img

船井幸雄注目の “本物”に携わる人たち

このページでは、舩井幸雄が注目していた、医療、経営、農業、未来予測、占星術などあらゆる分野で活躍する“本物”と言っていい方々を紹介します。それぞれの方に毎月1回、3回ずつコラムを書いていただき、順番にいろいろな方を紹介させていただきます。

2012.12.10(第24回)
★今回の執筆者★
株式会社F.E.D代表取締役社長・彗星捜索家 木内 鶴彦さん(3回目・最終回)
(木内さんの詳しいプロフィールはページ下にあります。)
地球生態系の循環を考慮した新しい社会構想を考える

 これまでの社会構造では、やがて様々な問題が生じ、我々人類を含めた生態系の存続すらも危ぶまれて行きます。
 現在の社会では、産業構造や経済に行き詰まりが見られ、多くの人々の間に将来に対する不安感が広がっています。
 この不安感を打開するには、しっかりとした目的を持った産業構造を構築すべきではないかと思えます。
 その目的も、地球の環境を取り戻す事を目的とした世界に誇れる産業構造が望ましいと考えます。
 私事ですが、生死を彷徨った時に見て来た未来の世界対して、二つのビジョンがありました。
 一つの世界は、産業システムや金融システムの崩壊から人々の中で秩序やモラルが薄れて行き、やがては無政府状態に陥って、生態系環境も崩れて行く世界でした。
 もう一つの世界は、これまでの産業構造を反省しながら、失われて来た環境を取り戻す事を目的とした、今までにない新しい産業構造や経済システムが広がって行き、平和で安定した未来へ繋がって行く世界でした。

 確かに生死を彷徨って見て来た事が参考になるかどうかは何とも言えませんが、この経験の内容は納得のできるものでした。
 この内容を踏まえて、今どういう産業構造が望ましいのかを考えて見たいと思います。

 現在の目覚ましい産業構造の中で、有り余るほどの製品が開発製造され、大変便利で豊かな世の中になってきたことは事実ですが、しかし製品を作るためには大量のエネルギーが必要になり、そのエネルギーのほとんどが電気エネルギーでまかなわれ、火力発電や原子力発電でなどに頼っています。また、古くなった製品は廃棄され、大量のゴミという形で焼却処理が行われ、それに伴って、環境汚染が拡大していることに変わりはない気がします。そして、産業構造や経済システムが行き詰まる方向のスパイラルに陥っています。

 しかしながら、近未来では、石油や石炭などの化石燃料や放射性物質やハイドロレードなどのような資源を使わないで、地球環境に負担をかけない新しいエネルギーシステムが考えられるようになって行きます。そのほとんどが、太陽光のエネルギーを効率よく取り出す研究が急速に進み、そのエネルギーを活用している世界でした。
 そして、未来の社会では太陽光を使って、充電し、一回の充電で数年間は持つという高性能な蓄電池が開発されていました。この蓄電池が開発されたことで、家電製品や産業界の中で、すべての電力機械製品に使われるようになって、社会はコードレス化社会へと進化して行くものでした。
 また、廃棄物なども燃焼ではなく、密閉した容器の中の空気を高温にして熱分解をさせることで、埋め立てゴミや気化ガスにして、処理するのではなく、様々な原料に分解させて取り出し、新たな資源として産業界へと戻して行くという方法が採られていました。

 このような方法によって、掘り出された地球の貴重な資源から製品を作り続け、使わなくなった製品を燃やすという燃焼処理をしないで、また新たな資源に戻して産業界の中で使うという循環型の新たな産業構造ができている世界でありました。
 また使われなくなった製品や蓄電池などは中東などの晴天率の良い国々が担当し、太陽の熱エネルギーや太陽光電子を使った産業が行われるようになり、地球的規模での役割分担が構築されて行き、地球の環境を取り戻すことのできる産業システムや、それに伴う経済システムが日本から始まり、世界へ新しいシステムとして広がっていき、やがては通貨のあり方にも変化が生じ、金融システムも新しい価値観から新しいルールへと向かって行くようでした。

 このように、死後の世界で体験して来た近未来の世界に向かうことができるかどうかは、何とも分かりませんが、今の社会で、この地球の環境や、行き詰まった産業界や経済界を考えてみると、非常に納得のできる近未来の姿のように感じます。

 このように、地球の環境を取り戻し、その環境を長く維持していくことを目的とした産業構造や経済構造を構築していくという理念を持つことが、現在の我々には必要ではないでしょうか? そうすることで、生態系の環境が循環できる地球作りへと意識が変わっていくことが望まれている気がします。
 私の大変珍しい経験が、皆様の何らかのお役にたてば幸いです。

Profile:木内 鶴彦(きうち つるひこ)

木内 鶴彦(きうち つるひこ)
株式会社F.E.D代表取締役社長・彗星捜索家
1954年6月4日、長野県南佐久郡小海町出身。
6歳の頃から星や宇宙に興味を持ち始める。小学3年の時に虫メガネのレンズを使った自作の望遠鏡を作り、月や惑星の観測を始める。小学5年時に初めて池谷・関彗星を観測。それ以来、彗星に興味を持つようになる。その後学生時代には、天文同好会を中心に活動。
その後航空自衛隊に入隊し、飛行運行管理者(ディスパッチャー)として、茨城県百里基地に所属。しかし、生死をさまよう病気をしたことから、新らたな人生観に気付き、航空自衛隊を退官する。
その後、地元・長野県に戻り天体観測を続ける。天体観測を通じて、環境問題に取り組むようになる。また、天体観測の理論を応用した、新たな廃棄物処理システム「太陽光炭素化システム」を開発。2008年に特許(特許第4102862号)を取得する。

【略歴】
1990年  3月   チェルニス・キウチ・ナカムラ彗星(1990b)を発見。
1990年 5月・8月  日本天文学会・東亜天文学会より「新天体発見功労賞」を受賞。
1990年  7月   ツチヤ・キウチ彗星(1990i)を発見。
1991年  1月   メトカーフ・ブリューイントン彗星(1991a)を再発見。
1991年 5月・7月  日本天文学会・東亜天文学会より「新天体発見功労賞」を受賞。
(二つの彗星を見つけたことで両方受賞)
1992年  9月   スイフト・タットル彗星(1992t)を再発見。
1993年 5月・8月  日本天文学会・東亜天文学会より「新天体発見功労賞」を受賞。
1994年  11月   国際天文連合(IAU)より、スイフト・タットル彗星再発見の功績を認められ、小惑星(5481)に「木内」と命名される。
1995年  11月  『宇宙の記憶』出版。
2001年  6月   「Stereo Future」(製作・配給=東北新社 監督:中野裕之)に出演。
2003年  4月   『生き方は星空が教えてくれる』出版。
2004年  1月   長野県佐久市(旧望月町)に北八ヶ岳天文台を設立。
2008年  4月   太陽光炭素化システムの特許(特許第4102862号)取得。
2010年  6月   東久邇宮文化褒賞受賞
太陽光炭素化炉、太古の水、彗星捜索等が評価された。
主な著書に『宇宙の記憶』(龍凰書房)、『生き方は星空が教えてくれる』(サンマーク出版)がある。
バックナンバー
2017.08.10:ツキを呼ぶこと〜真の自由、幸せ (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.07.10:奇跡はこうやって起こる (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.06.10:贅沢と、三つのない (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.05.10:働く、と、はたらく (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.04.10:出会いと気づき (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.03.10:光冷暖への歩み6 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.02.10:光冷暖への歩み5 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.01.10:光冷暖への歩み4 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.12.10:光冷暖への歩み3 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.11.10:光冷暖への歩み2 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.10.10:光冷暖への歩み (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.09.10:老いと死を意識して“いまを生きる力”を最大限に発揮する!――いのちの管理者であるあなたこそ人生の主役 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.08.10:生死同源 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.07.10:レット・イット・ゴー(あるがままに) (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.06.10:「イメージパワー」で世界を変える! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.05.10:「気」で潜在脳力を引き出す! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.04.10:「音」で右脳を目覚めさせる! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.03.10:新生地球を創るのは私たち (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.02.10:新生地球を生きるためのクリーニング (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.01.10:新生地球を楽しくスタートするために (山内 尚子(やまうち なおこ))
2015.12.10:未来の光エネルギー (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.11.10:『電磁波、農業、音響への応用』について (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.10.10:次元の高い波動エネルギーの原理原則の一つ 〜『バランスコントロール』について〜 (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.09.10:Enex商品総仕上げ(ナノ) (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.08.10:舩井幸雄先生との出逢い (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.07.10:天然鉱石をEnex特殊加工 (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.06.10:大いなる自己が言う「現在の地球の現状」 (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.05.10:大いなる自己との対話で学んだこと (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.04.10:本物を求めて… (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.03.10:“本物”のテンポは人生を変える (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.02.10:“本物”を創りだすテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.01.10:本物だけが持つテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2014.12.10:つながりを知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.11.10:明日を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.10.10:自分を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.09.10:人生を支えてくれた、思い、知恵、感情、夢。 (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.08.10:元気な体づくりは、電気信号から (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.07.10:サクラが科学の常識を変えた (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.06.10:ダイエットの新常識と、脳の活性化で人生は充実したものとなる (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.05.10:体が若返ると病気は自然に治る。 (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.04.10:細胞を元気にすれば、体のトラブルの9割は改善する (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.03.10:徒然物語 シメククリの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.02.10:徒然物語 ツヅキの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.01.10:徒然物語 ハジメの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2013.12.10:カルシウム不足解消こそ健康への近道 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.11.10:カルシウムは食べるように摂るのが理想 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.10.10:2500万年前から現代人への贈り物 〜真空カルシウム〜 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.09.10:カリカから、本物を学ぶ 〜本物を知ることで、人は・・・正直になれる (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.08.10:科学的根拠を追求することで、“本物”とは何かを知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.07.10:野性のパパイアから、本物を知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.06.10:綾からの発信 〜その3 母としての一筋の道〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.05.10:綾からの発信 〜その2 本ものへの道のり〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.04.10:綾からの発信 〜その1 本ものの定義〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.03.10:世界経済はなぜ不安定化したのか (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.02.10:500年のサイクルで世界を見てみる (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.01.10:情報とメディアの切っても切れない関係 (力石 幸一(ちからいし こういち))
2012.12.10:地球生態系の循環を考慮した新しい社会構想を考える (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.11.10:現在の社会構造 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.10.10:地球生態系の中の人類 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.09.10:触ればわかる ― 触診 (森 美智代(もり みちよ))
2012.08.10:スピリチュアル気功 (森 美智代(もり みちよ))
2012.07.10:少食は世界を1つに、地球を天国にする (森 美智代(もり みちよ))
2012.06.10:すべては心のウチに (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.05.10:体の中の森 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.04.10:森林王国への道 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.03.10:日本が誇る「メタマテリアル」技術! (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.02.10:過去は変わると知っていますか? (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.01.10:22世紀へ続く科学を求めて (清水 美裕(しみず よしひろ))
2011.12.10:医療における死生観 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.11.10:胎内記憶 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.10.10:赤ちゃんと会話しながらお産する(池川 明(いけがわ あきら))
2011.09.16:念ずれば花ひらく 〜「花ひらくまで念ずる」〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.08.12:外と内の世界をつなぐ大切な“お口”〜KAZUデンタルのお口の中は小宇宙〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.07.10:〜はじめまして〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.06.10 :EMによる原子力発電所における高濃度放射能汚染対策と使用済燃料の高度利用の可能性について
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性B〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.05.10:EMによる地域全体の放射能汚染対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性A〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.04.11:EMによる被曝対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.03.10:発明と愛は脳が喜ぶ(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.02.10:船井理論は頭をよくする(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.01.01:脳、気功、武道、クオンタムシフト(矢山 利彦(ややま としひこ))
51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター