img

船井幸雄注目の “本物”に携わる人たち

このページでは、舩井幸雄が注目していた、医療、経営、農業、未来予測、占星術などあらゆる分野で活躍する“本物”と言っていい方々を紹介します。それぞれの方に毎月1回、3回ずつコラムを書いていただき、順番にいろいろな方を紹介させていただきます。

2014.01.10(第37回)
★今回の執筆者★
株式会社アイ企画 代表取締役 
岡田 多母さん(1回目)
(岡田さんの詳しいプロフィールはページ下にあります。)
徒然物語 ハジメの一話

 みなさま、新年明けましておめでとうございます!みなさまの今年一年の御多幸と御繁栄を心よりお祈り申しあげます。

 また本日は船井幸雄先生のお誕生日と伺いました。
 先生、おめでとうございます!とてもとても嬉しく、また有り難く、先生の更なる御健勝を深く深くお祈り申しあげます。
 このようなお目出度い佳き日に、みなさまにお話しをするチャンスを頂きましたこと、また年明けという好機に恵まれましたことなど、すべてが勿体無く有り難いことでございます。慶賀となりますよう心して勤めますので、どうぞ宜しくお付き合いくださいませ。

 昨年11月28日の「船井メールクラブ100回目発信」でも触れましたが、私のお話は「これからの世界」に決めさせて頂き、みなさまとご一緒に「徒然物語」として進めさせて頂きたいと思います。残念ながら私自身、何かの研究者でもなく、有識者でも専門家でもないため、「本物に携わる一人」なのか? 私には全く分かりません。ですからみなさまへの私の発信は果たして是なのか? かなり考えました。ですが、「船井先生からの御依頼は必ず承る」と心に決めております私には、御依頼を頂いた事実が「是である」ことと信じ、私に開かれた情報をただみなさまと純粋に共有することを大切にして、私の「徒然物語」を進めさせて頂こうと思いました。

 この私の思いはある方向からは我が儘以外の何物でもなく、また独り善がり以外の何物でもないでしょう。ですからここのところに御慈悲を願ってやみません。
 私が本物に携わる一人なのか? 御慈悲を給わり御許しを戴き、徒然に物語を始めさせて頂きます。

 それではよろしくお願い致します。

―― 徒然物語 ハジメの一話
 私たちの生きるこの宇宙には、多種多様なたくさんの生命体と多種多様なたくさんの想念体が存在していますが、それらはみな単独に存在しているものではありませんね。太陽は太陽以外の誰かによってその存在を見つけられてこそ(認識)存在し、また月との相関関係によって太陽の「存在のリアリティー」はより明確になりますね。
 つまり「私」は「私のみ」で存在しているのではなく「あなた」もしくは「彼ら」によって認識されて存在する。さらに「私が存在している実証」は「(私により認識された)あなたが存在しているコト」であって、また「あなたが存在している実証」は「(あなたによって認識された)私が存在しているコト」にあるという「相互依存の関係」によって私たちはこの宇宙に存在していると云えるでしょう。「あなた」は「あなた以外」の「誰か」によって認識され、故に存在する。
 さらにあなたが「男性」であれば、「女性である誰か」によって「男性であるあなた」のリアリティーはより明確になるわけです。誰によって見つけられるのか? は「因縁」と云い、対の質によってリアルに存在するという理(コトワリ)を「相対」と呼ぶそうです。みなさまご存知ですね。

 このようにこの宇宙は、この世界は、全てが単独では存在せず、相関関係のなかで相互依存しながら、相反する二つの質が対立なく矛盾なく対を成して「一つの全体」を成立させています。昼夜という対極にある二つが対立なく矛盾なく「一日」を形成しているように。また昼は夜によってその光のリアリティーを明確にし、かつまた夜は昼によってその静けさを鮮明に現すように。光と陰が対立なく矛盾なく「時」を成すように、全体はいつも「ヒトツ(一)」に調和しています。

 このように「全体を成す多」を「一」とするとき、私たちの存在する世界は常に「全一であり太平(タイラ)」です。光という個(多)が、陰という個(多)が、常に全体(一)と調和しているとき、其処に光陰の対立はなく、かつまた明暗の矛盾もない。光陰は一つに溶けあって互いが互いを存在させ、「全体(一)」という統一された美しい相互調和の世界が現れ、維持されます。光は陰により、陰は光により、明暗の大調和(全一)の世界を現存せしめている。誰もが願ってやまない「真善美の世界」が此処に存在していますね。みなさま観じられますか?

 全体として存在する個の世界では、常に「私」は「私以外」によって現れ、かつまた「私以外」は「私」との相互依存の相関関係によって矛盾なく存在し、「私の状態」はあるがままそのまま「私以外」の存在の状態として差違なく現れる。
 さらに「私」は、私以外の存在のなかで対の関係にある「其の存在」をリアルに存在させ得る価値を有し、見えずとも有る関係、即ち「縁」を結んで生まれ、生きている。
 そう……私は私の存在価値を生きるために、私以外の誰かと繋がって生まれ(因縁)、私は其の誰かをリアルに現存させている。また誰かは私と繋がっていて、私をリアルにイキイキと現存させている。

 私に起こっているモノコトすべては、この世界にリアルに起こっているモノコトすべてであって、世界の誰かに起こっているモノコトは、いずれ私にイキイキと起こりくる。
 目に見える見えないに関わらず、この宇宙のアリトアラユル全てが、私及び私以外のリアリティの全てなわけです。宇宙が、世界が、どれほど多種多様のいろいろであっても、その存在のリアリティは、紛れもなく私及び私以外の存在の「現れの証」であって、宇宙は、世界は、私及び私以外の存在のリアリティがソノモノを証ししているわけです。

 宇宙及び世界は、常に私と無関係に存在することは出来ず、また私は常に宇宙及び世界と無関係に存在することは有り得ない。
 この理解によって私には他者及び他人事は存在しない。従って「私は私以外を決定し、私以外は私を決定している」という相互依存の相関関係によって、単独の善は有り得ず、単独の悪も有り得ない。この善悪の相関関係の理解によって、善悪ソノモノの価値を全体性へと高め、全体は善と悪とを区分なく矛盾なく対立なく完全に「純粋な一」として存在させ得る深遠な領域にまで至ります。この時私は、私以外の存在との愛の相関関係により、「一」となることで、大いなる大調和を具現化することが出来るのですね。

 私と私以外が区分なく「一」として存在する統一された世界。なんて素晴らしい真善美でしょう。
 この理の寿(コトホギ)は、私及び私以外の全ての生命全体に及ぶ祝福ですね。
 「他者に施された祝福は自分に施された祝福となって現れ、かつまた自分に施された祝福は、他者に施される祝福となって全宇宙の生命全体に現れてくる」わけです。
 このように私たちが生きる世界が、相互依存の相関関係であるが故に、大いなる「一」として存在する純粋な生命は、その現れの両極(双極)を自らとして、純粋に存在させ得る理を有しているわけですから、宇宙及び世界の多種多様な存在が大いなる一として純粋で有り得るトキ、善に相反する(善の対極である)悪は大いなる善に招かれ、歓迎されもてなされ、純粋に善に調和し、矛盾なく対立なく悪は善に調和融合されることになります。
 それはまるで結婚の祝いのようで、花嫁が花婿に迎えられ、神聖に純粋に優雅にヒトツに結ばれるように、善は悪を自らとして矛盾なく区分なく純粋に自らに融合し、一体となり愛に溢れます。
 愛ゆえに善は純粋に悪を愛し融合し、オモテナシをする。そして悪は善に融合し、変容する。この大いなる愛は慈悲。愛ゆえのオモテナシは至高の献身。故に至福。そして最も偉大な大いなる存在は、最も平凡な小さな存在と調和し融合して現存する。最も平凡な小さな存在は、最も偉大な大いなる存在と調和し融合して存在している。
 この大いなる祝福は人間である私たちによって、よりその真をリアルに実証され現されている。最も純粋に小さな者が、最も偉大な至高なる存在を証し存在させている。最も偉大な至高なる存在もまた、最も純粋に小さな者を証し、存在させている。なんという美しい関係でしょう。なんという慈悲でしょう。正に無量の寿、無量の光ですね。
 この理こそ、大いなる至高の存在の小さき者へのコトホギ(寿)だと、私は観ずる以外ありません。この観においてのみ私の存在は高められ、それと同時に私以外の存在も高められるのです。そしてこの観において私が為し得た愛だけが、大いなる至高の存在を証しすることが出来るのです。

全宇宙の愛は
純粋なる透明なる大調和によって
トコシエにトコトワを久遠に生き続け
生き行きます。


 この「愛の祈り」において証しされる全ては、大いなる至高の存在を私と呼び、あなたと呼ぶ「小さな愛たち」が、大いなる存在の愛を実証する永遠を伝えています。

 そしてさらに、相互依存の相対世界において愛は、「大いなる一」の観のなかで「この世(此岸)」と呼び「あの世(彼岸)」と呼ぶ「其ら二つ(双)の世」を「ヒトツの世(今世)」として調和させ、かつ存在させています。「其れらのふたつの世」を存在させるトキに、大いなる一の二つは「現れ去り訪れる」という「現在過去未来」の三つのトキ(の価値)を存在させて現すことになります。これにより大いなる「一は二を三により現す」という、一二三(ヒフミ)の大調和と呼ぶ「和」を「輪」として成就し、そしてサラに「和は輪である環」に進みます。「ヒフミの成就」はこのように宇宙全体に現れてくるのです。ですから地球テラの環境は私たち人類にとって、また全ての宇宙生命たちにとって、最も純粋な寿の循環、つまりは「愛の祝福循環」の自然環境なのですね。これが本来の人の世の摂理、「還元循環の摂理」の真です。これが「オモテナシの寿(コトホギ)」。一生懸けてこの寿を生きる寿命を私たちは全うして、この地球テラで自らの存在全体を成就するのですね。量り知れない、量ることの出来ない寿に恵まれて、頂いた寿命を全うし、そうして量り知れない光へと還る。自ら全体へ還る。有り難い愛の立法です。

愛は寛容にして慈悲あり

愛はねたまず
愛は誇らず高ぶらず
非礼を行わず
己れの利を求めず憤らず

人の悪を思わず
不義を喜ばずして
まことの喜ぶところを喜び
おおよそ事忍び
おおよそ事信じ
おおよそ事望み
おおよそ事耐うるなり

愛はいつまでも絶ゆることなし
       ―― コリント前書十三章


人は、不合理、非倫理、利己的です。
気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく、善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなく、やり遂げなさい。

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。
気にすることなく、し続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。
気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい。

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう。
気にすることなく、作り続けなさい。

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく、助け続けなさい。

あなたの最良のものを、世に伝えなさい。
蹴り返されるかもしれません。
でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。
       ―― マザー・テレサ


 真に信に仰せのとおりです。観において愛は決して絶えることはありません。愛において全ては、純粋に永遠です。この全てにおいて愛は成就しているのですから……。
 何が起ころうと私たちは、ただ目の前の「もう一人の私」を、愛し、いたわりもてなして、草木花を愛で、魚鳥獣を大切に慈しみ、太陽月空雲風を眺め感謝し、自らを鑑み観し、この世を祝福し讚美しつつ、与えられた自らの寿命を全うする毎日を幸福に生き、ただ愛して愛し続けて生きていきましょう。いつか必ず、世界は善悪を超えて、思いやりといたわりと親切に溢れて、アリトアラユルすべての生命が、アリトアラユルすべてから愛され歓迎されもてなされ、愛に溢れ、当たり前にイキイキと幸福に寿命を全うする、至福の世界になっていることでしょう。

 清純で神聖な真の愛で生き抜いた先人たちに、清らかな感謝と高き尊敬と深き信頼をもって、私の「徒然物語 ハジメの一話」をオシマイに致します☆
 みなさま、最後までお読み頂き、まことにまことにありがとうございました。
                                     感謝合掌 岡田多母

Profile:岡田 多母(おかだ たも)

岡田 多母さん
株式会社アイ企画 代表取締役
1956年生まれ。明治薬科大学薬剤学科卒業。
1991年健全な心身を取り戻すために(有)アースエネルギー研究所を夫と共に設立。
天然磁性水「新生水」を販売。
1996年秩父連峰を見渡す地に「アーリーハウス」を建造。
様々なライフケア・セラピーサポートなどの独自のセミナーを行う。
1998年自己探求を中心とした学びの会コスモライフ研究会を発足。2013年には美と健康と幸福を願い(株)アイ企画を設立し、人々の求めに応じて、あらゆる学びの場を提供し続けている。
著書に『愛しのテラへ』『ヘソの話』(ともに風雲舎)、『『あなたへ・・・シリーズ
(4冊)』
(知玄舎)他多数がある。
★アースエネルギー研究所ホームページ: http://www.earth-energy.co.jp/
★岡田多母ブログ: http://tamo.thd-web.jp
★アイ企画ブログ: http://ameblo.jp/aikikaku3634/

バックナンバー
2017.09.10:海底村〜ソマチッドに囲まれた生活 (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.08.10:ツキを呼ぶこと〜真の自由、幸せ (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.07.10:奇跡はこうやって起こる (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.06.10:贅沢と、三つのない (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.05.10:働く、と、はたらく (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.04.10:出会いと気づき (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.03.10:光冷暖への歩み6 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.02.10:光冷暖への歩み5 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.01.10:光冷暖への歩み4 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.12.10:光冷暖への歩み3 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.11.10:光冷暖への歩み2 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.10.10:光冷暖への歩み (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.09.10:老いと死を意識して“いまを生きる力”を最大限に発揮する!――いのちの管理者であるあなたこそ人生の主役 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.08.10:生死同源 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.07.10:レット・イット・ゴー(あるがままに) (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.06.10:「イメージパワー」で世界を変える! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.05.10:「気」で潜在脳力を引き出す! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.04.10:「音」で右脳を目覚めさせる! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.03.10:新生地球を創るのは私たち (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.02.10:新生地球を生きるためのクリーニング (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.01.10:新生地球を楽しくスタートするために (山内 尚子(やまうち なおこ))
2015.12.10:未来の光エネルギー (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.11.10:『電磁波、農業、音響への応用』について (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.10.10:次元の高い波動エネルギーの原理原則の一つ 〜『バランスコントロール』について〜 (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.09.10:Enex商品総仕上げ(ナノ) (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.08.10:舩井幸雄先生との出逢い (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.07.10:天然鉱石をEnex特殊加工 (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.06.10:大いなる自己が言う「現在の地球の現状」 (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.05.10:大いなる自己との対話で学んだこと (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.04.10:本物を求めて… (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.03.10:“本物”のテンポは人生を変える (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.02.10:“本物”を創りだすテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.01.10:本物だけが持つテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2014.12.10:つながりを知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.11.10:明日を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.10.10:自分を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.09.10:人生を支えてくれた、思い、知恵、感情、夢。 (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.08.10:元気な体づくりは、電気信号から (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.07.10:サクラが科学の常識を変えた (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.06.10:ダイエットの新常識と、脳の活性化で人生は充実したものとなる (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.05.10:体が若返ると病気は自然に治る。 (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.04.10:細胞を元気にすれば、体のトラブルの9割は改善する (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.03.10:徒然物語 シメククリの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.02.10:徒然物語 ツヅキの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.01.10:徒然物語 ハジメの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2013.12.10:カルシウム不足解消こそ健康への近道 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.11.10:カルシウムは食べるように摂るのが理想 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.10.10:2500万年前から現代人への贈り物 〜真空カルシウム〜 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.09.10:カリカから、本物を学ぶ 〜本物を知ることで、人は・・・正直になれる (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.08.10:科学的根拠を追求することで、“本物”とは何かを知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.07.10:野性のパパイアから、本物を知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.06.10:綾からの発信 〜その3 母としての一筋の道〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.05.10:綾からの発信 〜その2 本ものへの道のり〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.04.10:綾からの発信 〜その1 本ものの定義〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.03.10:世界経済はなぜ不安定化したのか (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.02.10:500年のサイクルで世界を見てみる (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.01.10:情報とメディアの切っても切れない関係 (力石 幸一(ちからいし こういち))
2012.12.10:地球生態系の循環を考慮した新しい社会構想を考える (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.11.10:現在の社会構造 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.10.10:地球生態系の中の人類 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.09.10:触ればわかる ― 触診 (森 美智代(もり みちよ))
2012.08.10:スピリチュアル気功 (森 美智代(もり みちよ))
2012.07.10:少食は世界を1つに、地球を天国にする (森 美智代(もり みちよ))
2012.06.10:すべては心のウチに (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.05.10:体の中の森 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.04.10:森林王国への道 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.03.10:日本が誇る「メタマテリアル」技術! (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.02.10:過去は変わると知っていますか? (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.01.10:22世紀へ続く科学を求めて (清水 美裕(しみず よしひろ))
2011.12.10:医療における死生観 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.11.10:胎内記憶 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.10.10:赤ちゃんと会話しながらお産する(池川 明(いけがわ あきら))
2011.09.16:念ずれば花ひらく 〜「花ひらくまで念ずる」〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.08.12:外と内の世界をつなぐ大切な“お口”〜KAZUデンタルのお口の中は小宇宙〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.07.10:〜はじめまして〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.06.10 :EMによる原子力発電所における高濃度放射能汚染対策と使用済燃料の高度利用の可能性について
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性B〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.05.10:EMによる地域全体の放射能汚染対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性A〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.04.11:EMによる被曝対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.03.10:発明と愛は脳が喜ぶ(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.02.10:船井理論は頭をよくする(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.01.01:脳、気功、武道、クオンタムシフト(矢山 利彦(ややま としひこ))
本物研 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター