような氣がする。みんな繋がるはじめの点へ・・その時までもがいて、あがいて、そしてあきらめてはもがく・・
 この年になって思うことは「未だに何もわからない自分がいる」という事、わかったかなと思った瞬間またわからなくなる。
 ○○だ!と自信をもって言えない私だけに、お口の中から何がみえるのか? 何を伝えたいのか? 感じることを大切にしたいと思っている。それは耳鼻科の専門医は耳を 眼科専門医は目を、と同じなのかも知れない。
 それぞれに与えられた場所でそれぞれに今ある課題に取り組む。

 「歯医者のおばちゃんになろうっと」と決めた小2の女のこは、そのとおりになった。
 次は最年長のばあちゃん歯科者を目指すとしますか・・・?

 みなさんとお会いする機会を与えて頂き感謝です。ありがとうございました。
 「小さな私事のサインを大切に、」いつかまたの日をめざして!

Profile:平良 和枝(たいら かずえ)

KAZUデンタルクリニック院長
平良 和枝さん
七夕の時期に笹の前で。
1959(昭和34)年12月17日生。1978(昭和53)年、城西歯科大学(現明海大学)入学。1984(昭和59)年、同歯科大学卒業、国家試験合格。口腔外科研修医として、さきたま病院歯科勤務を経て、1988(昭和63)年、沖縄県の宮古島にて、KAZUデンタルクリニック開業。1995(平成7)年〜1999(平成11)年、平良市教育委員就任。2003 (平成15)年より、おきなわみなと女性フォーラム委員、平良市行政改革委員。また、宮古島市町村合併委員、市町村合併将来構想委員長、市町村合併新市建設委員長、宮古島市地域審議委員、宮古地区歯科医師会専務理事、フッ素洗口ネットワーク委員などを歴任する。

KAZUデンタルクリニック:沖縄県宮古島市平良(ひらら)字西里159 
TEL:0980−73−4184

バックナンバー
2017.07.10:奇跡はこうやって起こる (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.06.10:贅沢と、三つのない (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.05.10:働く、と、はたらく (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.04.10:出会いと気づき (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.03.10:光冷暖への歩み6 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.02.10:光冷暖への歩み5 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.01.10:光冷暖への歩み4 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.12.10:光冷暖への歩み3 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.11.10:光冷暖への歩み2 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.10.10:光冷暖への歩み (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.09.10:老いと死を意識して“いまを生きる力”を最大限に発揮する!――いのちの管理者であるあなたこそ人生の主役 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.08.10:生死同源 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.07.10:レット・イット・ゴー(あるがままに) (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.06.10:「イメージパワー」で世界を変える! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.05.10:「気」で潜在脳力を引き出す! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.04.10:「音」で右脳を目覚めさせる! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.03.10:新生地球を創るのは私たち (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.02.10:新生地球を生きるためのクリーニング (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.01.10:新生地球を楽しくスタートするために (山内 尚子(やまうち なおこ))
2015.12.10:未来の光エネルギー (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.11.10:『電磁波、農業、音響への応用』について (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.10.10:次元の高い波動エネルギーの原理原則の一つ 〜『バランスコントロール』について〜 (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.09.10:Enex商品総仕上げ(ナノ) (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.08.10:舩井幸雄先生との出逢い (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.07.10:天然鉱石をEnex特殊加工 (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.06.10:大いなる自己が言う「現在の地球の現状」 (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.05.10:大いなる自己との対話で学んだこと (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.04.10:本物を求めて… (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.03.10:“本物”のテンポは人生を変える (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.02.10:“本物”を創りだすテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.01.10:本物だけが持つテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2014.12.10:つながりを知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.11.10:明日を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.10.10:自分を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.09.10:人生を支えてくれた、思い、知恵、感情、夢。 (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.08.10:元気な体づくりは、電気信号から (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.07.10:サクラが科学の常識を変えた (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.06.10:ダイエットの新常識と、脳の活性化で人生は充実したものとなる (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.05.10:体が若返ると病気は自然に治る。 (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.04.10:細胞を元気にすれば、体のトラブルの9割は改善する (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.03.10:徒然物語 シメククリの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.02.10:徒然物語 ツヅキの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.01.10:徒然物語 ハジメの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2013.12.10:カルシウム不足解消こそ健康への近道 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.11.10:カルシウムは食べるように摂るのが理想 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.10.10:2500万年前から現代人への贈り物 〜真空カルシウム〜 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.09.10:カリカから、本物を学ぶ 〜本物を知ることで、人は・・・正直になれる (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.08.10:科学的根拠を追求することで、“本物”とは何かを知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.07.10:野性のパパイアから、本物を知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.06.10:綾からの発信 〜その3 母としての一筋の道〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.05.10:綾からの発信 〜その2 本ものへの道のり〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.04.10:綾からの発信 〜その1 本ものの定義〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.03.10:世界経済はなぜ不安定化したのか (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.02.10:500年のサイクルで世界を見てみる (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.01.10:情報とメディアの切っても切れない関係 (力石 幸一(ちからいし こういち))
2012.12.10:地球生態系の循環を考慮した新しい社会構想を考える (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.11.10:現在の社会構造 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.10.10:地球生態系の中の人類 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.09.10:触ればわかる ― 触診 (森 美智代(もり みちよ))
2012.08.10:スピリチュアル気功 (森 美智代(もり みちよ))
2012.07.10:少食は世界を1つに、地球を天国にする (森 美智代(もり みちよ))
2012.06.10:すべては心のウチに (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.05.10:体の中の森 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.04.10:森林王国への道 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.03.10:日本が誇る「メタマテリアル」技術! (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.02.10:過去は変わると知っていますか? (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.01.10:22世紀へ続く科学を求めて (清水 美裕(しみず よしひろ))
2011.12.10:医療における死生観 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.11.10:胎内記憶 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.10.10:赤ちゃんと会話しながらお産する(池川 明(いけがわ あきら))
2011.09.16:念ずれば花ひらく 〜「花ひらくまで念ずる」〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.08.12:外と内の世界をつなぐ大切な“お口”〜KAZUデンタルのお口の中は小宇宙〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.07.10:〜はじめまして〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.06.10 :EMによる原子力発電所における高濃度放射能汚染対策と使用済燃料の高度利用の可能性について
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性B〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.05.10:EMによる地域全体の放射能汚染対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性A〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.04.11:EMによる被曝対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.03.10:発明と愛は脳が喜ぶ(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.02.10:船井理論は頭をよくする(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.01.01:脳、気功、武道、クオンタムシフト(矢山 利彦(ややま としひこ))
51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター