img

船井幸雄注目の “本物”に携わる人たち

このページでは、舩井幸雄が注目していた、医療、経営、農業、未来予測、占星術などあらゆる分野で活躍する“本物”と言っていい方々を紹介します。それぞれの方に毎月1回、3回ずつコラムを書いていただき、順番にいろいろな方を紹介させていただきます。

2014.04.10(第40回)
★今回の執筆者★
NOVO CLINIC(ノボクリニック) 院長 
龍見 昇さん(1回目)
(龍見さんの詳しいプロフィールはページ下にあります。)
細胞を元気にすれば、体のトラブルの9割は改善する

今の医学では病気は治らない理由
 みなさんの目には、医学はすごく進歩しているように見えるかもしれません。

 でも、もし本当に医学が進歩しているなら、病気はどんどん治って、健康な人ばかりになっているはずです。

 実際はそうではありませんよね。病気の人は増える一方ですし、病気というわけではなくてもどこか体の不調をかかえている人がほとんどではないでしょうか。そして言うまでもなく、国民医療費は年々増加の一途をたどっています。
 それは、今の医学の進歩は、我々の健康にはまったく貢献できていないことを示しています。

 なぜそういうことになっているかというと、今の医学が、人間の体に関するとてもシンプルな原則を考慮していないのです。

 その原則とは、

@我々の体は、両親から受け継いだDNAの情報を元に、食べたものから体を作っている。

A食べたものからエネルギーを作り出して体を動かしている。

 このふたつです。

 生まれもったDNAを今から変えることはできませんが、もうひとつの原因である食べ物は我々の意志で変えることができます。実際、脳を含めた肉体の不調の9割は栄養学的なことで改善します。

 なのに、西洋医学はいつまで経ってもその分野に本格的に立ち入ろうとしていません。だから病気はいつまでも治らないのです。

医療業界は病気を治そうとしていない
 もうひとつ、病気が治らない要因があります。それは、医療業界が病気を治そうとはしていない、ということです。お医者さんたちは我々の健康のことを考えてくれているように見えるかもしれませんが、そんなことを期待してはいけません。

 一般の人たちと医療業界では利害関係が全く違うのです。

 一般の人たちは病気が治って欲しいし、病気になりたくはありませんよね。しかし、医療業界にとっては、患者さんはお金を払ってくれるお客さんです。病気になってもらわないと困るし、病気も簡単に治ってしまえば困るのです。
 だから、根本的に病気を治すことはしません。治ったように見せかけて、リピーターになってもらうのが、医療業界の作戦です。西洋医学が対処療法に終始しているのはそういう理由です。

 実は、お医者さんのほとんどがそのことに気づいていません。どんな分野でも、プロは、素人が知らない、とっておきの情報を持っているものですが、こと健康に関しては、お医者さんは一般の人たちとたいした変わりはありません。だから、お医者さんも普通に病気になるし、肥満に悩んでいたりするのです。

 そんなお医者さんの話を聞いても、病気は治らないし、健康にもなれないのです。

今の医学の延長に健康はない
 病院に行って病気が治れば、もう病院には行かないですよね。それが治ったということです。ずっと通院しているとすれば、それは治っていないのです。
 また、健康な人は薬など飲むことはありません。薬は人体にとって有害だからです。もし、現在病気に対して行われている医療が体にとっていいものなら、健康な人は更に健康になるはずです。でも、そんなことはありませんよね。

 つまり、今の医療の延長線上には健康はないのです。

 では、どうすれば病気が根本的に治り、健康にもなれるのでしょうか。

 それは、我々の体のすべての細胞を元気にすることです。
 

細胞が元気になれば、体のトラブルは解決する
 人間の体はいろいろな臓器で構成されています。

 循環系であれば、心臓や血管。
 呼吸器系であれば、肺や気管支。
 消化器系であれば、胃、腸、肝臓、膵臓といったように。
 
 その他にも、脳神経系、内分泌系、皮膚、筋肉などたくさんの臓器があります。

 それぞれの臓器がうまく働いていればその人は健康ですが、その一部でも調子が悪ければ病気ということになってしまいます。
 各臓器にはひとつの共通点があります。それは、すべての臓器は細胞でできているということです。
 臓器はそれぞれ違う機能を持っていますから、その中の細胞も当然違う働きをしています。しかし、細胞の基本的な構造はすべて同じです。

 ひとつの細胞をうまく働かせることができたら、その同じ方法で体中すべての細胞をうまく働かせることができます。すると、体の問題の多くは自動的に解決するのです。

細胞の質と機能を決定するのは食べ物である
 細胞は、我々が食べ、消化し、吸収したものを材料にして作られています。つまり、今の体は今まで自分が食べたものの結果です。
 もし、今の体がよくないのなら、今まで食べてきたものが悪かったということです。
 人間が生まれてから死ぬまでの間、ずっと同じ細胞が生きているわけではありません。すべての細胞は1〜3ヶ月の周期で入れ替わっています。

 食べ物を変えることにより質のいい細胞を作ることができますから、体中の細胞は次第にいい細胞に置き換わっていきます。そうすることで自分の体は自分で変えて行くことができるのです。
 また、それらの細胞を動かすエネルギーも食べ物から作り出しています。エネルギー効率のいい食べ物を食べることで細胞を動かすエネルギーがたくさん作られるようになります。その結果、細胞の機能はアップするわけです。

現代人は栄養不足
 細胞を動かすために必要なものは、ATP(アデノシン3リン酸)です。

 ガソリンがないと自動車が走らないのと同様に、細胞はATPがないと動きません。
 ATPは、それぞれの細胞の中にあるミトコンドリアで作られています。ブドウ糖から酵素反応によって作られているのですが、その酵素が働くためには、何十種類といったビタミンやミネラルといった微量栄養素が必要です。

 「ちゃんと食べているから栄養も足りているはずだ。」と思われていることでしょう。確かに、今の日本人は、ブドウ糖は十分摂れているのですが、ビタミンやミネラルが決定的に不足しています。そのため、十分な量のATPを作ることができていません。そのため、細胞が本来の機能を発揮できなくなっているのです。

 現代人は、ATPを作るという観点からすると、栄養不足というわけです。

 細胞の機能が低下することにより、臓器がうまく機能しなくなったり、誤作動を起こしたものが病気という状態です。また、病気とまではいかなくても、なんとなく体の調子が悪い、疲れやすい、食後に眠くなったりだるくなったりする、などの症状があれば、栄養不足と思って間違いありません。

 食事を見直すことで、ATPが十分作れるようになると、細胞は本来の働きができるようになり、今まで調子が悪かった臓器は自然とうまく機能するようになります。
 その結果、自分で自分の病気を治せるようになるし、病気でない人は更に健康になれるのです。
 自然治癒力が上がれば、病気が治るだけではなく、我々の体の中ではいろんなことが起こってきます。次回は、それらのうれしい変化についてお話しします。

Profile:龍見 昇(たつみ のぼる)

龍見 昇さん
1967年生まれ。1992年神戸大学医学部卒業。医学博士。
大学院卒業後、開業医であった父の病院で泌尿器科医として通常の医療に従事していたが、対処療法に終始している西洋医学に疑問を持ち、病気の根本的治療を模索。
2007年、細胞のミトコンドリアでのエネルギー代謝を改善する方法(NOVO式®)で、多くの慢性疾患が自然に治っていくことを発見し、NOVO CLINIC(ノボクリニック)を開業。西洋医学の盲点を突いた治療体系を確立している。
7年間で350人以上にNOVO式を指導。アレルギーや生活習慣病などの慢性疾患では9割以上の症例で改善を認めるほか、リバウンドのないダイエット、アンチエイジング、脳の活性化を得意としている。

クリニックには「どこに行っても治らない」「どうしても痩せない」という人たちが全国から訪れ、改善した後も「病気になる前より元気になった」「生きるのが楽になった」と、NOVO式を継続しているクライアントは多い。

NOVO CLINIC(ノボクリニック)
兵庫県姫路市書写1019-145プラザ加茂2F
Tel 079-294-8117  Fax 078-330-0099
ホームページ http://www.novo-clinic.net/

バックナンバー
2017.02.10:光冷暖への歩み5 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.01.10:光冷暖への歩み4 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.12.10:光冷暖への歩み3 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.11.10:光冷暖への歩み2 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.10.10:光冷暖への歩み (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.09.10:老いと死を意識して“いまを生きる力”を最大限に発揮する!――いのちの管理者であるあなたこそ人生の主役 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.08.10:生死同源 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.07.10:レット・イット・ゴー(あるがままに) (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.06.10:「イメージパワー」で世界を変える! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.05.10:「気」で潜在脳力を引き出す! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.04.10:「音」で右脳を目覚めさせる! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.03.10:新生地球を創るのは私たち (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.02.10:新生地球を生きるためのクリーニング (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.01.10:新生地球を楽しくスタートするために (山内 尚子(やまうち なおこ))
2015.12.10:未来の光エネルギー (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.11.10:『電磁波、農業、音響への応用』について (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.10.10:次元の高い波動エネルギーの原理原則の一つ 〜『バランスコントロール』について〜 (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.09.10:Enex商品総仕上げ(ナノ) (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.08.10:舩井幸雄先生との出逢い (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.07.10:天然鉱石をEnex特殊加工 (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.06.10:大いなる自己が言う「現在の地球の現状」 (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.05.10:大いなる自己との対話で学んだこと (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.04.10:本物を求めて… (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.03.10:“本物”のテンポは人生を変える (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.02.10:“本物”を創りだすテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.01.10:本物だけが持つテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2014.12.10:つながりを知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.11.10:明日を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.10.10:自分を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.09.10:人生を支えてくれた、思い、知恵、感情、夢。 (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.08.10:元気な体づくりは、電気信号から (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.07.10:サクラが科学の常識を変えた (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.06.10:ダイエットの新常識と、脳の活性化で人生は充実したものとなる (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.05.10:体が若返ると病気は自然に治る。 (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.04.10:細胞を元気にすれば、体のトラブルの9割は改善する (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.03.10:徒然物語 シメククリの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.02.10:徒然物語 ツヅキの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.01.10:徒然物語 ハジメの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2013.12.10:カルシウム不足解消こそ健康への近道 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.11.10:カルシウムは食べるように摂るのが理想 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.10.10:2500万年前から現代人への贈り物 〜真空カルシウム〜 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.09.10:カリカから、本物を学ぶ 〜本物を知ることで、人は・・・正直になれる (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.08.10:科学的根拠を追求することで、“本物”とは何かを知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.07.10:野性のパパイアから、本物を知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.06.10:綾からの発信 〜その3 母としての一筋の道〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.05.10:綾からの発信 〜その2 本ものへの道のり〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.04.10:綾からの発信 〜その1 本ものの定義〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.03.10:世界経済はなぜ不安定化したのか (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.02.10:500年のサイクルで世界を見てみる (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.01.10:情報とメディアの切っても切れない関係 (力石 幸一(ちからいし こういち))
2012.12.10:地球生態系の循環を考慮した新しい社会構想を考える (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.11.10:現在の社会構造 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.10.10:地球生態系の中の人類 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.09.10:触ればわかる ― 触診 (森 美智代(もり みちよ))
2012.08.10:スピリチュアル気功 (森 美智代(もり みちよ))
2012.07.10:少食は世界を1つに、地球を天国にする (森 美智代(もり みちよ))
2012.06.10:すべては心のウチに (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.05.10:体の中の森 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.04.10:森林王国への道 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.03.10:日本が誇る「メタマテリアル」技術! (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.02.10:過去は変わると知っていますか? (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.01.10:22世紀へ続く科学を求めて (清水 美裕(しみず よしひろ))
2011.12.10:医療における死生観 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.11.10:胎内記憶 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.10.10:赤ちゃんと会話しながらお産する(池川 明(いけがわ あきら))
2011.09.16:念ずれば花ひらく 〜「花ひらくまで念ずる」〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.08.12:外と内の世界をつなぐ大切な“お口”〜KAZUデンタルのお口の中は小宇宙〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.07.10:〜はじめまして〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.06.10 :EMによる原子力発電所における高濃度放射能汚染対策と使用済燃料の高度利用の可能性について
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性B〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.05.10:EMによる地域全体の放射能汚染対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性A〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.04.11:EMによる被曝対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.03.10:発明と愛は脳が喜ぶ(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.02.10:船井理論は頭をよくする(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.01.01:脳、気功、武道、クオンタムシフト(矢山 利彦(ややま としひこ))
51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター