img

船井幸雄注目の “本物”に携わる人たち

このページでは、舩井幸雄が注目していた、医療、経営、農業、未来予測、占星術などあらゆる分野で活躍する“本物”と言っていい方々を紹介します。それぞれの方に毎月1回、3回ずつコラムを書いていただき、順番にいろいろな方を紹介させていただきます。

2013.12.10(第36回)
★今回の執筆者★
光商事株式会社 営業部 部長 
鹿本 剛さん(3回目・最終回)
(鹿本さんの詳しいプロフィールはページ下にあります。)
カルシウム不足解消こそ健康への近道

 現代の西洋医学では、カルシウムは不足しても摂り過ぎても問題になると考えられています。しかし、現代人が思うようにカルシウムを摂れていない現状や、カルシウムを摂取しても選ぶ種類によっては、更にカルシウム不足を引き起こすことがあるということを前号までで書かせていただきました。摂り過ぎを心配するよりも、摂れていないものであると認識しておくぐらいの気持ちで、しっかりカルシウムを摂ることをおすすめいたします。なぜならカルシウムは、単に骨の健康だけでなく、からだ全体の健康に大きく関わるからです。

 私たちの体内でカルシウムとはどのように存在するでしょうか?
 皆さんのご想像通り、大部分(99%)は骨に貯蔵されています。残りの1%が血液や細胞の中に存在します。ごく微量であってもこの1%のカルシウムが生命維持にとても重要な役割を担っています。この比率に狂いが生ずると、様々な病気の原因となってしまいます。カルシウムが不足して、体内のカルシウム比率のバランスが崩れてしまう現象をカルシウムパラドックスと言います。

 体内のカルシウムが不足すると、骨に貯蔵されていたカルシウムを溶かして補おうとします。カルシウムが極端に減ると骨は脆くなります。同時に骨から剥がれたカルシウムは、体中に充満し、あふれている状態になります。体内でカルシウム不足が慢性的に続くと、どんどん骨からカルシウムが溶け出して、骨粗鬆症のような状況が起こってしまいます。また、過剰に溶けだしたカルシウムは全て排泄されるわけではありません。一部のカルシウムは、血管や骨、細胞に沈着して、血管障害や神経圧迫障害、老化や慢性病の原因となってしまいます。

 実は、中高年の方々が気になる膝、肘、肩など関節の痛みとカルシウム不足とも密接な関わりがあります。
 骨と骨とを繋ぎ合わせている関節部分には、軟骨があります。骨という字が使われていますが、もともと軟骨にはカルシウムは存在しません。カルシウム不足により、骨から溶かし出された余分なカルシウムが軟骨細胞に入り込んでしまうと、軟骨が固くなり、さらに固くなった軟骨はすり減り、軟骨細胞が変性して、関節の痛みの原因となる炎症を生じさせます。関節痛でお困りの方々にとって、軟骨成分を多く含んだサプリメントを摂るのも必要ですが、同時に、しっかりとカルシウムを補って行くことも大切なことではないでしょうか。

 このように、カルシウムは生命活動を支える源であり、健康維持に欠かせない栄養素であるということを再認識いただければと思います。
 私が、これらカルシウムの重要性を知ることができたのは、真空カルシウムという北海道八雲産の風化貝化石カルシウムを長年ご愛用いただき、ご体感をお聞かせいただいた多くの方々からのお声によります。ご愛用のきっかけは様々ですが、やはり健康面に不安を抱え、このカルシウムに行きついた方は少なくありません。
 そんな方々がカルシウムを摂り続けることで、それぞれの健康面の不安を改善、解消されています。なぜカルシウムで? という驚きの現象もたくさんあります。こうした体験ひとつひとつが、私のカルシウムに対する見識を広める糧となり、真空カルシウムをおすすめする自信になりました。

 よく、いろんな方から「なぜカルシウムで○○が改善されるのですか?」というご質問をいただきます。私は、お医者さんではありませんので、そのメカニズムはわかりません。ただいえるのは、血圧が上がれば血圧降下剤、血糖値が上がれば血糖降下剤というような対処療法的なものだけで、本来の健康を取り戻すことは難しいと思われます。
 西洋医学的な常識とはかけ離れているのかもしれませんが、もっと自然の法則に基づいた常識から人体を理解すれば、カルシウムの役割は、私たちが考えている以上に健康維持に深く関与しているのではないでしょうか。

 家族みんなが健康であり続けることは、とても幸せなことです。
 皆さんも、今一度、カルシウムの重要性と必要性を考えてみてください。
 そして、これまでの食習慣やカルシウム不足が気になったときには、食卓で気軽に摂れる風化貝化石カルシウムが、家族みんなの健康のために心強い味方となってくれるはずです。探し求めていた本物のひとつに出会っていただけることでしょう。

 3ヵ月間お読みいただきました皆様に心よりお礼申し上げます。
 また、今回の執筆にお世話いただきました船井幸雄グループスタッフの皆様に深く感謝いたします。ありがとうございました。

Profile:鹿本 剛(しかもと つよし)

鹿本 剛さん
光商事株式会社 営業部 部長
奈良県生まれ。大学卒業後、3年間繊維商社勤務。その後、伯父が経営していた健康食品卸の光商事株式会社に入る。以来、人と健康にかかわる食品の普及活動から、研究開発に携わる。近年は、安心・安全な食を提供するものの使命として、食の楽しさと大切さをお伝えする食育に力を入れ、活動を続けている。
バックナンバー
2017.04.10:出会いと気づき (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.03.10:光冷暖への歩み6 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.02.10:光冷暖への歩み5 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.01.10:光冷暖への歩み4 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.12.10:光冷暖への歩み3 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.11.10:光冷暖への歩み2 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.10.10:光冷暖への歩み (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.09.10:老いと死を意識して“いまを生きる力”を最大限に発揮する!――いのちの管理者であるあなたこそ人生の主役 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.08.10:生死同源 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.07.10:レット・イット・ゴー(あるがままに) (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.06.10:「イメージパワー」で世界を変える! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.05.10:「気」で潜在脳力を引き出す! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.04.10:「音」で右脳を目覚めさせる! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.03.10:新生地球を創るのは私たち (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.02.10:新生地球を生きるためのクリーニング (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.01.10:新生地球を楽しくスタートするために (山内 尚子(やまうち なおこ))
2015.12.10:未来の光エネルギー (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.11.10:『電磁波、農業、音響への応用』について (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.10.10:次元の高い波動エネルギーの原理原則の一つ 〜『バランスコントロール』について〜 (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.09.10:Enex商品総仕上げ(ナノ) (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.08.10:舩井幸雄先生との出逢い (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.07.10:天然鉱石をEnex特殊加工 (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.06.10:大いなる自己が言う「現在の地球の現状」 (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.05.10:大いなる自己との対話で学んだこと (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.04.10:本物を求めて… (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.03.10:“本物”のテンポは人生を変える (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.02.10:“本物”を創りだすテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.01.10:本物だけが持つテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2014.12.10:つながりを知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.11.10:明日を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.10.10:自分を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.09.10:人生を支えてくれた、思い、知恵、感情、夢。 (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.08.10:元気な体づくりは、電気信号から (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.07.10:サクラが科学の常識を変えた (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.06.10:ダイエットの新常識と、脳の活性化で人生は充実したものとなる (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.05.10:体が若返ると病気は自然に治る。 (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.04.10:細胞を元気にすれば、体のトラブルの9割は改善する (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.03.10:徒然物語 シメククリの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.02.10:徒然物語 ツヅキの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.01.10:徒然物語 ハジメの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2013.12.10:カルシウム不足解消こそ健康への近道 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.11.10:カルシウムは食べるように摂るのが理想 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.10.10:2500万年前から現代人への贈り物 〜真空カルシウム〜 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.09.10:カリカから、本物を学ぶ 〜本物を知ることで、人は・・・正直になれる (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.08.10:科学的根拠を追求することで、“本物”とは何かを知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.07.10:野性のパパイアから、本物を知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.06.10:綾からの発信 〜その3 母としての一筋の道〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.05.10:綾からの発信 〜その2 本ものへの道のり〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.04.10:綾からの発信 〜その1 本ものの定義〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.03.10:世界経済はなぜ不安定化したのか (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.02.10:500年のサイクルで世界を見てみる (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.01.10:情報とメディアの切っても切れない関係 (力石 幸一(ちからいし こういち))
2012.12.10:地球生態系の循環を考慮した新しい社会構想を考える (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.11.10:現在の社会構造 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.10.10:地球生態系の中の人類 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.09.10:触ればわかる ― 触診 (森 美智代(もり みちよ))
2012.08.10:スピリチュアル気功 (森 美智代(もり みちよ))
2012.07.10:少食は世界を1つに、地球を天国にする (森 美智代(もり みちよ))
2012.06.10:すべては心のウチに (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.05.10:体の中の森 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.04.10:森林王国への道 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.03.10:日本が誇る「メタマテリアル」技術! (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.02.10:過去は変わると知っていますか? (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.01.10:22世紀へ続く科学を求めて (清水 美裕(しみず よしひろ))
2011.12.10:医療における死生観 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.11.10:胎内記憶 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.10.10:赤ちゃんと会話しながらお産する(池川 明(いけがわ あきら))
2011.09.16:念ずれば花ひらく 〜「花ひらくまで念ずる」〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.08.12:外と内の世界をつなぐ大切な“お口”〜KAZUデンタルのお口の中は小宇宙〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.07.10:〜はじめまして〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.06.10 :EMによる原子力発電所における高濃度放射能汚染対策と使用済燃料の高度利用の可能性について
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性B〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.05.10:EMによる地域全体の放射能汚染対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性A〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.04.11:EMによる被曝対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.03.10:発明と愛は脳が喜ぶ(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.02.10:船井理論は頭をよくする(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.01.01:脳、気功、武道、クオンタムシフト(矢山 利彦(ややま としひこ))
51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター