img

船井幸雄注目の “本物”に携わる人たち

このページでは、舩井幸雄が注目していた、医療、経営、農業、未来予測、占星術などあらゆる分野で活躍する“本物”と言っていい方々を紹介します。それぞれの方に毎月1回、3回ずつコラムを書いていただき、順番にいろいろな方を紹介させていただきます。

2013.09.10(第33回)
★今回の執筆者★
株式会社 済度 代表取締役社長 
今尾 充子さん(3回目・最終回)
(今尾さんの詳しいプロフィールはページ下にあります。)
カリカから、本物を学ぶ 〜本物を知ることで、人は・・・正直になれる

 カリカを食べると“ウソ”をつけなくなると言われた人がいます。
 それは、当たっているような気がします。
 “ウソ”をつこうとすると胸が苦しくなるような感じになる? のかもしれません。
 人は、本来“ウソ”が嫌いな生物なのではないかと思うのです。

 以前、海外の大手企業との商談の際、「カリカはウソをつけなくなるみたいですよ」と、冗談交じりに話したところ、相手の方は、「自分たちは、食べられない!」と笑っていましたが、その商談は成立しませんでした。もちろん、“ウソ”が原因ではありませんが、一般の健康食品とカリカの考え方と違っていたからだと思います。
 例えば、カリカは、一人一人の満足を追求したカウンセリングを重んじています。
 そんな面倒なことはしたくないという理由と、健康食品が効くということに期待していないのかも知れません。

 「済度」という社名は、どこかの宗教のように思われることがありますが、全く関係ありません。済度とは、仏教用語で「救い助ける」という意味を持ちます。
 この言葉の意味を会社のポリシー、自分たちの心の柱としたく命名しました。
 企業は、社会に貢献するために存在するものだと思っています。
 お金を儲けるためにモノづくりをするのではなく、世の中に必要とされる物をつくり、お役に立ったその対価としてビジネスが成立していくと考えています。

 常に、カリカが本当に必要なものなのかを問い、その答えを見出すためにご愛用者のお声を聞き、科学的根拠を追求し続けています。
 私は、パパイア発酵食品に携わり約26年になりますが、心の底から信頼するまでに10年近くの時間をかけてきました。体質や生活環境の異なる人、年齢や男女の違い、長期間利用し続けての結果、習慣性、安全性など、一般の検査機関でのデータだけでなく、実際に利用された方々の姿を確認せずにはいられませんでした。

 済度を設立し、野性のパパイアを原料とした「カリカセラピSAIDO-PS501」が誕生して15年近くになります。
 化学的に処理した原料、機械的な製造方法ではカリカの働きは生まれません。製品を熟知し、その本当の価値を知った人間しか、優れた製品を作り続けることはできません。

 原料の選択、発酵を見極める目、焦らずじっくりと熟成させる時間。丁寧に丁寧に愛情を込めて作り上げる人間性が大切です。人の心が製品に反映するのです。
 そして、製造に携わる人間の質と同じくらい重要なことが、普及に携わる人達です。
 お金儲けのためだけでは、カリカの力は発揮されないことも、反面教師となる人たちから教えていただきました。
 「カリカは、意志を持っている」と、そう思っています。

 済度の社員は、私のことをよく理解してくれています。
 私と同じように、カリカの価値を深く感じ、済度の仕事に誇りを持ってくれています。
 社員が純粋な想いを持って一丸になるということは、以前、勤めていた会社では叶わなかったことです。
 今、思うと、だからこそ、済度という会社を作り、カリカを誕生させることができたのでしょう。

 6〜7年前、某地銀の頭取をされていた方が、「カリカは、神さまの贈り物ですよ」と仰ってくださいました。ある教会の神父様が、信者さんが持っていたカリカを手に取ってそう言われたそうです。
 実はそれまで、変な人に思われるのではとあまり人様に言うことはなかったのですが、私の心の奥に「カリカは、神さまからお預かりしている……」との想いがあり、その話を知った時、本当に嬉しく感激でいっぱいでした。

 今回のコラムだけお読みになられると、社名の由来もそうですが、少々スピリチュアル的要素が濃いと思われるかも知れませんが、私は、超現実主義です。
 そのことは、前回前々回のコラム、をご覧いただくとお分かりになられると思います。

 真実を知りたくて、カリカが本物か、否かを知りたくて、専門機関で研究をしています。
 完成した一つの製品を長年に亘り研究を続けているのは、非常に稀だとよく言われます。
 これまで続けてきてよかったと思えることがありました。

 今年6月、国立大学(旧帝大)と一般病院のご協力を得て、新たなテーマで研究がスタートしました。今回の研究は、社会的に非常に意義のあるもので世界的にも注目されており、多くの候補の中から、これまでのカリカの研究結果や姿勢を見て、大企業を押しのけ済度に白羽の矢が立ったのです。
 その研究結果が徐々に明らかになってきました。と同時に、とても貴重な研究であることを改めて実感しています。
 今まで研究指導をしてくださった先生は、「やはり本物だ……」と呟かれていました。
 そして、今回の研究に携わってくださっている先生方も、予想通り……? 予想以上……? の結果に盛り上がっています。
 研究成果については、年内に公表させていただけると思います。


 本物を追求することで、多くのことを学び、経験して自分自身が磨かれるように思います。
 本物に対する価値観は人それぞれですが、自分が信じる本物を求めてこれからも挑戦し続けて参ります。皆様にしっかりと見届けていただければ幸いです。
 3ヶ月、お付き合いいただき、誠にありがとうございました。

Profile:今尾 充子(いまお みつこ)

今尾 充子さん
株式会社 済度 代表取締役社長
1987年から26年にわたり青パパイア発酵食品の製造・研究開発・普及に携わる。野生の青パパイアの未熟果を原料に日本伝統の発酵技術を駆使し、青パパイア発酵食品「カリカセラピSAIDO-PS501」を開発。多くの人々の健康にお役に立ちたいという願いを現実にするために、科学的根拠に基づいた原料選定、安全性、品質管理、健康への影響評価を追求すべく各大学および公的な研究機関と共同研究を行い、多数の研究論文を発表。現在も新たなテーマで研究を続けている。
バックナンバー
2017.07.10:奇跡はこうやって起こる (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.06.10:贅沢と、三つのない (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.05.10:働く、と、はたらく (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.04.10:出会いと気づき (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.03.10:光冷暖への歩み6 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.02.10:光冷暖への歩み5 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.01.10:光冷暖への歩み4 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.12.10:光冷暖への歩み3 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.11.10:光冷暖への歩み2 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.10.10:光冷暖への歩み (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.09.10:老いと死を意識して“いまを生きる力”を最大限に発揮する!――いのちの管理者であるあなたこそ人生の主役 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.08.10:生死同源 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.07.10:レット・イット・ゴー(あるがままに) (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.06.10:「イメージパワー」で世界を変える! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.05.10:「気」で潜在脳力を引き出す! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.04.10:「音」で右脳を目覚めさせる! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.03.10:新生地球を創るのは私たち (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.02.10:新生地球を生きるためのクリーニング (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.01.10:新生地球を楽しくスタートするために (山内 尚子(やまうち なおこ))
2015.12.10:未来の光エネルギー (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.11.10:『電磁波、農業、音響への応用』について (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.10.10:次元の高い波動エネルギーの原理原則の一つ 〜『バランスコントロール』について〜 (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.09.10:Enex商品総仕上げ(ナノ) (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.08.10:舩井幸雄先生との出逢い (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.07.10:天然鉱石をEnex特殊加工 (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.06.10:大いなる自己が言う「現在の地球の現状」 (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.05.10:大いなる自己との対話で学んだこと (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.04.10:本物を求めて… (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.03.10:“本物”のテンポは人生を変える (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.02.10:“本物”を創りだすテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.01.10:本物だけが持つテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2014.12.10:つながりを知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.11.10:明日を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.10.10:自分を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.09.10:人生を支えてくれた、思い、知恵、感情、夢。 (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.08.10:元気な体づくりは、電気信号から (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.07.10:サクラが科学の常識を変えた (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.06.10:ダイエットの新常識と、脳の活性化で人生は充実したものとなる (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.05.10:体が若返ると病気は自然に治る。 (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.04.10:細胞を元気にすれば、体のトラブルの9割は改善する (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.03.10:徒然物語 シメククリの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.02.10:徒然物語 ツヅキの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.01.10:徒然物語 ハジメの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2013.12.10:カルシウム不足解消こそ健康への近道 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.11.10:カルシウムは食べるように摂るのが理想 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.10.10:2500万年前から現代人への贈り物 〜真空カルシウム〜 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.09.10:カリカから、本物を学ぶ 〜本物を知ることで、人は・・・正直になれる (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.08.10:科学的根拠を追求することで、“本物”とは何かを知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.07.10:野性のパパイアから、本物を知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.06.10:綾からの発信 〜その3 母としての一筋の道〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.05.10:綾からの発信 〜その2 本ものへの道のり〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.04.10:綾からの発信 〜その1 本ものの定義〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.03.10:世界経済はなぜ不安定化したのか (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.02.10:500年のサイクルで世界を見てみる (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.01.10:情報とメディアの切っても切れない関係 (力石 幸一(ちからいし こういち))
2012.12.10:地球生態系の循環を考慮した新しい社会構想を考える (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.11.10:現在の社会構造 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.10.10:地球生態系の中の人類 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.09.10:触ればわかる ― 触診 (森 美智代(もり みちよ))
2012.08.10:スピリチュアル気功 (森 美智代(もり みちよ))
2012.07.10:少食は世界を1つに、地球を天国にする (森 美智代(もり みちよ))
2012.06.10:すべては心のウチに (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.05.10:体の中の森 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.04.10:森林王国への道 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.03.10:日本が誇る「メタマテリアル」技術! (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.02.10:過去は変わると知っていますか? (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.01.10:22世紀へ続く科学を求めて (清水 美裕(しみず よしひろ))
2011.12.10:医療における死生観 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.11.10:胎内記憶 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.10.10:赤ちゃんと会話しながらお産する(池川 明(いけがわ あきら))
2011.09.16:念ずれば花ひらく 〜「花ひらくまで念ずる」〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.08.12:外と内の世界をつなぐ大切な“お口”〜KAZUデンタルのお口の中は小宇宙〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.07.10:〜はじめまして〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.06.10 :EMによる原子力発電所における高濃度放射能汚染対策と使用済燃料の高度利用の可能性について
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性B〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.05.10:EMによる地域全体の放射能汚染対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性A〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.04.11:EMによる被曝対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.03.10:発明と愛は脳が喜ぶ(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.02.10:船井理論は頭をよくする(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.01.01:脳、気功、武道、クオンタムシフト(矢山 利彦(ややま としひこ))
51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター